読む速さがiPadでは本より6%遅いということですが

PC Magazineが面白い調査を紹介しています。

Reading on iPad and Kindle Up to 10 Percent Slower Than Paper and Ink, Study Findsというタイトルの記事によると、「ユーザビリティ」の研究で知られている(そうですが)ニールセン・ノーマン・グループのジェイコブ(ヤコブ)・ニールセン氏が、24人の被験者によるiPad、Kindle 2、紙の本の3つの媒体を使った読解のスピードを調べる実験を行ったとのことです。結果は紙の本が一番速く、それにくらべてiPadが6.2%、Kindle 2が10.7%遅かった、ということです。

スピードに関してニールセン氏は、iPadとKindle 2の間に統計的有意差はなかったとしていて、この数値の差によってどちらを買うべきかという判断材料にはならない、としています。

一方、満足度に関しても同時に調査していて、読書の満足度については7点満点中iPadが5.8、Kindleが5.7、本が5.6で、これも非常に近接しています。ちなみにこの項目におけるPCの満足度は3.6で、やはりPCは読書には向かない、ということは言えるかもしれません。

自由記述アンケートには、iPadは重い、Kindleは動作が鈍い、など予想された意見の他、本のように固定されたページ番号がつかないのがダメ、iPad(この場合はiBooks)はあとどれぐらい残っているかがわかるのががいい、という意見があった、ということです。

さらに”Less predictable comments: Users felt that reading the printed book was more relaxing than using electronic devices. And they felt uncomfortable with the PC because it reminded them of work”(予想しにくかったコメントは、印刷された本を読む方が電子デバイスを使うよりリラックスできる、PCを使うと仕事のことを思い出して落ち着かない、など)という意見があったことをニールセン氏は付け加えています。

ちなみに素材はアーネスト・ヘミングウェイの短編だったそうで(殺し屋、か何かでしょうか)、読み終わる平均時間が17分40秒、読了直後に理解の程度をはかるクイズを行った、とのことです。

記事の内容は以上ですが、私見としては、iPadが本に比べて6%遅いというのは、iPadとKindle 2に有意差が見られなかったのと同じぐらい有意差は無い、と見ています。本の方がリラックスできる、というのも電子書籍デバイスの歴史の浅さが影響していることは間違いないと思います。本質的に紙の方が人間は落ち着く、というヒューマニスティックな印象論は、この際あまり意味が無いでしょう。

もちろん私は紙の本に慣れ親しんで40年ほど生きて来た人間ですので、紙に印刷された本に一種のノスタルジーを感じることはありますし、単純に速読だけを意図する場合は紙の本が便利かもしれない、と思ったりもしますが、ある程度細かい内容を理解しながら読む場合は、媒体の違いはあまり関係ないと感じています。

また違う見方をするなら、紙の本は速読で有利ではあっても、iPad上には無数の文献を置いておくことが出来るという意味ではクロスレファレンスで多大な、というか計り知れないメリットがある。

つまり、iPadでクロスレファレンスやネットブラウジングを利用すれば、読書の深みが非常に増す、ということは、これまですでに私的に行っていることから感じていたことですが、今回の記事から改めて理解できたことです。ただし、読書の目的がしっかりしていないと散漫になる恐れがあるので、私のような気が多い(笑)人間には多大な注意が必要だと思われます。

24人の被験者による実験が持つ意義については今ひとつわからない私ですが、興味深い実験であることは確かですね。もっと詳細な調査結果があれば知りたいところではあります。

4 Responses to 読む速さがiPadでは本より64遅いということですが

  1. yamada より:

    はじめまして。ipadで読書して一番いいよなって思ったことは
    就寝前です。灯りを気にせず電気を消して布団に入りそのまま
    読めることです。布団にもぐってもよめます!
    これから読みたい本が電子化されていればそちらを優先して購入
    すると思いますが生活の中でラフに読むにはまだ紙の本がよさそうですね。

    • zacky1016 より:

      yamada さん、コメントありがとうございました。
      やはり重さがありますので、電車で立って読む、というような使い方よりは寝る前にベッドで、という方が現実的ですよね。
      欧米では間接照明が多いですので、デバイスの光だけで読めるというのは非常に便利ですから、特に就寝前の読書デバイスとしては日本よりは遥かにニーズが高いと思われます。
      文化が違えば使用する状況や方法もかわりますものね。
      紙の本は、私は好きです。電子書籍が増えてきても、紙の本はなくならないと思います。

  2. ピンバック: Top Posts — WordPress.com

  3. ピンバック: BOSE QuietComfort 3が不調 @ttachi’s Clip 2010年7月13日版 [Links and News] | No Second Life

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。