アップルがカッコいい理由

先日、アップルがカッコいい、と言ってはみたものの、ほとんど直感的な印象で語っていたので「説得力ないなあ」と私的に思っていたところ、なんとまあすばらしい記事に出くわしました。

1stwebdesigner.comの “60 Apple Inspired Websites – Why Apple Design Works?” という記事で、アップルのウェブデザインがなぜゆえにこうもかっこいいのか、が分析されています。

記事を書いたのはDainis Graverisさん。グラベリスさんはまずアップルのウェブサイトのデザインの特徴を示すのですが、ふだんウェブデザインの特徴など全く気にせず見ている私にはわりと目から鱗な項目がいくつかありました。

・明色基調、微妙なグラディエント

・白色の空白が効果的に使われていること

・クリアーな字体

・製品の美しい写真

・テキストの意味を強調するためにアイコンがよく使われていること

・すっきりとしたグリッドシステム

・はっきりとわかりやすいナヴィゲーション

・製品の特徴をわかりやすくするためにうってつけの写真、ビデオ、字体

・小さい字体も用いられるが読みやすいこと

・特定の場所に注目を引くためのコントラストの使い方

・わかりやすく段階を追った説明とサポート

・No Flash (!) ロードタイムを減らすためのJavascriptの多用

いやあ。なるほど。私のような素人にもわかりやすい。とくにこれ。

白いスペースが効果的に使われている、って、白ってアップルのウェブサイトでは当たり前すぎて、それが効果を持っているなんて、なんというか考えもしなかったのですが、さすがウェブデザインという観点から見ると、極めて強い特徴として浮かび上がるわけですね。勉強になります。

こうした特徴がアップルのカッコいいデザイン性を裏付けるものなわけですが、このアップルのウェブデザインに影響を受けているとグラベリスさんが考える60のウェブサイトが、示されます。まあ、アップル関連の製品を作っているし、特徴がかぶっていて当然かなと思うものもありますが、これ

なんかは私的には、アップルっぽさと自社っぽい特徴がうまく融合されてるかな、と思ったりもします。

OSXを使い始めた頃、アクアな基調と美しい字体の印象が鮮烈で、それだけでMacを使いたい、と思ったことを思い出します。そういえば24日ってOSXが発表された日でしたね。WIREDが This Day In Tech の ‘March 24, 2001: Apple Unleashes Mac OS X‘ という記事でOSXのことを “the beating heart of today’s Macs, iPhones and, soon, the iPad” (MacやiPhoneそしてまもなくiPadの鼓動するハート)って言ってます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。