アップルの秘密

「アップル好き」宣言から、実はまだ4ヶ月と少しなzackyです。

モバイルを中心に様々なガジェットを吟味し、考えぬいた上で、アップルを選んだ私としては、少しでも多くの人にアップルの良さをわかってもらいという思いを持ちながら、今ではブログを綴っております。畢竟、アップルバンザイな感じのエントリが多いのですが、それでも私自身が「良くない」と思うことについては、それを無理やり「良い」ものとして無理強いするつもりはない。

私が一つ反省しないといけないことは、例の新iPhoneギズモード事件のすぐ後に書いたエントリが、アップルによるシナリオ説を肯定する形のものになってしまったことで、もちろんこれは私の100%憶測によるものですので信ぴょう性のかけらもありません。今思うと、アップルも置き忘れた開発中の製品があんな形で晒されるなんてことは全く想定していなかった、というただそれだけのことのようにも思えます。アップルの秘密主義を支えてきたのも、人を信じるけども信じられる人に対する要求水準が極めて高い「性善説」的なスタンスを、社員の全てが理解して実践する、という社風が維持されていたからこそなのかもしれない、と思います。

ただ、この推測もあくまで推測です。いちユーザーとしては、使い易い製品があることだけで十分なですが、社会的影響力が大きくなればジャーナリズムが取り沙汰する機会も増えてくるわけで、こうした秘密主義はジャーナリズムがネタにする格好の材料になることは間違いない。

以前Mark Fioreの風刺イラストアプリをApp Storeがリジェクトし、フィオーレのピューリッツァー賞受賞後に今度はアップルの方からコンタクトがあったことが問題になりましたが、この件についてJohn Gruberが “It’s Not the Control, It’s the Secrecy” というエントリで次のように言っています。

If it is Apple’s policy not to allow any political satire in the App Store, that’s terrible. If that’s not Apple’s policy, and some individual App Store reviewer rejected Fiore’s app mistakenly, that’s terrible. Either way, something terrible is going on. But worse than anything related to this specific case is the bigger picture: we don’t know.(アップルが政治的風刺をApp Storeに認めないというポリシーがあるとすればとんでもないことだ。App Storeの評価者が個人的なミスで却下したとしても、とんでもないことだ。いずれにせよ何かとんでもないことが起こっている。しかしこの件に関して、その前提においてよくないことがひとつある。われわれが何も知らないことだ)

グルーバーの批評はApp Storeに関するものですが、このことは今回の新iPhone事件についても示唆的な部分があるかな、と思います。

アップルの秘密主義は私のような新参アップル信者でもよく知っているほど有名であり、今回のような事件があると、そうした社風が何らかのかたちで関わっているのではと憶測させてしまう傾向がある。上記の部分に続けてグルーバーは “Apple might think they’re coming out ahead by not publishing their actual rules, because the current situation leaves them tremendous case-by-case discretion.”(アップルは実際のルールを公表しないことで優位に立つことができると考えているかもしれない。なぜならとてつもない数の個別の判断に迫られる状況に彼らが現在身をおいているからだ)と言っていて、これはアップルの社風の現状を理解するには示唆的です。

アップル製品に分厚い説明書がついてこないことはアップルユーザーなら誰でも知っています。使い易いインターフェースがあるから、使えるところから使い始めてデバイスに触れながらだんだん慣れていってね、わからなければジーニアスバーもありますよ、という、「説明書がない」こと自体が持つメッセージは、少し時間が経てばなるほどと思える。さっき「人を信じるけども信じられる人に対する要求水準が極めて高い「性善説」的なスタンス」をアップルが社員に取っている、という仮説を示しましたが、ユーザーについても、「人」を「ユーザー」に変換すれば(そして「極めて」を取れば?)同じスタンスでアップルが臨んでいることがわかります。

ただ、既存のアップルユーザーにとってみれば全くもって賢明なこれらの方法も、「不親切」であるとして理解してもらえない場合がある。つまり、今風に言うなら「見える化」されていないことを、欠点だと見なす向きもある、ということ。

App Storeの風刺イラストアプリ採用不採用の一件は、その場その場での判断が仇となったケースだと言えます。iPhoneを落としてしまったG.P.氏の件についても「そんなことは言われなくても自覚しているはずだ」という社風を彼が読みきれていなかっただけなのかもしれない。ただ情報の少なさが引き起こすのは、その後彼が「非情」なジョブズに「解雇された」、いや「解雇されていないと聞いた」(by Steve Wozniak。というか彼でもよくわかってませんし) といったもはやゴシップ合戦のような様相で、ここに至るとさすがにどうでもよくなってくる。だって真相がわからないのですから。

いちアップルユーザーとして仲間が増えることはとてもうれしいことなのですが、仲間が増えれば暗黙知の領域も当然狭まります。App Storeの一件や今回の新iPhone事件があぶりだしているのは、グルーバーにいわせれば「われわれが知らない」ルールについての、潜在的”for the rest of us” な人々も含めた全てのアップルユーザに対する「インターフェース」を、もう少し整備することの必要性なのかもしれない、などと思っております。

2 Responses to アップルの秘密

  1. ピンバック: Tweets that mention アップルの秘密 « 田園 Mac 〜Mac Pastorale〜 -- Topsy.com

  2. ピンバック: Top Posts — WordPress.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。