2011年にSandy BridgeをMacBookラインに投入か

Apple to tap Intel’s graphics for future MacBooks“という記事でCNETが伝えるところでは、2011年に発売するMacBookシリーズにはNVIDIAは採用せず、Sandy Bridgeを搭載することをアップルが決定した、とのことです。

来年1月6日から行われるCESでインテルが発表する予定の最新プロセッサ、Sandy Bridgeですが、グラフィック機能の強化が見込まれるということで、13インチ以下MacBookシリーズに(今のところ)採用を決めた、とのことです。MacBook ProラインにはAMDのチップセットを採用するとのことで、NVIDIAについては現在のところ先行きが不透明な様子。

Sandy Bridgeはメインプロセッサにグラフィックスチップが直接接合された初めてのGPU統合型CPUで、インテルにとっては分岐点となる可能性も秘めた製品です。

Insight64のNathan Brookwoodは、13インチクラスの以下のサイズの製品にGPUを配置する余裕がないことを考えると、機能をアップさせるにはSandy Bridgeといった統合型のCPUに依存せざるをえない、とアップルが判断した可能性があること、もし採用されればこれまでの約2倍のパフォーマンスが期待できること、などを指摘しています。

広告

One Response to 2011年にSandy BridgeをMacBookラインに投入か

  1. ピンバック: Tweets that mention 2011年にSandy BridgeをMacBookラインに投入か « 田園 Mac 〜Mac Pastorale〜 -- Topsy.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。