ジョブズがIT業界を”セクシー”にする

フィラデルフィアから帰国して、今成田で国内線の乗継便を待っています。

年に1度か多くて2度ぐらいなのでそんなに頻繁ではありませんが、海外に行くときは当然モバイル環境を持参し、その利便性を実感するようにつとめているzackyです。IT環境は時々刻々進化していますので、行くたびに作業がしやすくなっていると感じるのは当たり前といえば当たり前ですが、今回の旅ではかなり大きな変化を感じました。

ひとつは、私自身が持参した環境の大きな変化。MacBook Air 13″の機動力は、やはりすごいです。本ブログでも何度も言っていますが、まずはバッテリの持ちが「ケタ外れ」と言っていいくらいにいい。ディスプレイを開いた瞬間に作業が始められるので、インスピレーションが損なわれない。動作にストレスを微塵も感じない。(私は、ディスプレイは大きいほうがいいという持論の持ち主なので)13インチのディスプレイ上で、いろいろな作業を全く不満なく、エコノミークラスの座席のような狭い空間でも、とても快適にこなすことができます。特に、視力がきつくなってきた私にとっては、13インチで解像度1440X900というバランスが、情報量と視力の点でちょうどいい。HyperMacも持参してきましたが、動画視聴や編集の時間が長くない限りは、必要ない、と感じるほどでした。すなわち、私が必要とする道具としては、ほぼ完璧なものを手にした感覚があります。

そしてもうひとつが、パーソナルコンピューティングをサポートする、現地アメリカでの環境の変化です。

短期旅行者として一番問題なのがWiFI環境の確保だと思うのですが、今回のフィラデルフィアの旅で気づいたのは、スターバックスやマクドナルドでAT&TのWiFiが無料かつ無制限で「誰でも」使えるようになっていたことです。スタバではこれまでにもプリペイドカード’購入で2時間無料という旅行者には便利な制度はありましたが、その制限さえもとっぱらわれたわけで、市街地限定にはなりますが、スタバのコーヒーが好きな私には(地域差はありますが日本の半額以下のところも多いですし)、アメリカ旅行中に通信環境に困ることがまずなくなったと言っていい状態になったわけで、これは非常にうれしいことでした。個別の無料サービスもあるとは思うのですが探すのは結構大変です。「これさえあれば」というオプションがあるだけで、どれほど心に余裕ができるかわかりません。スカイプで安価に通話もできます。もちろんFaceTimeも。ホテルでWiFiが利用できれば、国内にいるときとさほど変わらない作業環境が整います。

実に魅力的です。

なんというか、こういう環境があると、アメリカに行きたくなります(笑)。というのは極端としても、旅行者にもやさしい環境の整備というのは、結構大切なのではないかな、と思います。

思うに、これからの時代、旅行者が「魅力的」だと思えるようなIT環境の整備の如何がその国の観光産業の行く末を左右するような気がします。だからこそ、旅行者も含めてマジョリティーから見て透明性の高い、理解のしやすいサービスの提供がますます必要になるのではないかな、と思います。結局、人が集まってナンボの経済なのですから。分かりにくい料金体系よりは、シンプルな料金体系。通信業者とその関連業者だけの利益を考えるのではなく、シンプルなインフラを整備して流動性を高めることで、結果として社会全体が潤うようなシステムを整備する。リスクマネジメントも大変でしょうが、それは、確かな未来を築くための対価でしょう。一刻も早く情報の流動性が担保されることで、日本の未来を担う真の才能が育つ可能性も生まれる。そんな気がしてなりません。素人ですが、素人だからできる発想というのもあると思います。

イギリスComputingの “Jobs and Zuckerberg are making IT ‘sexy’” という記事が興味深いです。CWJobs(IT人材派遣会社のようです)が5500人のIT従事者に対して行った調査によると、そのほぼ半数が、IT業界は5年前よりもより魅力的な業界になっている、と答えているとしています。業界の半数が、自らの仕事を「魅力的」であると感じる、というのは、業界の規模を考えるとかなりのものではないかな、と思います。

そしてさらに、業界を魅力的なものにした要因として40%の人がiPadを挙げていて、Facebookのマーク・ザッカーバーグとともに、Appleのスティーブ・ジョブズを「ITの世界を魅力的(セクシー)にした人物」だとしています。CWJobsのRichard Nottは、ジョブズが現代のトーマス・エジソンである、とまで言っています。数度の大病を乗り越えたにもかかわらず、あんなにも若々しい佇まいで、きらきらと目を輝かせながら基調講演で語るジョブズ。文字通り若い才能を、いっときも休むことなく爆発させ続けるザッカーバーグ。

つまり、記事では、こうした人物たちが業界を魅力的にしてくれたおかげで、若い才能がそこに集まるようになっている、と言っているわけです。

日本の若い才能は、今、どこに集まっているんだろう。

洋行帰りの途上なだけに少し大風呂敷ひろげて、気持ちだけプチ龍馬な感じで、明るい日本の未来はどんなだろう、と、大きなビジョンを描く努力をしてみるオッサンなzackyでした。

広告

One Response to ジョブズがIT業界を”セクシー”にする

  1. ピンバック: Tweets that mention ジョブズがIT業界を”セクシー”にする « 田園 Mac 〜Mac Pastorale〜 -- Topsy.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。