Kindleのサミアのシビラ

Kindleは電源をオフにして待ち受け状態にしてもずっと絵が表示されています。買ったばかりの頃は、常に画面に何かが表示されている、という状態が奇妙でもあり驚きでもあり、これが電子インクなのね、と新鮮な感覚を持っていました。

その絵ですが、作家の肖像には名前が添えられているのですが、数枚、何の絵なのかわからないものがありました。

なかでもこれ →

は、なんなのか全くわからなかったので調べました。(あ、右の絵はカラーですのでもちろんKindleに表示されるものではなく、オークションのChristieのウェブカタログにあったサムネイルです。最近取引されたんでしょうか)

どうも作者不詳のようで、17世紀のイタリア画家 Domenichino か Guercino の作風にならって誰かが書いた絵だとのこと。で、手の下にある書物に “Sybilla Samia”という文字がなんとか読める。そういえば、最近古楽にはまったときにまとめて買った曲の中にあったんじゃないかと思って調べたら、ありました。Hillard EnsembleによるLassusというアルバムにSybilla Persicaから始まってSybilla Agrippaまで “Sybilla” とついた曲が12曲。Lassusとはこれらの曲の作者の名前ですが、このなかにSybilla Samiaという曲もありました。「シビラ」は古代ギリシャでアポロンの神託を受ける女性の予言者のことで、特にサミアのシビラは、キリストが厩で生まれることを予言した、ということです。

ほほー。やっぱり Kindle に付与されようとしている意味は、かなり壮大なもののようですね。勉強になりました。

それにしても、自分が関心を持つもののなかに関連性があることを「偶然」見つけたときって、ちょっとぞくぞくしますね。こういうのもセレンディピティなんでしょうか。

<本日の一曲:Sybilla Samia/Hillard Ensemble> せっかくブログで取り上げましたので今日はこれで。この曲が収められている Prophetiae Sibyllarum という曲集は1560年代にラッススによって作曲されたもののようですが、近代の音楽の作法が確立される以前の曲。どことなく落ち着かないようでいて、でも新鮮な気持ちよさを感じるんですけど、皆様はいかがでしょう。私的には最近ヘビーローテーションです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。