次のAndroidはFlashサポート、そしてiPadを買ったルービン

今年の初め、Nexus One発表の折に、TechCrunchのMichael Arringtonが、ジョブズの後継者として(冗談半分に)グーグルのAndy Rubinの名前を上げていた記事を読んで以来、ルービンが気になっているzackyです。

そのルービンがAndroidの次のバージョンFroyo(=frozen yogurt) について、FlashをサポートすることをNew York Timesのインタビューで確約したそうです。以前は「必ずしもそうではない」と言っていたようですので、方針の変更したんですね。このあたりの機微はよくわかりませんが。

理由について “Sometimes being open ‘means not being militant about the things consumer are actually enjoying'”(開かれていることが「実際に楽しめるものについて消費者に対して攻撃的ではないことを意味する」こともある)とルービンは言っています。またAndroidフォンがいずれiPhoneやBlackberryを抜くか?という質問に対しても “I don’t know when its might be, but I’m confident it will happen. Open usually wins.”(いつになるかわからないが、いずれそうなる自信はある。「オープン」はいつも勝つんだ)とやっぱりオープン/クローズなアティチュードのポジショニングを意識的にしながら、アップルを「北」に例えたりと、結構言いたい放題です。

でも、このあたりがルービンの「オープン」なところなのでしょうか。妻のためにiPadを買った、と。敵情視察の事実についても隠し立てしておりません。iPadについては “a certain demographic that consumes more than produces”(特定の、生産より消費傾向が高い層)への牽引力があるだろうとして、新しいマーケットを創り出すというよりはラップトップマーケットに食い込んでいく形になるだろう、と予想しています。

でも、iPadを買う層を「生産より消費傾向が高い」と言ってしまうあたり、やはりジョブズとは全く異なるセンスの持ち主だな、と私のような文系人間は思います。ルービンはテクノロジーがテクノロジーを生み出す「生産」性をこの場合は明らかに意識していると思われます。でも、私のような人間からしてみれば、iPadが生産性に大きく貢献することは明らかです。私のように情報を取り入れ(=消費し)て、その情報を元に新たな情報を生産する人間にしてみれば、iPadは生産性に大きく関わります。ブログを始める前の私ならいざ知らず、ブログをはじめてからの私の生産性といったら、自分でも驚いているぐらいです。その生産性に寄与しているのが何を隠そうMacBook Airをはじめとしたアップル製品なんです。

最近のTWiTだかMacBreak Weeklyで、Leo Laporteが、たぶん誰かの意見にメンションして「オープンネスにこだわるのはギークだけだ」と言っていて、なるほどと思ったのですが、業界の「オープン」 vs. 「クローズ」対決、一体どうなるのでしょうか。

広告

One Response to 次のAndroidはFlashサポート、そしてiPadを買ったルービン

  1. ピンバック: Tweets that mention 次のAndroidはFlashサポート、そしてiPadを買ったルービン « 田園 Mac 〜Mac Pastorale〜 -- Topsy.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。