iPhone裸族の矜持

私はiPhone 3GSをケースに入れずに使っています。ケースに入れずにiPhoneを使っている人のことを「iPhone裸族」なんて言う人がいて、ちょっと品が・・・と思いながらも言い得て妙、なんて思ったことを思い出します。

ケースに入れないこだわりを持つ方の意見はいろいろと散見されますし、方や、大切なモノをまもるためにこんな頑強なケース→を用意する人もいます。

私の場合、iPhoneを買った当初は、iPhone自体が放つ美しさにビビってしまい、箱から取り出すやいなや近所の電気屋にケースを買いに行きました。いくつかの種類のケースを試しつつしばらくの間ケース付きで使っていたのですが、そのうちに違和感が出てきました。どんなに薄地のケースに入れたところで、iPhone本来が持つ雰囲気は損なわれてしまう。

買ってから2ヶ月ぐらい経った頃、ケースから取り出しました。ストラップをつける器具をつけようかとも思いましたが、やめました。

以来ずっと裸族です。

案外、傷がつかないものです(笑)。

裸のまま、3回落としました。一度は、体が弾んだ弾みで立った状態のまま胸ポケットの高さから固いタイルの上に落下したのですが、なんと無事でした。運が良かったのだと思います。四隅にはそれなりの傷が入ってしまっているのですが、それ以外はわりと綺麗な状態です。iPodの艶出しステンレスには傷がつきやすいですが、それと比べると遥かに傷が入りにくい。

ものぐさな性格もあるんでしょうけど、基本的に装飾物をほとんど身につけない私としては、裸のiPhoneがいちばんしっくりきます。

それと、何にしろ、製品のデザインって、それに関わったひとが一生懸命考えた結果生まれたものだと思うし、私の場合、モノを買う場合、ここがかなり重要なポイントになりますので、せっかく「コレいいなー」と思って買ったものの形を変えてしまう、ということがしっくりこないことが多いんです。

傷がつく、つかない、ということについては、どれだけ丁寧に使うか、ということにかかわります。

大切なものに傷をつけたくない、という不安は、ケースに入れることで確かに解消される。でも、大切なものだからこそ丁寧に使いたい、という気遣いを持つことで、頭の片隅にiPhoneが常に存在することになるんです。余計な気を回すことが面倒くさい、という方もいらっしゃるとは思うんですが、そういう気遣いに値するのがiPhoneだ、という思いがあります。って3回も落としてるヤツが言うセリフではありませんかね(笑)。どんなに気を遣っても避けられないリスクはありますから、リスクの代償を払う覚悟は必要ですね。

落下テストの3回目でディスプレイが割れたという報告があるiPhone 4ですが、その脅威にもめげず、iPhone 4もケースには入れないつもりです。

広告

5 Responses to iPhone裸族の矜持

  1. coburakuda says:

    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    iPhone裸族とはなんとも。
    私も基本ケースに入れません。
    ちなみに、保護シートも貼りませんw
    iPhone4にも保護シートは適用しないつもりです。
    危険かな・・・とも思いつつも、やはり見た目と質感を大切にしたいので。

    • zacky1016 says:

      coburakudaさん、コメントありがとうございます。
      私も保護シートすら貼っていません。カバーも保護シートも無いことが最初は少々怖くも感じましたが、結構すぐ慣れました(笑)。
      もちろん特別にカスタマイズしたい、という方々の気持ちもわかります。私の場合、持った感じ、薄いことが結構大切だったので、カバーをつけるとどうしてもこの薄さが損なわれますよね。
      そういう意味ではiPhone 4の薄さに大きく期待(笑)です。

      • coburakuda says:

        保護シート無しでの運用を決定はしているものの、実はちょっと不安でした。
        でも、お仲間がいると知り、決心できました(笑)

  2. Grepanman says:

    おおおー
    こんな所にもiPhone裸族の仲間が(笑)
    僕も同じです。
    せっかくAppleのエンジニアが
    薄く作ってくれ、デザインまで考えて
    くれているのにそれを壊すのは
    良くないですよね。

    • zacky1016 says:

      Grepanmanさん、コメントありがとうございます。
      私としては薄さを楽しむことの喜びを3GSで味わっていたので、4はさらに薄くなっているということですから、ぜひその薄さを楽しみたい、と思っています。薄すぎて手で持つと覚束ない、ということなら話は別ですが、たぶんそうはならないでしょうし。
      裸族(笑)を貫きます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。