「クレイジーな人たちがいる」で泣く。

くどいですが、アップル信者歴まだ1ヶ月と10日ぐらいのzackyです。

タブレット(もしくはそれに類する)であろうと思われるアップルの新製品について “muse” する気分を前回のエントリでとりあげた記事ですっかりそがれてしまったのですが、なんだかなー、という気分で少しウェブブラウズしていたとき、なつかしい “Think Different” CMにたどり着きました。

「クレイジー」っていうコトバをCMにのっけるって、やはりハンパではないな、と今になって思います。

このCMを見て思い出したのが、マーシャル・マクルーハン。

マクルーハンは「挑戦と崩壊—創造性のネメシス」というエッセイで、「芸術家は未来の歴史を詳細に書くことに常に関わっている、なぜなら芸術家だけが現在というものの性質に気づいているからだ」というウィンダム・ルイスの言葉を引用して、人類が生きのびるためには、新しいテクノロジーの意地の悪い一撃をかわし、完全に自覚した上でそうした暴力から回避することができる芸術家の能力が必要である、と述べています。

今思うと、私が最終的にMacを選んだことの理由のひとつが、Macを最初に起動させてはじめに目にするディスプレイ上の画面に広告用のアイコンがひとつも並んでいないことです。Windows OSを積んだパソコンの殆どはいろいろなしがらみに塗れていて、私の場合、かつてWindows PCを使いはじめるときにはまずはそのしがらみを削ぎ落とすことから始めていました。

「テクノロジーの意地の悪い一撃」の比喩のひとつが、そういう業界のしがらみ、っていうのは言い過ぎでしょうか。そういう業界のしがらみで生計を立てている方々にはおそらくこの比喩は許しがたいものになるかもしれません。でも、世の中の流れに取り残されまいと、必死の思いでパソコンを買おうと量販店に出向いてどのパソコンが良いのかを店員に聞き、勧められて買ったパソコンを家に持ち帰ると、わけのわからないアイコンがディスプレイの上に並んでいる。削除していいかどうかもわからず這々の体でサポートに電話し、結局はそういった特定の方々への利益誘導サービスに対してさらに幾許かのお金を支払う。

これは、意地悪なことでは、ないですか?

少なくとも今のアップル製品は、そうしたこととは無縁だと、私は思っています。PCとは同じ土俵上に存在するプロダクツですが、ビジネスのあり方としては、明らかに隔絶した何かがある、と思っています。それってアップルの独占?という意見もあると思いますが、これについてはかなり難しい議論になります。今はこの問題は開かない。

アップルが完全にクリーンだなんて、これっぽっちも思っていません。でも、自分が支払う対価としてふさわしいものを、アップルの製品からは受け取っていると思っています。私はサポートを利用したことはほどんどありませんが、Genius Barは、そうした理念の現れだと思います。どうせお金を使うなら消費者のためにこういう使い方をしてほしい。ここでまたGenius Barなんてダメだ、という意見も出てくると思いますが、コンシューマ向け製品を作る企業の態度としては、至極当然のことであるはずだ、と思っています。

なーるほど。私はクレイジーなんでしょう。「世間の常識」からすれば。

でも、そういう世界ならば、私はクレイジーであり続けたい。というか、クレイジーな人が生み出すものを、敢えて愛でてみたい(泣)。悲しいんじゃないです。そういう必然で、出会うべくして僕はMacに出会ったと。運命を感じた涙です。うっ・・・。

1月27日、クレイジーなもの、待ってますよ。ジョブズさん。

4 Responses to 「クレイジーな人たちがいる」で泣く。

  1. じゃむ より:

    初めまして。
    時々読ませて頂いてます。

    僕はクレイジーではないですが、家族からも変わり者扱いの長男です。(笑)
    今回の文章を読ませて頂いて凄く共感出来る所があり、
    気がつけばこのようなコメントをした訳です。

    僕がApple製品を使い始めたのは95年頃、世の中がwindows95で沸き返っている最中、
    中古でSEを手に入れたのが最初です。

    Apple製品を使おうと思ったのはそれよりも2年前の93年頃。。。。
    世の中にパソコンと呼ばれるものが沢山種類があるのはわかっていたのですが、
    MS-DOS と Macintoshがあると言う事(MSXやその他Basic)意外は何もわからない状態で、Macとはいったいどんな物なんだろうと色々調べ、Appleが出来る色々な話や、会社の理念等々を調べ、マイクロソフトの歴史や会社理念等もついでに調べた結果、
    自分が使うべき、自分が使いたいのはMacintoshだという事がわかったのです。

    周りの人がwinだろうが98だろうがwin95だろうが。。。。。

    そこ迄調べたりしてパソコンを買う人がどれほど居るかはわかりませんが、
    一瞬のインスピレーションで購入した人や、調べに調べて購入した人も
    その後の人生や感覚に与えられた影響は同じようにあると思います。
    果たしてwinを買って得られた感動や感覚はあるのでしょうか??

    winはパソコンが欲しいけど何にしようかなぁ。。。っていう人が買い、
    MacはAppleの製品が欲しいけど、どのタイプにしようかなぁ。。。って人しか買わないんですよね。。。

    誤解を恐れず暴力的に簡単に言ってしまえば、
    winを買った人は最初の段階からMacかwinかの選択をした人が皆無に近いと思います。

    86Macから
    Newton、
    ImtelMac、
    iPhoneと使っていますが、
    それぞれの時代で凄く感動させられた記憶があります。

    これからも少なくともJobsが生きていてくれている間は、
    感動させられる製品を出し続けてくれて、
    そのたんびに悔しい思いをするんだろうなぁ。。。と思います。

    乱筆乱文失礼しました。

    • zacky1016 より:

      じゃむ さん
      コメントありがとうございました。
      私の場合Macを使い始めたのは、そのとき親しかった知人に勧められたから、というすごく受身な理由で、じゃむさんのような方のお話を聞くと、すごくかっこいいなぁ、と思うんです。どちらかというと流されやすい性格だったので、その後環境の変化に合わせるようにWindowsを使い始め、メインはWindowsになりました。でも最初のパソコンがMacだったので、Windowsしか使ったことがない人よりはMacのことがずっと気になってた、というのはあります。今ではご存知のように全身Macです。
      でも、じゃむさんにはかなわない。
      すごくうらやましいのはNewtonをお使いだった、ということ。なんでオレって本物のMacユーザじゃなかったんだろう、とわけのわからない後悔をしています(笑)。最近では、拙ブログでも何回かとりあげたジョン・グルーバーが、そもそもタブレットと呼ばれる製品の元祖はNewtonで、あれは素晴らしかったと彼のブログ “Daring Fireball” で書いているのを見て、ますます同時代経験できていなかった自分を責めています(笑)。
      こんなヘッポコアップル信者ですが、今後ともよろしくお願いします。またコメントしていただければ嬉しいです。
      ありがとうございました。

  2. bamboo より:

    はじめまして。
    興味深く読ませていただきました。

    AppleがPowerPCと決別しIntelを採用したとき、真っ先に危惧したのが
    「Intel inside」のロゴステッカーですね。

    Apple製品には、何か一つのものが貫かれてると思います。操作感、デザイン、バランスなどなど、ハードソフト両面においてそれが徹底されてる。そこにジョブズポリシーが注ぎ込まれてると思うのです。

    幸いにもロゴステッカーを貼られることなく世に出たIntel Macも、もちろんデスクトップはMacそのものでした。

    使ってるときはもちろん、そこにあるだけで成立するコンピュータである限り、私はMacを使い続けます。

    ブログ応援してます。

    • zacky1016 より:

      bambooさん
      励ましのお言葉いただき、ありがとうございます。感謝です。
      「そこにあるだけで成立する」という表現は、すばらしいですね。
      bambooさんのコメントによって私自身のMacの記憶が呼び起こされ、今日の記事を書きました。Macのことは、以前はそれほど意識していなかったと思っていたのですが、よくよく考えてみるといかにMacが重要だったかがよくわかった気がします。
      今後ともよろしくお願いします。コメントいただきありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。