アップル好きが集う町

アップル製品の所有率が最も高いのはサンフランシスコのベイエリアだそうです。

Experian Simmonsが、iPod、iPhone、Macのいずれかのアップル製品を所有する成人の割合を独自のシステムで調査したところ、1位はサンフランシスコ-オークランド-サンノゼを含むベイエリアとのこと。このエリアにはアップル本社のあるクパティーノ市も含まれますから当然といえば当然でしょう。成人の実に32.3%が上記のアップル製品3種のいずれかを持っているとのこと。ほぼ3人にひとりの計算になりますね。

2位以下はボストン、サンディエゴ、ニューヨーク、ワシントンDC、シカゴ、デンバー、モントレー-サリナスエリア、サンタバーバラ-サンタマリナ-サンルイオビスポエリア、ラスベガス、となっています。

それにしてもアメリカ全体でもアップル製品所有率が21.6%とのことで、5人にひとりは必ず何か持っている、ということですから。

日本はどうなんでしょう?

そういえば去年価格.comが行った調査によるとスマートフォン所有者の55%はiPhoneを使用している、とのことでした。確かに最近iPhoneを持っている方が増えたなー、と実感することは多いのですもの。Macを町で見かけることもよくありますが、もう少し仲間が増えてもいいかなー、なんて思うことも時々あったりします(笑)。

先日のサンフランシスコではスターバックスに通いつめていましたが、スタバでパソコンを開いている方の9割はMacでした(笑)。スタバにはMacが集まることと、MacWorldが開催されていたというタイミングも考慮しないといけませんけど、私には天国(笑)でした。

サンフランシスコは初めてだったのですが、この町がえらく気に入ってしまった理由の一番はMac好きが集まるからだったのかも!?  考えてみれば当たり前ですね(笑)。Mac好きはベイエリアに集まりましょう。

広告

One Response to アップル好きが集う町

  1. ピンバック: Top Posts — WordPress.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。