MacWorld レポート(3)最終回・見本市編

さて、MacWorld Expoレポートとしては一区切り、ということになります。

最終回は見本市の様子をちらっと紹介しようと思います。

とにかく包括的に全体を把握したいという気持ちが強すぎたのが災いして、おまけに時間の制約があったこともあり、ブースで直接話を聞くことはあまりできませんでした。なので、雰囲気だけでも記憶にとどめられるようにと遠巻きに写した写真が多いです。あしからず。

200以上のブースがあったので目移りして仕方がなかったですが、いくつか気になったところのものを取り上げます。私自身業界外の素人なので込み入ったコメントは控えたいと思います。1日目と2日目の写真が混在しています。行ったタイミングもあるかとは思いますが、2日目はとにかくすごい人、人、でした。

さて、気になったブースをランダムに。

まずは、なるほど、こういうところも出店するんですね。DummieシリーズでおなじみのWILEY。

実は私もお世話になっております、mophie。iPhone向けのJuice Packに絞って展示してました。

Eye-Fi。ブログをはじめてから写真を綺麗に撮ることの重大さに気づき、非常に気になっております。

ScanSnap 。単独で出店。

2日目はすごいことになってました。抽選会か何かをしていたようです。

VMware。

EndNote。使うべきか使わざるべきか。

Classfolio。教育支援です。Alex Lindsayのレポートが参考になります。

dreamGEAR。私はゲームは(今は全く)しませんが、おもしろそう。

Vestax Spin djay。きっかけがあれば、私、買うと思います。絶対(笑)。

HyperMac。

私的にはMBP-150(上の4つ写っている(一番左が半分切れていますが)うちの左から2番目)を持っていて、今回の取材でも大活躍なので、ここはひとつ話を聞いておこうと、新製品についてたずねました。

iPhone / iPod 向けの外付けバッテリで、3種類。一番小さいのが、iPhoneなら1回分、ミディアムが2回分、大きいのが4回分の電力をまかなってくれるようです。

MicrosoftとIBMが並んでる感じ。

SHURE。さすが、音響系の出店もアップルならではというところなんでしょうか。

つづいて私もiPhoneで愛用しているゼンハイザー。

おなじみTargus。

Microvisionのミニプロジェクタ。ずっと携帯プロジェクタほしいと思っていますが、まだ買ってません。買おうかな。

Microsoft の着ぐるみ攻撃、フリーボールペン攻撃。

MacWorldのブース。

Gibsonのデモ。

そういえば今年のMacWorldのキャッチは “Rock the New Era” ということで、MacWorldの文字がプリントされているギブソンのレスポールがアイコンになっていました。

装飾系も数多く出店。

MusicSkine。

Ottoskins。

uncommon。

SCOSCHE。この他にも装飾系は多数出ていました。

*********

さて、そろそろおわりにしようと思います。

胸躍らせながらはじめて訪れたときは

”Welcome” で迎えられましたが、帰りは

「また来年会いましょう」で見送られました。おう。また来てやろうじゃないか(笑)。ただ名残惜しゅうございました。

「アップルが好き!」宣言とほぼ同時に何を思ったかMacWorld初参加を宣言。

以来はや(というかまだ)2か月。

アップル不参加としては最初ではあるものの、アップルにかかわるそしてアップルを愛する人たちが集まる貴重な機会。その雰囲気のなかに入ってみたかったわけです。

来てよかったです。もちろんそれなりの時間とお金と体力が必要なわけで、結構悩みましたが、アメリカで済ませるべき仕事があったこと、それになによりデヴィッド・ポーグとレオ・ラポートのプレゼンが決め手でした。ふだんから番組を見聞きしたり記事を読んだりしてよく知っている彼らがいないならば、来れたかどうかは微妙なところでした。これも何かの縁なのかも。

そしてAppleファンにとっては巨大な含意があるMoscone Centerという場所にいるということ自体、良い経験だったな、と思います。

そして改めて、まだまだ新米の身、これからも諸先輩方にいろいろとご教示いただければ幸いだな、と思います。よろしくお願いします。お気づきの点などございましたら、ご意見いただければ幸いです。

しかし来年、これるかな(笑)。

*********

ところでですね、先日、動かなくなりかけている体をひきずって(笑)まで見に行った場所がある、と申しておりましたが、それがTwitterの本社と思しき場所です。それがこれ。

GoogleMapでこのあたりのことを調べている時にTwitterという文字が目に入ってきたので、これは確認しておかないと、ということで見に行ってみました。でも建物の外側にはそれとわかる表示が何もなかったんですよね。あったのはAT&Tのロゴ。結局Twitterがこの建物に入っているかどうかは目視では確認できませんでした。が、後で調べたらやはりここが現在の本拠地のようです。MacWorldのついでにTwitterの本拠地に接近。贅沢な日でございました。

4 Responses to MacWorld レポート(3)最終回・見本市編

  1. ktan より:

    こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております。
    お疲れの所詳細なレポートありがとうございました。
    会場の雰囲気がZACKYさんの目線でレポートがなされていて大変興味深かったです。僕の知らないジャンルの製品の情報も大変参考になりました。
    Microsoftの着ぐるみは笑えました。そう来るかあ!ってかんじです。アメリカらしいというのでしょうか?
    Twitter、僕はまだあまり利用してはいないのですが、世界を変えるものだと思っています。語学力がなあ〜。ZACKYさんがうらやましいです。
    世界中の人とつながったら楽しいですね。

    • zacky1016 より:

      ktanさん
      いつもコメントありがとうございます。
      着ぐるみ、笑えますね(笑)。じつはコスプレ気味なブースがチラホラあって、今回はレポートはしませんが、ソッチに行ってるのか?と思わせるMacWorldの一面が見られて興味深かったです。
      私もTwitterは、まだまだです。フォローもフォロワーも(意図的に)増やしていないです。でもこれもキッカケがあればどうなるかわからないのですが。今はブログで手一杯という状態です。それにビジネスで使わない場合は、世界中の人とつながることの長短両面は頭に入れておかないと、結構こわいなぁ、という気が個人的にはしています。
      しかしいずれにしても語学は要は度胸です。来年のMacWorldで弾みをつける、っていうのも一案?

  2. ktan より:

    大変お疲れの所、御返事ありがとうございます。
    Twitterのこと、参考になりました。難しい面もあると言うことですね。肝に銘じます。
    「語学は度胸」ZACKYさんのように英語堪能な方にそう言っていただけると希望の光が….
    Macworld、僕も仕事にかこつけて参加できる日が来たらいいなあ、と思います。有り難いお言葉をありがとうございます

    • zacky1016 より:

      一応ひとこと書き加えさせていただくなら、Guy KawasakiははっきりとTwitterをマーケティングツールだと言っていたんですが、確かにそれが当たってるのかな、と思ったり。私は現在、Twitterをマーケティングツールとして活用するような状況にはいないので、そういう意味で活用していない、ということです。私が活用できていないだけですので、うまく活用されている方のやり方を参考にされるといいと思います。
      そんな、お言葉なんて。私自身、日々勉強だなぁ、と思い知らされることばっかりです。お互いがんばりましょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。