iPadによる日本考

基本 Made in Japan 大好きなzackyです。

日本人としては見過ごせない内容の記事がTUAW (The Unofficial Apple Weblog) にありました。”Rising iSun: Thoughts on the iPad’s prospects in Japan” という無記名の筆者による記事がそれなのですが、この筆者は日本に20年近く住んでいるとのことで、iPhoneなどの過去のアップル製品の発売時の状況に照らして、日本でのiPadの需要/受容予測をしています。

曰く、iPad発売開始を前にして、やはり日本の状況はアップルにとっては手強いものである (doing what Apple is trying to do is going to be an uphill battle) と。iPadに関しては、いろいろと問題はあるけど、「世界をかえてやろうとするアップルが日本のような保守的な所で向きあってきた敵意」(the hostility that Apple has encountered when trying to ‘change the world’ in a conservative place like Japan) が一番の問題だ、としています。つまりは、音楽、映画、書籍など、iPadの最大の売りであるはずのコンテンツ配信サービスの実現を困難にするような極めて高いハードルがあることが問題であるとして、これがiPadの売れ行きに影響をあたえるだろうとしています。

このあたりのことは繰り返し議論されていることですし特に目新しくは思わなかったのですが、気になる指摘がありましたので引用しておきます。

Despite its reputation as a technologically advanced country, it’s my experience that Japan is often happy to follow behind the rest of the world in many areas, and there’s a general tendency to wait before embracing big changes that come along. If I’ve learned anything about Japan, it’s that companies here are extremely risk-averse and will study an issue carefully before they act if they think there might be a downside later.(技術的に進歩した国であるという評判がある一方、私の経験では日本は多くの分野で他の国に付いていくことを喜んでいて、大きな変化が成功して受け入れられるのを待機してみる傾向がある。日本について何か学ぶことがあったとすれば、日本の企業はリスクを極端に嫌い、後に不利益が出ると思われるものについては注意深くその問題を研究してから実行する、ということだ)

日本在住の(おそらく)アメリカ人の日本観察です。

極端な競争社会であるアメリカのそれと比べて日本の企業が「リスクを取らない」と言われてもなんだかなーという気もしますし、でも日本の経済成長期って言ってみれば日本全体がリスクを取ってがむしゃらにやってた時代のような気もして、やっぱり日本って成熟期を終えてしまったのかなー、「グローバル」も当たり前の時代ですからここはひとつ踏ん張らないと、なんて、勝手に思ったり。

iPadは確かにみんなに使って欲しいデバイスですが、日本製品にも頑張って欲しい。今日はちょっとブレてますね(笑)。

広告

3 Responses to iPadによる日本考

  1. こんにちは。
    楽しみですね〜
    早く発売してほしい!
    いろいろ楽しいアプリ....
    コレが楽しみ!

  2. ピンバック: Top Posts — WordPress.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。