IS03などを横目にAppleの統合化思想を再考してみる

最近、iPhone、iPad、MacBook Air 13インチ、MacBook Pro 17インチの4つをTPOにより使い分けています。App StoreがあるのでiPhoneとiPadは完全に互換的な環境が作れていますし、現在でもiPhoneやiPadとMacBookの連携はシームレスと言っても問題ないですが、まもなくMacにもApp Storeがやってくるわけで、さらに利便性が上がりそうな予感です。

私の場合、情報を閲覧(入手)し、少しの(ときには多くの)インスピレーションを交えてその情報を編集する、という作業を日常的に行なっています。インスピレーションの比率が高くなるとき(そうした時に限って気分が乗らなかったりするのですが)ハードやソフトの操作系のことで面倒なことが起こると、途端に作業効率が落ちます。アップル製品を使う前はこれが問題になっていたのですが、環境を完全にアップル製品にシフトしてからは、非常に生産性が上がりました。何を隠そうこのブログ自体がそのことの証明になっています。過去一年間にこのブログで書いた文章の量を見ると、自分で驚いちゃいます。仕事にその熱意を回せ、と(笑)。そういう意味で少し反省していたりして、最近すでにそうなっていますが、少しブログ更新のペースが落ちそうな予感はしています。でもそうならないように頑張りたいとも思っています。

それは置いといて。

日常の作業は時に非常に骨が折れます。実際のところ、私がアップル製品を使う理由は、①こうした日常の作業をいちばん「楽に」させてくれるからにほかなりません。そこに②UXのよろこびやデザインの素晴らしさといったおまけがついてくるわけです。(でも①と②の順番は、逆になるときもありますし、それがアップル製品の魅力でもあります)

日本で最初にiPhone 3Gが登場して2年半、IS03やGalaxyなどの魅力的なデバイスが出始めています。これは素晴らしいことだと思います。もちろん覚えておくべきなのは、同業各社が現在提示しているこれらデバイスの設計思想の基本的なところはiPhoneのそれに非常によく似ていること。リチャード・ドーキンスではありませんが、モバイルデバイスのエコシステムにおいてはiPhoneはいわば「ミームだまり」のようなものなのかな、と思います。つまり、優れているがゆえに、その技術が全体として発展的に生き延びていく。ジョブズがiPhoneで初めて示したマルチタッチディスプレイを持ったオールラウンドなモバイルデバイス、という基本思想は、アップル製品「以外」の製品にも受け継がれていっているわけです。

iPhone登場からすでに3年半、本当に競争力のある製品が出てきて「しかるべき」ですし、昨今の技術の進歩のスピードを考えるとこれまでにそうした製品が出てこなかったことがむしろAppleの先進性を証明する状況だと言えるわけで、これはあらためてやっぱり大したものだな、と思ったりします。

個別の製品の競争力が拮抗してきたとして、すっかりAppleに転向した私ですが、じゃあ文系のモバイル横好きの私が、他のちょっといいかもしれない製品に飛びつけるのか。

それはやはり難しいなあ、と考えます。

例のオープンかクローズドかの議論について、前回のAppleの決算報告でジョブズが次のように言っていたことを思い出します。

In reality, we think the open versus closed argument is just a smokescreen to try and hide the real issue, which is, “What’s best for the customer – fragmented versus integrated?” We think Android is very, very fragmented, and becoming more fragmented by the day. And as you know, Apple strives for the integrated model so that the user isn’t forced to be the systems integrator. We see tremendous value at having Apple, rather than our users, be the systems integrator. We think this a huge strength of our approach compared to Google’s: when selling the users who want their devices to just work, we believe that integrated will trump fragmented every time.

(実のところ、オープン対クローズドの議論は、本当の問題を見えにくくするための単なる煙幕にすぎない、とわれわれは考えます。本当は「消費者にとっては、断片化(分裂化)と統合化の対立のなかで、何がベストなものなのか」が問題なのです。われわれは、アンドロイドは極めて断片化されているものだと考えています。日を追うごとにどんどん分裂している。対して、アップルは統合化モデルを追求することに努めていますが、このときユーザーにシステムを統合することを強いることはありません。われわれは、ユーザーではなく、アップルという会社がシステムインテグレーターになることに価値を見出します。このことが、Googleなどと比してわれわれのアプローチは非常に強力であると考える理由です。ただ「使えるデバイス」が欲しいと考えるユーザーに対して売る場合、統合モデルが断片化モデルに常に勝つと、われわれは信じています)

And we also think that our developers could be more innovative if they can target a singular platform, rather than a hundred variants. They can put their time into innovative new features, rather than testing on hundreds of different handsets. So we are very committed to the integrated approach, no matter how many times Google tries to characterize it as “closed.”

(そしてデベロパーは、たくさんの変種がある環境よりひとつのプラットフォームを利用することが前提になることでより革新的な仕事ができると考えています。何百もの異なるデバイスをテストすることなく、製品そのものをいいものに仕上げることに時間を注ぐことができる。だからこそ、Googleがこうした状況を「クローズド」だとしてなんども批判しようとも、われわれは統合化アプローチに心血を注いでいるのです)

これを読むと、私はまさにジョブズが想定する消費者のひとりだ、と思います。

私は現在ではアップル信者ですが、それは、アップルが私の生活を極めて充実させてくれる環境を与えてくれてこそなんです。以前はテクノロジーの勉強もしておいたほうがいいと思って言語を少しかじろうとしたこともありましたが、そもそも素人です。時間もなければ才能もない。そんな人間が生半可に足を踏み入れられるものではない。ならば、信頼に値するメーカーの製品を使い、消費者としてものを言うほうが懸命だ、と考え方を変えました。

結果、アップルの統合化された環境の中で、極めて生産的な生活を送ることができています。

モバイル好きな私の一部分は、もちろん新しいデバイスに関心があります。ひょっとしたら試してみることぐらいはするかもしれませんが、結局のところ少し機能が拮抗してきたからといって、アップルが提示している統合的で効率的な環境を捨てることは、今のところ考えられません。

結局は、自分が一番大事だ、ということなんですけど(笑)。でも、そういうわがままな感じの私の要求に答えているのが、まさにAppleという会社の製品なんですよね。

近い将来にしんどい仕事があるときは、その先の楽しい予定のことを思いながら、その場をしのぐ(笑)。たぶん誰でもやっていることだと思いますが。

Appleの戦略って、これですよね。新しいOS X、AppStore for Mac、新しいiPad(?)、さらにはクラウドサービスなどなど、ユーザーの気持ちをわくわくさせるような可能性を常に用意して、たまに裏切るかもしれませんが、大体は当ててくる。最近は打率が高すぎて、嬉しいことであると同時に、こちらの懐事情も大変です(笑)。とはいえ、私の場合も、iPhoneとMacBook Airの組み合わせだけでも事実上事足りている気がします。iPadとProはいわば贅沢です。おかーちゃんごめんなさい。

広告

7 Responses to IS03などを横目にAppleの統合化思想を再考してみる

  1. ピンバック: Tweets that mention IS03などを横目にAppleの統合化思想を再考してみる « 田園 Mac 〜Mac Pastorale〜 -- Topsy.com

  2. syutaku says:

    いやぁ、まさにそのとおりでございます!
    あ、はじめまして。
    東京に住むサラリーマン、syutakuと申します。
    その昔、Macintosh IIviという“みにくいあひるの子”のような(でも白鳥には絶対になれない)マシンやPowerBook160などの頃からのユーザ(途中VAIOに浮気あり)です。

    アンドロイドケータイの「仕様につきアップデートしません」など、ジョブズが言うところの断片化の結果でしょう。
    ま、アップルもたまに旧モデル対応をしないで置いていってしまうこともありますが、それでも下位互換を考えないMSなどと比べたら雲泥の差。

    昔(今でも?)、メーカーによってWindowsの性格が異なっていた(挙動が少しずつ違う)状況がありましたが(例えばソニーやNECなど最たるもの)、今のアンドロイドが同じような状況なのではないでしょうか。

    と勝手に想像してます。

    • zacky1016 says:

      syutakuさん、コメントありがとうございます。
      断片化によってそれぞれの企業がそれぞれのユーザーを取り込んで囲い込めるというメリットはある、というのはわかるんですが、そのあざとさが見え見えで、できるなら避けたい、と思っているユーザーもいると思うんです。Windowsの場合、メーカーの独自性を出そうとするとどうしても付加価値は必要ですから、あざとさを無くそうとしても、限界がある。気にならないユーザーは、問題ないんですけどね。付加価値を親切なものに感じるユーザーもいるでしょうし。Androidも同じことなんでしょう。
      アップルはそういうことからユーザーを開放し、作業に集中させてくれる環境を与えてくれていると思います(笑)。

  3. isaac says:

    1991年に最初のMac LCを購入して以来、計算するのも恐ろしい投資をしてきましたが、今の仕事を続けていられるのも、Mac有っての事なので、一切後悔はしておりません。

    でも、iPod, iPhone, iPadと、これだけ当ててもなかなかMacのシェアが伸びないのは、なんででしょう? 個人的には、私(と家族)が楽をできれば、他の方が相変わらずWinで苦労されていても、知ったこっちゃないのですが(笑
    思うに、Win使いの方は、例えMacで簡単に、楽しくなることがうすうす分かっていても、会社で苦労して覚えた事が無駄になってしまうのを恐れているのではないでしょうか? (所謂sank cost)

    我が家の場合は、娘は物心ついてからMac一筋なのですが、何故かWindows PCの高校・大学の授業は試験だけ受けて免除されてました。(今週MBA買ったと報告ありました。お金送ってやらなくちゃ。) 嫁も仕事のほとんどをMacに依存していたので、「Windows ? MS ? なにそれ? 顔を洗って出直しておいで!!」ってなもので、おかーちゃんゴメンナサイは必要ないです。

    • zacky1016 says:

      そうですね。私も自分だけがよければ基本いいんですが(笑)。でも、いいものは伝えて共有したい、という気持ちもあるので、ブログを書いていたりします。
      情報とかコンピュターのリテラシーによってMacへのスイッチが阻害されている可能性は十分ありますね。でも、シェアはiPadを含めればかなり大きくなってきているし、来年早々あたりに出る統計では、MacBook Airの影響がどれほどのものかもわかりますから、期待できるのでは?
      仕事場ではどうしてもWin機を開くこともあるのですが、最近は電源を入れる作業すら億劫になるという(笑)。

  4. Josef says:

    何時も拝見しています。私も Color classic、LC III 、Powerbook 150 の後、「会社」では Windows machine を使い続け、退役間際になって、iMac 、iPad を併用し始めました。Apple 製品のいいところは、機能が単純化されていて、あれこれ迷う必要が無い点でしょうか。殆どのソフトの UI が統一されていて、manual を読んだ試しがありません(笑)。

    • zacky1016 says:

      Josefさん、コメントありがとうございます。
      単純化を「判断停止」と見る方もいらっしゃるようなのですが、私にとっては、判断停止どころか、思考力を無限大(笑)に広げる重要な要素だと思います。おっしゃるとおりマニュアルに頼るような時間を省いたり、そのほか、目の前の作業に集中できる環境があるわけですものね。優れたUIがいかに重要かがわかります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。