スコット・フォーストールが2011年の顔になるか

先日、Forbesの “The Name You Need to Know in 2011” という企画にリマインドされ、世界で初めての本格的なiPad教育についての記事を書きました。Forbesのこの企画は、2011年の1月に同名の特集を組むために読者の意見を募る、というものらしいのですが、ここにきて、Appleのソフトウェア部門上級副社長のScott Forstallの名前があがってきました

記事にはこうあります。

******

先日のアップルの決算発表の際、ジョブズはアップルを “software driven company”(ソフトウェアによって導かれている会社)だと述べた。一番早いペースで売れているデバイスに入っているのは? iOSだ。また先月のイベントでは、iOSから発想されたアイデアがデスクトップに再利用されたことも我々は知った。続く数年間は、アップルの新製品でソフトウェアが中心的役割を果たすと言っても間違いないであろう。

だから、スコット・フォーストールに注目だ。彼はジョブズと一緒にNeXTからアップルにやってきて、いまや1億台のiPhones、iPad、iPodを動かしているiOSプロジェクトを率いている。また彼はアップルという会社を救うことになるOS Xアーキテクチャの設計に当初から関わっている。

******

ここはひとつわれわれの力で、スコットを来年のForbesの顔に、というのはどうでしょう。

One Response to スコット・フォーストールが2011年の顔になるか

  1. ピンバック: Tweets that mention スコット・フォーストールが2011年の顔になるか « 田園 Mac 〜Mac Pastorale〜 -- Topsy.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。