愛おしさの音

1997年でした。

それまでワープロで文書編集をしていたのですが、やはりそろそろ「パソコン」を使わないと、と思い立って最初に買ったのがPower Mac 7600/200。私とアップルとのつきあいはここから始まりました

ジョブズがアップルに復帰した年にMacを使い始めたことになります。でも当時は業界に関する知識などほぼ皆無に等しいものでしたから、そんなこと知る由もありません。ただ身近にMacに詳しい人がいたことが購入の理由でした。

7600/200を4年間使ったあと知人に譲り、iBook G3を買って6年ほどこれを使いました。1年ほどMacのブランクがあったのですが、2008年にMacBook Airで復帰。現在に至ります。

TechCrunchのMG SieglerがFacebook, The App Store, And The Sound Of Inevitabilityという記事で、現在のFacebookやApp Storeの状況もオープンなシステムとクローズドなシステムのサイクルの一部であって、閉鎖性を憂慮する声もあるが、心配することはない、と90年代のAOLの盛衰を引き合いに論じています。FacebookはOpen Graphがオープンとクローズドのバランスをとる形になっているし、アップルもHTML5そのものをコントロールしているのではない、HTML5はまだ成熟していないが、そのうち魅力的なアプリが自由に作られることになるだろうし、結果としてこれがApp Storeモデルを壊すことになるだろう、と、Facebookもアップルもいずれはオープンに向かうという予測をたてています。

「我関せず」ならば、こういう議論をフォローすることに意味を見いださないでしょうし、フォローする限りはやはりある程度業界の事情に通じていたい、という思いがあるので勉強もしているのですが、私自身の「パソコン」歴を振り返ったときに、原体験としてMacがあることは、それこそ “invebitable” なことだな、と、”The Sound of Inevitablity”(必然性の音)という映画『マトリックス』から引用したシーグラーさんの表現を見て思いました。

業界を俯瞰してみるならば、そういうサイクルで見ることができる。で、のるかそるか、で流れを読むことが死活問題な業界の方々に比べて、私がいかにのんきに、いち個人ユーザーとしてデバイスを使っているか、ということも自覚している。

でも、私個人という人間が一生のうちに使えるモノの数というのは決まっている。トレンドは大切ですが、使いたいものを使いたい。

シーグラーさんが「必然性」といってますが、『マトリックス』でエージェント・スミスがこの台詞を言うのは地下鉄での戦闘シーンでのこと。ネオを追いつめたスミスが迫りくる地下鉄車両の音をネオに意識させるために言います。でもその後ネオは “My name is Neo!” と叫んでスミスを返り討ちにするんですよね。つまり(少なくとも)このシーンでは「必然性」は跳ね返されてしまう。もちろんこの映画の最後では、ネオの物語もそれこそ運命の大きなサイクルのなかの一部でしかないことが暗示されて終わりますが、この台詞自体の謂いはむしろ「必然性」に抗うネオの強靭な意志にある気もします。

アップルがウェブやインターネットやその他の情報を覗く魅力的な「箱」を提供してくれる限りは、私はアップルを使い続けると思います。だって、あの「ジャーン」の音が聞こえなくなるなんて、私には耐えられないんですもの(笑)。さしずめ私にとってこの音は “the sound of indispensability”(絶対必要な音)といったところかもしれません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。