端末のグローバルシェアでiPhone急成長

Apple InsiderZDNet9 to 5 Macなどによりますと、スマートフォン端末のグローバルシェアでiPhoneが急成長のようです。IDC調べです。

2009年と2010年の第1四半期を比較すると、iPhoneが10.9%から16.1%に伸びていてダントツです。1位のNokiaは横ばい、2位のRIMが減少、4位のHTC、5位のMotorolaとも少し増やしています。

ZDNetと9 to 5 Macは、太平洋アジア地域では474%、日本が183%、ヨーロッパが133%という先月のTim Cookの発言を引用していて、この数字をみればうなずける結果です。日本でも使う人が3倍近く増えたということになりますから、そりゃiPhoneを使っている人をよく見かけるわけです。

当ブログで先日アメリカでのスマートフォンのプラットフォームのシェアを紹介しました。このデータではRIMは相変わらず強かったですし、RIM端末の数自体は増えているのはIDCのデータでもわかるのですが、世界的シェアにおいてはiPhoneに食われている印象ですね。スマートフォン全体のボリュームが増えているなかでのiPhoneのこの伸び。来月の4G投入でさらに加速されることになりますでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。