ジョブズのFlashについての公式見解(抄訳)

ジョブズがFlashについての見解 (“Thoughts on Flash”)をアップルの公式サイト上で発表しました。

アップルがアドビにとっては最初の大口の顧客であったことなど馴れ初めから語り始めつつ、すぐさま本題に入り、Flash不採用の理由がApp Storeを守るためだと言われるが本当は技術的な理由によるものである、として、アップルが「閉じて」いてFlashが「開いて」いると言われるが、実は逆だ、と主張し、6つの理由と結論を順に述べていきます。

以下、主旨を損なわない程度の抄訳です。文系アップル系ブロガーを自認していますが、なんとなくよくわかった気がします。最後はアドビにアドバイスまでしちゃって。貫禄ですね。自習目的ですので、誤りがありましたらご指摘いただければ幸いです。

__________

1 「オープン」であること

Flashはアドビの専売品である。アドビが全てをコントロールできる点でFlashは閉じたシステムである。アップルも独自のOSなど専売品をたくさんかかえるが、OSとは違ってウェブ関連のスタンダードについてはオープンであるべきだと強く信じている。FlashではなくHTML5、CSS、JavaScriptを採用しているのはこのためだ。アップルが完全にオープンなHTML5のレンダリングエンジンであるWebKitをつくったのもこのためで、Andoroid、Palm、Nokiaがすでに使っているし、RIMも採用予定である。

2 「フルウェブ」であること

アドビによると、アップルのモバイルデバイスはウェブ上の75%の動画はフラッシュによるものなので「フルウェブ」にアクセスできない、ということだが、これらの動画はH.264でも利用でき、iPhone、iPod、iPadでも見ることができる。ウェブ上の動画の40%を占めるとされるYouTubeも全てのアップル製品で見ることができるし、iPadはYouTubeを見るには最高のデバイスになるだろう。Vimeo、Netfix、Facebook、ABC、CBS(他多数)などのビデオも当然見ることができる。見られないものは多くはないはずだ。Flashのゲームは確かにできない。しかし現在App Storeには50,000タイトル以上のゲームが揃っていて、その多くは無料だ。

3 信頼性、セキュリティ、パフォーマンス

シマンテックによれば、Flashは2009年の最悪のセキュリティ記録をもつ。われわれの知るところではMacのクラッシュの最大の原因がFlashだ。対応を求めて協議したが近年は平行線。信頼性や安全性を落とすわけにはいかない。さらに、Flashはモバイルでのパフォーマンスがよくない。これも対応を求め、アドビはよくなる、と言っているが、いっこうによくならない。そのうち出るかもしれないが、もう待てない。

4 バッテリの持ち

ソフトウェアで動画をデコードするには多くの電力が必要だ。一方現在多くのチップが搭載しているH.264デコーダはブルーレイに使われている規格でもあり、アップル、グーグル(YouTube)、Vimeo、Netflixも採用している。Flashはこの規格を最近サポートしたが、Flashを使うサイトは旧世代のデコーダが必要で、モバイル機には実装されておらずソフトウェアで対応する必要がある。再生時間はソフトウェアで5時間、H.264では10時間。H.264でエンコードできるサイトだとSafariやChromeなどのブラウザでも見ることができる。当然iPhone、iPod、iPadでも。

5 タッチ

<これについては拙ブログ記事 iPadにFlashが乗らない本当の理由の内容とかぶっているようですのでそちらを参考にされてください>

6 最も重要な理由

プラットフォームとデベロパーの間にサードパーティのレイヤーが入ることの弊害をわれわれは身にしみて経験している。プラットフォームの強化と進化が妨げられるのだ。サードパーティが共通プラットフォームの開発ツールを供給しだすと自体はさらに悪くなる。そのサードパーティは、あるプラットフォームの機能強化を、ほかのプラットフォームで利用できないことを理由に受け付けない。畢竟デベロパーは公分母の部分しか利用できないことになる。Flashは共通プラットフォームであり、その目的はiPhone、iPod、iPadのアプリケーションをデベロパーに書かせることではない。彼らの目的は、彼らのプラットフォームで書かせることだ。アップルの機能強化への対応がどれほど遅かったかは、OS Xが出てから10年が経とうとしているのに本当の意味で彼らが対応したのはCS5を出荷したほんの2週間前であることを見れば明らかだ。アドビがメジャーなところではOS Xに対応した最後のサードパーティデベロバーだ。われわれがやりたいことはシンプルだ。最新の、革新的なプラットフォームをデベロパーに提供し、直接利用してもらい、最良のアプリを作ってもらいたい。

結論

FlashはPC時代のものだ。PCとマウスの時代の。Flashはビジネスとしては成功した。PCを超えてそれを使わせたいこともわかる。しかし、モバイルの時代は低電力、タッチインターフェース、オープンウェブ規格の時代であり、Flashでは役不足なのだ。すでに200,000のアプリケーションがApp Storeにあることが証明しているのは、ゲームを含むグラフィックに優れたアプリを作るために多くのデベロパーにとって Flashがもはや必要ではない、ということだ。

新しいモバイル時代におけるHTML5のようなオープンな規格がモバイルにおいて(PCにおいても)勝利するだろう。アドビも、アップルを批判するより素晴らしいHTML5のためのツールをつくることに以降は専念した方がいい、と思う。

(終)

2 Responses to ジョブズのFlashについての公式見解(抄訳)

  1. ピンバック: Flash に関する Steve Jobs の公開書簡 « maclalala2

  2. ピンバック: Top Posts — WordPress.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。