モバイル遍歴:スマートフォン編2

ZERO3が使いこなせなくて悶々としていたのと同時に,データ通信も兼ねて使っていた京ぽん2のスピードについても,うーんどうしよう,と考えるようになっていました。これについては私の完全なわがままで,もっと早い通信プランをサブスクライブすればよかったのですが,当時は通信はおまけ,という考えだったので,通話と遅いデータ定額のセット(名前を忘れましたが)プランで契約してたわけです。それにしてもPHSの通話音声のクリアさはすばらしいものでした。

ただ,やはりエリアの問題がありました。広島の田舎に出張に行ったとき,完全に圏外になる場所で仕事をすることになり,1日携帯が使えない,という状況に陥りました。

結果,キャリア変更しました。Softbankです。

圏外心配するならdocomoだろ,とつっこまれそうですが,1年前に新規を解約した身分です。そうそうあっさりとは戻る気にはなれません。ここはひとつチャレンジです。で,どうせなら当時Softbankで一番スマートフォンらしいノキア705NKでしょう,ということで,初ノキアしました。使いこなせなくてもカメラがいいし,ということで。結果,やはりデジカメつき携帯になりました。その直後ですね,X01HTとX02HTが出たのは。少し後悔しました。ただ,当時はこれらの機種にはデータ定額が適用されないとかだったと思うのですが,それであきらめがついていたような記憶があります。

折も折,アメリカではiPhoneの発売です。今思うと,へえ,という感じで見ていた気がします。どちらかというとX02HTにそそられていたような。やっぱりカナダで見たBlackberryの影響だったのかもしれません。

これも今思うとですけど,RIMってカナダの会社だし,カナダでBlackberryの使用率が高かったのは当然といえば当然だったんでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。