インターフェース,アフォーダンス,キンドルっす

ハードウェアの「かたち」が大切なのだな,と,Kindleを手にしてからつくづく思います。

昨日,いくつか不満な点についても言及しましたが,早くもヤラレかけてます。

私の場合,Apple製品に対してはフェティッシュにも近い愛があるわけです。モノとして美しい。機能美というか,機能を追求した上でのモノとしての美しさです。だからMacBook AirやProを開いて仕事に自然に入り込める。iPhoneはもはや肉体の延長。肉体であってもおかしくない,というか,肉体で「あってほしい」と思わせるほどの美しさ。やばいですね。

Kindleは,確かに美しい。特に電子ペーパーの見やすさは予想を遥かに超えています。でも私的にはApple製品ほどフェティッシュをくすぐられるわけではありません。

ただ,文字情報を得るためのインターフェースとしては,極めて秀逸なものをもっていると思い始めてます。Kindleのいいところは,昨日も書いたんですが,その場その瞬間にコンテンツが入手できる ,ということに尽きます。加えて,それを読ませるモノとしての「かたち」が,その機能を十全に引き出しています。

ハードとしてのいいところ(とりあえず)6つ。

(i) 画面が綺麗

(ii) 画面の大きさが必要十分

(iii) 長時間持っていても疲れないほどの軽さ・薄さ

(iv) バッテリ切れの心配が全くない

(v) 思ったほどちゃちじゃない

(vi) Text-to-Speechがかなり使える

昨日からNew York TimesのKindleエディションをお試し購読しています。無駄な情報がないのが理由のひとつだとは思いますが,普段パソコンでNYTのページを開いて読む時よりも集中できます。Kindleエディションは,内容は紙媒体のものと同じで,現地のニューススタンドで買って読むのと情報の質としては変わりません。紙媒体にはあってKindleにはない記事もいくつかあるようですが,私的には許容範囲です。むしろKindleのほうが「読む気」になります。「使う気」にさせてくれるApple製品,「読む気」にさせてくれるKindle,とでも言いましょうか。電子ペーパーって,私にはまだ未知の部分は多いですが,原体験としては二重マルです。

ある意図された目的のために手や体を動かす気持ちにさせてくれるインターフェース(=アフォーダンス)を持っている製品って,いろいろあると思うんですけど,Kindleは「読む」という行為に特化したデバイスの中では群を抜いているな,というのが私の今の印象です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。