Macの外付けバッテリの選択肢って

信者宣言した途端、いろんなものが吹っ切れたかのように、すべてをMac中心に考えている自分がいます。

先日も、MacWorld Expo 2010への参加(?)を表明しました。で、全行程1週間以上の出張ということになると、もちろんMacBook Airは持っていくわけですけど、バッテリーの貧弱さを補わないといけない。というわけで現在Macで唯一「使える」外付けバッテリとして入手できる(と思われる)HyperMacをポチりました。大きさが4段階ありますが、下から2番目のMBP-100です。遅くとも来年早々には届くでしょうから、いずれレポートします。

それと目下の関心は、1月に行われると報道があったアップルのイベントで、タブレットが出るかどうかということになるわけです。私のウェブの師匠Marrさんこの件について本質をついた分析をしていらっしゃいます。私としては、2008年のMacBook Proの筐体変更から、コンシューマー向けのハードに関してラディカルなデザイン変更や新しいコンセプトの創出をアップルが実質的に行っていないことが気になっています。もちろん、iMac(27インチが出ましたが、サイズが大きくなっただけ[とはいえ、27インチiMacは目下私的に最も欲しいMacですが])、MacBook(どちらかというとマイナーチェンジのイメージが私にはあります)、iPod、Magic Mouseなど、意匠の変更、追加はありますけれど。来年あたりはひとつ、大きな価値創出をぶちあげてほしい、という「願望」とともに、タブレットの登場をちょっと期待してみたい。

その場合、Kindleは競合するデバイスになってしまうのか。私的には、少なくとも当面はそうはならない、と思います。

何故か?

そのあたりはまた改めて。

あ、それとMarrさん、まだまだ未熟な拙ブログをリンクしていただき、本当にありがとうございます。まだまだMarrさんに学ぶところがたくさんあって(特にツイッターは私にはまだ難易度が高すぎて、しばらくは沈潜してしまうかもしれませんが、ゆっくりといきます)、それに、ブログ、もう無理かも、と思ったときも、Marrさんに助けられて続けられている気がします。この場を借りてお礼を申し上げます。あまり煩わしい弟子にはなりたくないんですけど、まだしばらくは面倒みてくださいね(笑)。いつ独り立ちできるかわかりませんが(笑)。いずれ私自身のネットワークもどんどん広げていけるように頑張ります。

というわけで、いつも鋭い視点と重厚な分析で、切れ味+和み+為になる(もっとありますが)MarrさんのThe Air of Marr’s Blog、今後ともご贔屓に。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。