ジョブズ、州の臓器法案立法化を支援(動画あり)

引越、体と荷物の移動がとりあえず終了しましたzackyです。これから荷ほどき・・・。

面倒なことは後にして(ウソ)、記事をいろいろとみていたところ、昨日(アメリカ時間だと今日)のジョブズの動く映像が、それも結構長時間ありました。“Apple CEO Steve Jobs joins Schwarzenegger to push organ donor registry”(アップルCEOのスティーブ・ジョブズが臓器提供登録を推進する知事に協力)というSan Jose Mercury Newsの記事です。

カリフォルニアの上院議員が進めている臓器移植に関する法案の立法化に向けた動きをジョブズが支援していて、スタンフォード大学付属の小児病院で行われた記者会見にシュワルツェネガー知事とともに登場しました。この法案は、運転免許を取得あるいは更新する人にDMV(カリフォルニア州自動車局)が臓器提供の意志を尋ね、尋ねられた人がそれにイエス/ノーで答える、というプロセスを盛り込むための法案で、これにより国内で初めて生体臓器登録が可能になり、州内における臓器提供者が倍になるということで成り行きが注目されています。

ご存知の通りジョブズはメンフィスで肝移植の手術を受けましたが、カリフォルニアで手術ができなかったのは、州内で肝移植手術が行える可能性が低く、スタンフォードの主治医にメンフィスでの手術を勧められたからだ、ということです。ただそれを可能にしたのはジョブズの財力でもあります。つまり肝臓が移植可能な4時間の間にひとっ飛びできる手段(自家用ジェット)があればこそ可能だったということ。昨年は臓器提供を受けられずに400人が州内で亡くなったそうですが「私も死んでいたかもしれない」と、自身の幸運に感謝をしていました。だからこそ、可能性を少しでも高めるこの法案の立法化にむけて協力したい、ということのようです。

動画は30分少々ありますが、ジョブズは13分ちょうどぐらいから2分少々スピーチをしています。

Mercuryの記事ではジョブズがフォーカスされていますが、法案自体に興味がある方は知事室のサイトに詳しい内容がありますのでそ ちらをご参照ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。