iPadでリテールストアはどうなる?

渋谷、

銀座、

と、先日の東京出張でも粛々と新宿と渋谷のストア巡礼をこなして参りましたzackyです。

さて、いよいよ発売が間近に迫ってきましたiPadです。Business WeekのOm MalikさんはiPadの登場を興奮気味に待ち構えているにもかかわらず予約をしなかったようで、同僚も「なぜだ?」と訝ったようですが、その理由は、アップルのリテールストアでの購入者としての経験を記事にしたいからだ、とIPad Could Redefine Apple’s Storesというタイトルの記事でマリックさんは言っています。

マリックさんによると、アメリカのリテールストアを訪れる人は多くの場合「バイナリー」な経験をする、つまり一方の側にMac、もう一方にiPhoneとiPadが並べられていて、このふたつの「コンピュータとエンターテインメントデバイス」の大分類が、リテールストアのいい雰囲気を作り出してきた、というのです。

なるほど、ストアによって製品の配置はそれぞれなので一概には言えないと思いますが、確かにMacとiPhone/iPodの区分についてはどのストアでもわりとはっきりしているのは確かだと思いますので、iPadがそれぞれのストアのどこに鎮座することになるのかは見ものかもしれません。

あれ?ということは、まだ大して行っていませんが、これまで行ったストアも訪問し直さないといけないの? って、ストアのある街に行けば、何度も訪れたくなるのが悲しい性です(笑)。

こうしたリテールストアがあるのは、消費者にとってみればやはりとても心強いものです。なにかあったときに相談できる、という安心感がありますし、クルーの皆さんもみな親切に対応してくれます。自社の製品に誇りを持ち、どんな質問にも答える(とは限らないかもしれませんが、そういう努力をしていることは間違いないと思います)準備ができている。

銀座のストアに行った時も、どのストアに行ってもほとんど置いていなかった27インチiMacのCore i7があって、 物欲しそうにいじっているとクルーのお兄さんが「何かお探しですか」と声をかけてきてくれました。「これってcore i7ですよね?」と尋ねると「そうなんです、最近入ってきたんですよ」と返してくれて、それから少しだけ話をしました。

そばではiPadのことをクルーにいろいろと尋ねているお爺ちゃんがいて、なんだか微笑ましく思えました。

こういう気持ちいのいい消費者体験をもたらしてくれるアップルのリテールストアの「iPad以降」、どんな風になるか楽しみです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。