やっぱりすごいジョブズのプレゼン

WWDC 2010の基調講演、iPhone 4が目玉となりましたが、その製品としての素晴らしさを一層際立たせたのが、スティーブ・ジョブズのプレゼン。やはり今回もジョブズのプレゼンテーションの腕が唸りました。

プレゼンで重要なのが「ユーモア」だとはよく言われますが、私なんかだと、ユーモアを入れないといけない、っていう構えでやると、非常に難しい。プレゼンターのキャラクターもあります。狙ってプレゼンのシナリオにユーモアを盛り込む場合と、とっさのユーモアで切り抜ける場合と両方あって、私の場合シナリオに入れてしまうと受けなかった時のダメージが大きい(笑)。だから私はとっさのひらめきがあった場合だけ。

ともあれ、今回のジョブズのプレゼンでも、この「ユーモア」の点ですごいなーと思うところは多々ありました。そのなかでも、特に2カ所(というか3カ所)ご紹介したい。

ひとつめ。

始まってから3分ぐらいのところ、iPadの成功を確認しているセクション。ジョブズはiPad発表時のプレゼンでiPadを “magical” なデバイスだ、と言いましたが、「ほら、それを証明しているメールが来ている」という感じで、ユーザーからのこんなメールを紹介しました。

“I was sitting in a cafe with my iPad, and it got a girl interested in me. Now that’s what I call a magical device!”

特にWWDCは技術者も多数集まりますから、過去のWWDCの講演はどちらかというとまじめなトーンから始めることも多かったような印象を持っているのですが、今回はもう冒頭から笑顔たっぷりで大いにつかんでいました。そしてたたみかけるように、このフレーズの紹介。確かに。私も「iPad祭り」でその力を十分感じてきました

もうひとつ。3GS と 4 のディスプレイの比較をするところ。New York Timesのサイトを開こうとするが、なかなか開かない。ネットワークに問題がある。もちろんデバイスではなく環境の問題なわけですが、製品の印象に関係する重要なところです。ジョブズが発したのは

“you know, you can help me out if you are on a wi-fi, just get it off.”(もしWi-Fiを使っている人がいるなら切ってくれないかな?)

という絶妙のひとこと。笑いが起きたところで “I appreciate it.” とすかさず入れる。

さらにすごいのは、最後の “One More Thing…”、FaceTimeのデモをジョニーと行いますが、このデモに入る前に、さきほどのWi-Fiネタをひっぱります。

“I really want your Wi-Fi devices off, are they off? Please turn them off if you’ve turned them back on.”(Wi-Fiを切ってくれてる?入れ直した人がいたらもう一度切ってくれ)

ジョブズは真剣に言っています。さらにジョニーとの会話でも、時折わずかながら動きが止まる動画を見ながらひっぱります。でも観客にしてみればもうこれはジョークのセットフレーズになっていますから笑いが起こる。ジョブズにしてみればWiFiの集中利用によるネットワークの問題があることはわかっています。当面FaceTimeはWiFi依存ですので、iPhone 4 の目玉機能のデモで失敗があったら大変です。なので予防線を張った。ユーモアを再利用しつつ。とにかく印象が大事ですから、ネットワーク環境が問題であるということを、ジョークという軽い雰囲気に乗せながらもオーディエンスに確実に意識させる。

危機のあとにかならずそのことを埋め合わせ、それどころかさらに一段押し上げるような展開で切り返してくるのは、アップルの経営を見ていてもしばしば感じることです。Google にAdMobをかっさらわれたときも、すかさずQuattro Wirelessを買収。AdMob買収後、公取がGoogleを監視する事態に陥っただけに、アップルのQuattroの買収はモバイル広告でGoogleに比して不利に見えていたアップルの立場を、逆転するかもしれないというようなところまで押し上げました。

プレゼンにおいてもしかり。危機がおとずれてもその危機を回避し、さらにそのことをネタにしてより印象を深くする。まるで仕込まれているかのような手際のあざやかさ。

でもこんなこともジョブズの天才のゆえ。見習おうとしても見習えるものではないのはわかってます。せいぜい場数を踏んで、少しでも近づけるようにがんばります(笑)。というか「近づく」とか言っている時点でおこがましい? もちろんわかっています(笑)。

先日も松村太郎さんがCarmine Galloの『The Presentation Secrets of Steve Jobs: How to Be Insanely Great in Front of Any Audience』をMac Fanとご自身のサイトで取り上げられていて、わかりやすく解説されていましたが、この本は私はまだ読んでいなかったので、早速注文しました。到着したらしっかり勉強します(笑)。

広告

2 Responses to やっぱりすごいジョブズのプレゼン

  1. ive says:

    Jobsがデモの時メガネ外してた(老眼?)のも可愛かった。

    • zacky1016 says:

      iveさん、コメントありがとうございます。
      眼鏡を外すしぐさ、時々見られますよね(笑)。次回も楽しみです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。