次期iPhoneはバッテリ性能がかなり強化される?

前回のエントリでテレグラフ紙の「iPhoneを買わない10の理由」を読んだものの、関心が薄れるどころかかえってますます気になる事態に。

テレグラフ紙があげた10個の理由のなかに「バッテリのもちがよくない」というのがあって、これはスマートフォン全体に言えることだとは思いながらも、確かにもう少しもってくれれば、と思うことがごくまれにですがあるな、とは思っていました。記事では「他のスマフォと比べて機能が劣るくせに同程度のもち、という理由を示していました。ここでは「機能が劣る」の根拠が極めて薄いので論外ですが、一般論としてバッテリが長いにこしたことはない。

そんなときにMarrさんのつぶやきが目に入りました。

そうか、数グラム重くなってるって言うし、ということはサイズもサイズなんだろなー、と思ったのですが、考えてみれば重さもサイズも維持するということにはそれなりの意味があるだろう、と。

で、Gizmodoに4Gの分解写真があったな、と思って、バッテリの大きさを再確認したら、かなり大きい気が。

こっちが3GSの分解写真。

AppleInsiderによると、ロジックボードの大きさが3GSの3分の1になる一方、バッテリは19%容量が増えているということで、かなりのバッテリ性能向上が期待されることになりそうです。

バッテリーフェチ、また次期iPhoneが気になる私としては、あまり見てはいけない情報でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。