タブレットより重要なもの?

私自身少し気になって記事にも書きましたが、アップルがQuattroを買収したというニュースが今月ありました。

当ブログでもすっかりお馴染みのJohn Gruberですが、この件について21日の記事で示唆的なことを書いていました。

アップルがiPhoneのデフォルト検索エンジンをGoogleからBingに変更することを検討していて、Microsoftと話し合いをはじめたということはみなさんもご存知のことと思います。Nexus One発売でGoogleが携帯端末ビジネスに参入したのに加え、アップルがQuattro買収によりモバイル広告に真剣に取り組み始めたことで、アップルとグーグルの対立関係が鮮明になったことが大きな理由であることは間違いありません。

でもグルーバーは、別の見方もできる、と言います。

その見方とは、デフォルト検索の重要性。

グルーバーによると、デスクトップSafariのデフォルト検索がGoogleに設定されていることでアップルはGoogleから月に200万ドル得ている(2007年の時点)、iPhoneでもおそらく同様のことが行われているであろう、それに金銭的な面だけでなく、検索の質も重要だ、とのこと。検索エンジンとして現在Googleと張り合えるのはBingしかない(Yahooはだめになってきている)、アップルが本当にGoogleをやめるかどうかは別にして、Microsoftと真剣に交渉することが必要であろう、とも書いています。

このあたりまで読んでいて、何を言わんとしているのか今ひとつわからなかったのですが、アップルのBing導入検討案を報じたBusiness Weekの記事の最終段落からの引用を示した時点で、何を言いたいのかがはっきりわかりました。

Even if it’s consummated, an Apple-Bing deal may prove short-lived. The person familiar with Apple’s thinking says Apple has a “skunk works” looking at a search offering of its own, and believes that “if Apple does do a search deal with Microsoft, it’s about buying itself time.” Given the importance of search and its tie to mobile advertising — and the iPhone maker’s desire to slow Google — “Apple isn’t going to outsource the future.” (話がうまくまとまったとしてもアップルとBingの関係は長続きしない。「アップルがどんな風に考えているか」に詳しい筋によると、アップルは自前の検索エンジンを見据えた専門チームをすでに持っていて、アップルがマイクロソフトと取引するにしても、アップルは時間を買うだけだ。検索とモバイル広告の重要性、それにiPhoneを作っている会社のGoogleを失速させたいという願望を考えてみればいい。アップルが未来をアウトソースするはずがない)

そう、アップルが自前の検索エンジンをつくる段取りにすでにとりかかっている、というんです。

考えてみれば当たり前のことのようですが、タブレットのことに気を取られすぎていて、不意をつかれたような気がしました。

今さらながら改めて思いましたが、検索ビジネスって結構な額のお金が動いているんですね。私にはまだまだ業界の深層にたどり着けるような知見がなさそうです。修行します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。