『プーさん』に込められたジョブズの思い

「ぼく、もうなにもしないでなんか、いられなくなっちゃったんだ。」

「もうちょっとも?」

「うん少しはできるけど。もうそんなことしてちゃいけない んだって。」

・・・・・・・・

私が「なにもしないでなんか、いられなくなっちゃった」のがいつの頃か、もうはるか昔のことのようで、記憶にありません。子どもの頃のピュアな気持ちなど、はるか昔にどこかに忘れてきてしまって、その痕跡すらありません。

時おり思い出します。子どもの頃に買ってもらったおもちゃのいとおしさを。10代の頃に聴いた音楽のかけがえのなさを。

でも思い出すだけで、そのときに感じたそのいとおしさやかけがえのなさを、再び本当に感じることなど、もはやない、と思っていました。

英国の俳優でありライターでもあるStephen FryのジョブズへのインタビューがTIMEに掲載されています。そのなかでジョブズが明かしたのは Winnie the Pooh がiPad に同梱される、ということ。

緊張のあまり何を質問したか記憶にすらない最初の5分間ののち、フライは例の「リベラルアーツとテクノロジーの交差点」に触れ、「それと、コマース(商売)の交差点もではないですか?」とジョブズに問いただしました。「もちろん商業的な側面もあるけれどそれが出発点じゃない。製品と、その製品を使う人が何をどんな風にできるか、が出発点だ。iBookを見たかい? 」とその問いに答えながらジョブズがフライに見せたのが、iPadに同梱されている『くまのプーさん』で、ジョブズの気取らない愛嬌のある顔が、フライには印象的だったようです。

『プーさん』に、商業センスを覆い隠すためのジョブズのあざとさが透けて見える、という人もいると思います。でも、それならば、大の大人が、このiPadにこれだけ興奮しているのはなぜなのか。

ひょっとして私は、子どもの頃に感じてすでに忘れてしまった「いとおしさやかけがえのなさ」をiPadに期待しているのではないか。

そして、iPadはその期待を裏切らない、と、不思議なことに、私はもはや確信すら持っています。

ジョブズはiPadを “profound” で “magical” なもの、と言います。

「なんにもしないでなんか」いられない大人が、記憶の片隅にかすかに残っているかもしれない子どもの頃のピュアな気持ちと興奮を、ひょっとしたら思い出すことができる。

iPadに込められたジョブズの思いを、まもなく世界の多くの人が受け止めることになります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。