リベラル・アーツとアメリカと日本

カタめの思索になってしまいました。以降関心がおありの方だけお読みください。

テクノロジーとリベラル・アーツの交差点。

iPad発表イベントでジョブズが示した、アップルがこだわる「べき」場所です。

前回、おでこさんから頂いたコメントの返事の中で、iPadそのものよりも(というと語弊があるけど)私的にインパクトを感じたのがこの「リベラル・アーツ」というコトバでした、という旨のことを書きました。

この「リベラル・アーツ」に反応していらっしゃる方はやはり多いようで、東浩紀氏は氏出身の東大教養部の英語名称変更などと絡めながらツイッターでこのことについて次のようについてつぶやいていました。

水を差すようだが、アメリカでリベラルアーツの思想が生きてるのはいいとして、それを見て「日本でも教養を根付かせないとダメだ!」と反応するのは愚か。すでに日本は、教養を根付かせようとして、失敗した段階にある。「べき」論では事態は動かないのだ。

大学教養部の解体は1991年の文部省によるいわゆる「大学設置基準の大綱化」に端を発します。よく誤解されるところではあるんですが、この大綱化自体は大学に教養部の解体を強制するものではありませんでした。学部教育のカリキュラム編成を各大学の裁量にまかせる、というのがこの大綱化の本質でした。ただ、結果として国立大学の多くでは教養部が解体されることになりました。

価値が多様化している昨今、かつて日本人が抱いた教養のイメージはもはや跡形もありません。東氏の「『べき』論では事態は動かないのだ」という意見ももちろん正論です。

でも、「べき」論、ホントにいらないんでしょうか。

「正しい」「べき」論、を説く人も必要なんじゃないか、と思うことが、最近しばしばあります。

「正しい」「べき」論なんていうと、そりゃ怒る人がいる、っていうのはわかってます。

でも、「論」って「べき」は含まないのかな。

強引に論を進めようとするひとに、「べき論はだめだよ」と躓きを与えようとする物言いはよくありますが、「べき」を言ってはいけない、というのなら、人文系の議論の多くは、論の端緒にすら辿り着けないような気がします。ひとりよがりのべき論はだめですが、多くの人が共感する「論」はひとつの「べき」の方向性を示す権利をもつものではないか、と思ったりします。その見極めももちろん困難ですが。

リベラル・アーツって「自由学芸」と訳せる。と同時に元来は、奴隷ではない、自由人のための技能、といった意味であったかと思われます。自由人であるには、何かしらの知識や技能が必要であったわけです。

「べき」から逃れることが理想的に映った時代から30年を経て、今、日本に生きているひとのどれほどが、自分を「自由人」として自覚できているだろうか、という思いに、ジョブズのプレゼンの後、深く引きずり込まれました。

私自身、何も日本で「教養」を復活させようとか、そういう思いがあるわけではありません。

ただ、2002年、文部科学省は、新しい時代における教養教育のあり方について、とする答申を出し、教養の再考を、高等教育に携わるものに促しています。

お役所の出すお触れにいちいちかまうな、という向きもあるかもしれません。ただ、こうした答申が時代の雰囲気を反映していることも事実で、こうした流れに一瞥もくれない、ということにも問題があるのでは、と思ったりします。

東氏の思想については、一市井の人間としては、全く共感するところも多いんですが、「教養」を根付かせることに失敗した段階にある、として、「教養」を考えない、ということにしてはいけないのではないかな、と、思ったりもします。

なら「教養」って何なの?と問われても、今は答えは持ち合わせていません。この時点で私の負けですけど(笑)

でも、せっかくジョブズが示した道です。

これから何年かかけて考えてみます。

あ、Marrさん、いつも取り上げてくださってありがとうございます。私のような斜め目線ではない、アップルへの純粋な愛情から紡ぎだされるMarrさんのiPadレビュー、ぜひご覧下さい。

5 Responses to リベラル・アーツとアメリカと日本

  1. rui より:

    先生は、あの新しい商品買うの!?

  2. oliza より:

    リベラルアーツという言葉がまずちゃんと翻訳できていないという気がしました。このことば多分辞書でもひかないと普通の人はポカンです。
    しかも、東大の教養学部の英語の先生が、この発言。いやはやなんとも。
    ある意味正直というかなんというか。
    支配者階級にとってリベラルアーツは自らの存在を危うくするものです。
    東大の英語の先生なんて立場もね。
    教養をつけられてこまるのは、教養を教える側。だからこそそれを意図的に
    骨抜きにしてきたのが東大を頂点とする官僚養成教育だったのでは。
    今の英語の翻訳なんか変じゃね。とおもったら、iPhoneで瞬時に確かめられる。これこそが自由でありリベラルです。丸暗記力だけで日本を支配出来る時代は終わったのです。

    • zacky1016 より:

      olizaさま
      コメントありがとうございました。
      なるほど。非常に深い洞察、恐れ入りました。リベラル・アーツということばのありようの問題というのはあるんでしょうね。
      個人的には、東氏が教養に関して言っていることについては、筋論としては一理あると思っているのですが、olizaさんがおっしゃる文脈で東氏の文言を眺めると、確かに唸ってしまいます。
      ただ、個人に力を与えるツールとしてのアップルの製品のパワーをolizaさんのコメントを読ませて頂いて再確認いたしました。また力強いコメントをいただければ幸いです。
      あ、一つだけ、私の文章力のなさから誤解を招いてしまったのですが、東浩紀氏は東大教養部の英語の先生ではなく、売れっ子の批評家・哲学者です。誤解を与えてしまい申し訳ありませんでした。お詫びいたします。

  3. oliza より:

    恥かいたのは私です。 ちゃんと読めてない。確かめれば良かった。
    東浩紀さんですか。全然 知りませんでした。

    でも英語を哲学におきかえても伝えたいことはほぼ一緒ですね。

    現時点で教育に携わる人がリベラルアーツについて、かような発言はされるべきではないという気がしたもので、つい。
    「君の気分に関係なく世界は君が仕事を終わらせることを期待している。」
    by ビル ゲイツ

    ところで、appleはフロッピーディスクのようにflashを葬りさることができるのか? それともライバル陣営に塩を送るだけになるのか?
    しばらく、楽しませてもらうつもり。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。