アップルと反トラスト法、複数の意見

連邦取引委員会と司法省がアップルの調査に乗り出すのか、ということでさらにややこしいことになってきておりますAppleとAdobeの確執。

GigaOMの “What the Web Is Saying About Apple and Antitrust“という記事が、いくつかの意見を参照して、この問題への理解を促そうとしています。

まず連邦取引委員会のDavid Baltoの見解に関するロイターの引用。

What they’re doing is clearly anticompetitive…They want one superhighway and they’re the tollkeeper on that superhighway.(彼らがやっていることは明らかに競争を阻害するものだ。彼らは高速道路をひとつだけ作って、料金を徴収しようとしている)

次にWall Street Journal。

Apple’s new language forbidding apps from transmitting analytical data could prevent ad networks from being able to effectively target ads, potentially giving Apple’s new iAd mobile-advertising service an edge, executives at ad networks say. One wireless-advertising executive said he was contacted a few weeks ago by an official from the FTC who wanted to talk about how the mobile-ad industry works, the Apple developer agreement and how it could affect the executive’s business.(分析データ転送を禁止するアプリケーション[注:”new language forbidding apps from~”が理解出来ていません。ご教示くだされば幸いです]は効果的な広告のネットワーク構築を妨げ、アップルのiAdに優位性を与える可能性がある、と広告ネットワーク関係者。ワイヤレス広告関係者は数週間前に連邦取引委員会から、モバイル広告産業の現状やアップルのデベロパーへの対応、自身の会社への潜在的影響などについて聞きたい、と連絡を受けたことを明かした)

もうひとつWSJ。連取委競走局のKenneth Grazerへのインタビューから。

Glazer indicated that, as the smart-phone market stands now, regulators could have a difficult time proving monopolistic practices because Apple’s share of that market, though growing, remains below a certain threshold. He said regulators might avoid that problem if Apple begins dominating the iPhone advertising market, although the mobile-ad market in general is so young that many questions remain.(スマートフォン市場の現状について、監視機関が独占的な行いを立証することが難しいのが昨今の状況だ。というのもアップルのシェアは大きくなってはきているが、まだ独占とはいえないからだ。アップルがiPhoneの広告市場を独占しようものならすぐにでも動くだろうが、一般的に見てモバイル広告市場の歴史は浅く、様々な問題が残ったままだ)

当ブログでもおなじみJohn Gruberによる、あるデベロパーがアップルによる統制を受けた、というレポートに対する疑問。

This guy isn’t a federal regulator, but he seems to be arguing that he has a right to use Flash, or at least some sort of cross-platform solution, to develop for iPhone OS. Why not write web apps, then?(彼は監視機関の当局者じゃないのにFlash、もしくはクロスプラットフォームを使う権利があると主張している。ならばウェブアプリを書いたらいいんじゃないか?)

ZDNetの編集長、Larry Dignanが当局の介入に疑問。

Apple simply doesn’t have the world domination market share in the iPhone or iPad for regulators to give a hoot…Call me crazy, but I’m not sure I want the Feds playing around with SDKs. It smells like micromanagement to me and that’s dangerous.(アップルはiPhoneでもiPadでも当局が関心を抱くほどに市場を独占しているわけではまだない。おかしいといわれてもかまわないが、当局に動いてほしいとは思わない。それこそマイクロマネージメントだし、危険じゃないかな)

Fotuneがマイクロソフトに対して連取委が動いたときのことを引き合いに。

To win a Sherman Antitrust case against Apple, the government would have to prove both that Apple’s market share constitutes a monopoly — itself not illegal — and that it has abused that monopoly power in ways that damage its competition.(シャーマン反トラスト法のもとでアップルに勝つためには、政府がアップルが市場を(それ自体がそもそも違法ではない)独占している状態であること、そして競走を阻害するほどに独占的な力を濫用したことを証明しないといけない。

EngadgetのNilay Patel(弁護士)は、連取委か司法省が動いても事態が長期化することを指摘。

Assuming the report is true, an inquiry would still just be the very first step — whichever agency is ultimately put in charge would then have to launch a formal investigation and then finally file and win a lawsuit for any changes to occur. That’s a timeframe measured in months, if not years.(報告が本当であったとして、調査はまだ序の口だ。どちらが調査するにしろ、これから正式な調査を初めて、提訴し、何らかの変化をもたらすため訴訟に勝つ。数年はないにしても、数ヶ月単位で事が運ぶだろう)

_______

以上が引用の紹介です。

冷静な見方が多いです。先日スマートフォンのシェアに関する記事を書きましたが、アップルのシェアは4分の1です。むしろRIMが41% と他を圧倒している感じです。むしろ、これからしばらくの間、アップルがどれだけ業界を牽引していけるのかという「予測」に皆翻弄されている気がします。まさにアップルの一挙手一投足に注意が向けられているといったところでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。