Espérance DVで初代MacBook Airを快適に

久々に小技ネタです。

去年の7月、MacBook AirのHDDをSSDに換装しました。容量は80GBから128GBにアップ、起動時間も飛躍的に速くなりました。

換装当初はすべてにおいてキビキビと動作する様子に気を良くして、若干これがプチフリかな、と思える現象があるにはあったのですが、さほど気にしていませんでした。ところが最近になって、1~2秒間の引っかかりがわりと頻繁に出るようになった気がして、対策が必要だなと思いはじめました。

書込み回数の問題もあるし、以前WindowsのSSD機でramdiskを使ってプチフリ対策していたのと同様の方策はとれないものだろうか、と調べてみたところ、Espérance DVというramdiskソフトがあるのを知り、試してみました。設定はすごく簡単でした。こちらのリンクからEspérance DVのzipファイルをダウンロードし、解凍後にできたEsperanceDV.prefPaneという名前のファイルをライブラリのPreferencePanesフォルダに入れるだけです。OSはSnow Leopardですが問題なく動作しています。”MacやらiPhoneブログ”さんのこちらの記事を参考にさせていただきました。私の設定は次のような感じです。

今のところ、ブラウザのキャッシュをこちらに逃がしているだけですが、ブラウジングで発生していたプチフリ(というかマイクロフリーズという感じでしたが)は全くなくなりました。ページの読み込みスピードもかなり速いです。それだけでなく若干起動時間も速くなった気が・・・。

ただ、Safariのキャッシュフォルダの移動が私には非常に難易度が高いので、SSDプチフリ+寿命対策を施したMacBook Airでは今のところFirefoxを主に使っております。MacでFirefoxをメインに使うのははじめてですが、今のところ特に問題なく使えてます。以前は3本指スワイプが効かずに不便だったりしましたが、今はSafariと遜色ないですね。新しい発見でした。Firefoxのキャッシュフォルダ移動方法も”MacやらiPhoneブログ”さんのこちらの記事にありますのでご参考に。

どのようなSSDに換装したかにもよるとは思いますが、SSD換装後にプチフリが起こっているな、とお感じになられている方にはオススメです。それにSSDに限らず、ウェブブラウズの高速化という意味ではHDDでも効果があるものと思われます。もちろんこの手のソフトの導入は自己責任、ということで。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。