SynergyでMacとWin共存型マルチディスプレイ

前回から「本日のマカー度」をはかる、と申しましたが、今回からは、まだまだクラシックモードが続いていきそうな勢いにまかせて「本日の一曲」をご紹介しようかと。印象批評的な薀蓄はあまり語りたくないので、まあ、そういう気分なのだな、と思ってください。でもたまに語るかもしれませんが、そのときは読み流してください。

仕事場にはDELLのOptiplex GX270があり、これと家から持っていくAirなりType Pなりを並べて、マルチディスプレイ環境を作って作業しています。

Type Pのときはこんな感じ

Airのときはこんな感じ

です。デスクトップピクチャが全部アクア系だということに今気がつきました。

で、それぞれにSynergyを入れて、DELLのキーボードとマウスでAirもしくはType Pを操作できるようにしています。今は主にWinからMacを操作しています。ひとつのキーボードとマウスで間に合うのはかなり便利ですね。Windowsにはこちらの日本語化されたバージョンがいちばん安定しているようですし、MacにはこちらのGUI版が、設定が簡単なので私には向いています。

WinキーボードでのMac の操作には WinK for OSXを使っています。ただ、USBでMac に直接キーボードを接続しないとインストールされないので、Synergy環境でWinに接続されたキーボードは当然認識されません。DELLのキーボードがPS2なので、USBキーボードを別に持ってこないとだめでした。今日はType Pで作業してます。

<本日のマカー度> 92%(前回比-1: 今日はあんまりMac使えなかった)

<本日の音楽> エミール・ギレリス/ベートーベン:ピアノソナタ第21番ハ長調作品53「ワルトシュタイン」(脳みそを掃除してくれるようなギレリスの第3楽章はとくに好き)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。