アップルがもたらすウェブの福音

いつまでたっても文系ガジェット批評のスタンスは崩さない(というか当然崩せない崩しようがない笑)zackyです。

Steven Johnsonというライターさんの “Rethinking a Gospel of the Web” という記事が少し前のニューヨーク・タイムズにあったのですが、ここでジョンソンさんは、多くの人がオープンなプラットフォームのほうがより “generative”(生成的、生殖的)だという前提でこれまでやってきたけど、実際のところいくつかの重要な点においてはアップルの閉じた設計思想のほうがプラットフォームの “generativity” に貢献している、という主旨の論を展開しています。

この記事では一言も言及されていませんが、Googleとの一連の係争においても中心的な話題となっていた、「開かれた」ほうがいいのか「閉じた」ほうがいいのか、という議論のまとめのようにも読める記事で、私のような文系人間にも非常にわかりやすかったです。

単なるまとめにも見える記事ですが、この記事で私が興味深いと思うのは、革新性と多様性は開かれたプラットフォームによってもたらされる、というひとつアイデアが、アイデアの域を超えて gospel(教義)になってしまっていた、というか、「開かれた開発環境」というアイデアが福音である、と思わせるような状況が当時においては在った、ということを暗に指摘している点です。

このあたりの私見については、アップルとHTC(事実上はGoogle)が争っているさなか、Tim BrayがGoogleに雇われた件について書いた拙記事にもありますので参照いただければと思うのですが、ジョンソンさんの記事を読んでやっぱり考えてしまうのは、「開かれた」=「民主的」あるいは「自由」=「善」という、一見明解な3段論法が、果たして「真」なのか、ということ。

実は私もかつて「開かれ」のゴスペルに魅力を感じてLinuxを使おうと努力したことがありました。ところがやはり学んでいる時間がなかった。その世界に通じている人には理想的な環境なのかもしれないけれど、ある特定の目的のために電子機器を使いたいと思う人達のための思想ではないのだな、ということを使い始めて2日目ぐらいで早くも感じてしまいました。「開かれている」こととはつまり、原則として全てを一から学ばないといけないことを意味するのではないか、と。無理なんです。

プログラムのプの字も知らない私なので見当違いのことを言っていたら申し訳ないのですが、iPhoneやiPadにFlashが乗るかどうかということについてこれだけ議論喧しいのも、この問題が基本的にはこういった優先的プラットフォームの選択の問題に関わっているからだと私的には理解しています。

iPhoneやiPadが全てなんてことはありえない。電子機器業界全体として見れば極めて少数派です。ジョンソンさんはアップルの設計思想を “a gospel” としていますが、”a” がついているあたり、それが全てではない、というニュアンスもあるのかな、と思います。ただ、現在においてアップルが提供する開発環境が、往時のLinuxや今のAndroidなどの「福音」に対抗するものであると認識しうる状況は十分にあります。そしてもしそれが「福音」であるならば、それをロールモデルとする実践が今後普及していくことも十分予想されるところです。特にiPadはこれからのタブレット型デバイスの分野を牽引していく存在に間違いなくなっていくであろうと予想されるような状況でもありますし。

アップルが提供している開発環境を “walled garden”(壁に囲まれた庭)と比喩(揶揄)する向きもありますが、ジョンソンさんは、この環境がうまく運用されるならば、壁に囲まれた庭は、ウェブという “ecosystem”(生態系)における “rainforest”(熱帯雨林)になりうる、と締めくくっています。

私はすでに、Mac/iPhone/iPadがないと生きられない体になっているんですけど(笑)。

3 Responses to アップルがもたらすウェブの福音

  1. oliza より:

    自由は平凡さを助長します。それは物理的には エントロピーが大きくなるということです。 我々生物は小さなエントロピーを食べて生きています。大きなエントロピーの世界は食べるもののない活力のない荒廃した世界です。 壁がなくては個もたちゆかない。
    エントロピーを低く保てない。jobs氏はよくそのあたりをわきまえています。ただ、壁の側にたつと嫌われますけどね。でもそれが健全なんです。

  2. zacky1016 より:

    olizaさん
    私はよく存じ上げない分野なので完全には理解できないのですが、物理の世界の理屈に照らしても理にかなっているわけですね。「自由の牢獄」という表現には見覚えがありますが、ちょっと似ている気がします。
    壁の側に立つ、壁になる本当の勇気を、ジョブズさんに見習いたい、と思ったり。
    いつも深いコメント、ありがとうございます。

  3. ピンバック: Top Posts — WordPress.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。