iPadのポテンシャル

このところiPadについてあまり書いていなかったのですが、iPadを使っていなかった訳ではありません。それどころか、これまで当たり前だったことがiPadによって当たり前でなくなってしまって、大きく環境が変化する可能性が出てまいりました。

iPad以前の環境は、MacBook Air=モバイル、MacBook Pro 15″=オフィス(メイン)、Loox P70=オフィス(サブ)、VAIO Type P=自宅(サブ)といったところです。

GW昼下がりの音楽とiPad

可能性その①。

以前も書いたのですが、iPadがあればこれまでMacBook Airでやっていたことのうちのかなりのことができてしまいます。日常持ち歩くモバイル機としてiPadとMacBook Airのどちらが私的に適しているのか。現状、毎日鞄に入れて持ち歩いているのはiPadです。軽いしバッテリも持つし、手軽なので。もしこの状態が続くのであれば、MacBook Airを(妻が手ぐすねを引いて待っていた)家で家族が共用するマシンとして位置づける可能性があります。

可能性その②。

iPadがモバイル、Airが家族共用、ということになると、出先で本気モードで作業するマシンが必要になる。

可能性その③。

現状で一番問題なのは、自宅でのメインマシンがないこと。時折Pro 15″を持ち帰り作業をするのですが、この機会に自宅でのメインマシンを導入?

ということで、明らかにiPadをきっかけとした(かつ私の物欲に忠実に沿った)3段論法に従いまして、なんとMacBook Pro 17″を先日アップルは心斎橋ストアにて購入してしまいました(私的な17インチレビューは後日いたします)。そして、②の出先で使えるマシンとして、15インチProを13インチProに化けさせることに決め、現在このプロセスが進行中。

そう。iPadのポテンシャルとは、まさに私自身のIT環境を大きく変化させるポテンシャルのことです。これだけ大規模に、私の情報エコシステムの再編を実現させたものはかつてなかった。しばらく(最低1年は)お小遣いなしだ、どうしてくれるiPad(笑)。

広告

One Response to iPadのポテンシャル

  1. ピンバック: Top Posts — WordPress.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。