iPadのキーボードとキーボードの未来

先日iPadのキーボードが想像の100倍イイ、と言っていたので、とりあえず動画アップしてみました。ご参考までに。

まだ慣れていないのでミスタッチが多くて遅いですが、慣れればかなりイケそうです(笑)。

多少傾斜がついているほうが打ちやすいことは打ちやすい。ケース欲しいです。

それにしても、こうした「使える」ソフトウェアキーボードが登場するにつれ思いを馳せるのは、以前のエントリでも書いたのですが、ヴァーチャルキーボードの未来です。映画『JM』でキアヌ・リーブスがヘッドマウントディスプレイとセンサグローブをつけて叩いていたヴァーチャル空間の中のキーボードの印象は私にとっては結構強烈でした。

一歩近づいた気がします(笑)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。