27インチiMac気になる(妄想)

相変わらず気が多いzackyです。

現在メインで使っているモバイルがMacBook Air、VAIO Type P、家のデスクには15インチMacBook Pro、仕事場にはDELLのOptiplexがあります。

iMacは、コストパフォーマンスの高さから以前から気になっていましたが、27インチの発表以来、大きなディスプレイの魅力についてよくよく考えています。MacBook Proを買った時は、15インチにしようか17インチにしようか散々悩んで、結局は普通の鞄に入れて持ち運べる限界の大きさである15インチに決めました。この選択については後悔はありませんが、大きいディスプレイのメリットについて考えるきっかけにはなりました。

もちろん今の状態で全く問題はありません。不満もありません。

しかし、なんなんでしょう。初めて自分でMacを購入してから12年、これほどまでに魅力的だと思えるラインアップはかつてありませんでした。

iMacの27インチを使ってみたくて仕方ない・・・

「・・・どお? 使ってみない?」

「だめ。だめです。私が普段行う作業は、iMacを使うに値しない」

「この大きなディスプレイ、単純に言って、Airの4倍よ」

「それはそうですけど、今は先立つものが・・・」

「すぐにとはいわないわよ。半年後、1年後、いつでも状況が整い次第、待ってるわよぉー・・・」

Massive AttackなiMacの27インチ攻撃に目下さらされているzackyでございます。

<本日のマカー度: 93%> 妄想が広がりました

<本日の一曲:キース・ジャレット/ウィーン・コンサート> クラシックじゃないし。まあパリ・コンサートと並んで、クラシック色は強い演奏ではありますが。キースって、ソロのときは最初の5分に命かけていますね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。