ワインリストはiPadで

iPadがあると、いつもより多めにワインを飲みたくなるかもしれません。

テクノロジー専門ではもちろん全然ないですが最近やたらガジェット(特にアップル)がらみの記事を見かける気がする Toronto Star のToronto restaurants adopt iPads for wine lists, menusという記事からです。

カナダ、トロントの中心部にありますメイプルリーフ・スクエアに店を構えるオシャレなレストランラウンジ E11even が、ワインリストとメニュー閲覧用に40台のiPadを導入しました。ソムリエのひとりジョナサンさんは「サービスをするときに、会話のいいきっかけになるんです。年配のお客さんが嫌がるんじゃないかと心配しましたが、逆に彼らがいちばん気に入っていますね。簡単に、楽しく使えるテクノロジーがあるとわかって、喜んでいますよ。薄暗い明かりでも、バックライトのきれいな画面で、とても見やすいんですよね」と語ります。

E11evenは、ワインリストをiPadで提供しているニューヨークの Incentient によるサービスをカナダではじめて採用したレストランだそうですが、今年4月にこのサービスを採用して以来、売上が非常に伸びたということです。ジョナサンさん曰く、「多くのお客さんに、ラベルのデザインを写真で見て覚えてもらえるようになりました」とのことです。この店では現在600種類ものワインを提供しているとのことですが、たしかに、ボトルやラベルの写真はもちろん、ワインの出自や歴史、ソムリエのコメントなどなど、通常のワインリストには紙面の都合で載せられない情報でもiPadなら手軽に見ることができますよね。

一方、同じくトロント市内で2軒の 7Numbers というレストランを経営するヴィトーさんは、アメリカでのiPad発売時にアップルストアに並んでiPadを2台購入し、その後10台のiPadをお店に導入した、とのことです。「こういうことは最初に自分たちで試してから導入したいんです。いろいろとシンプルにできる、と思いましたよ」と、こちらは独自のやりかたで60種類のワインリストをiPadで提供しているとのことです。「ボトルの写真に惹かれて注文されるお客さんも多くいらっしゃるんですよ。あるお客さんは、休暇で過ごしたときにその島で飲んだワインだとわかって、いつもはワインは飲まないのに55ドルのワインをお飲みになりましたよ」とのことです。

他にもいくつか、iPadを導入しているお店の例が紹介されています。

最近、無骨なタブレットデバイスで注文をとったりするお店もちらほら見かけますが、iPadはやはりどちらかというと、ワインリストなんかをながめるようなオシャレなレストランに似合うかな、という気がしますね。

私自身はそもそも高級なレストランでワインなぞたしなんだことなどない無骨な輩です。E11evenのような場所でiPadでワインリストを眺めながらワインを注文し、グラス片手にオシャレな会話をゴージャスに楽しむ。うーん。いいですなぁ。来年は頑張って、肉体とファッションと頭脳をおしゃれに改造してみるか。(無理だって)

6 Responses to ワインリストはiPadで

  1. Josef より:

    この手のサービスがホテルでも普及すると私の様な aged engine には便利かも知れません。
    以前、ボストン郊外のホテルに滞在した時、夕食の選択で散々苦労しました。渡されたメニューには「… 風 … 料理 … 添え」などと文字の羅列です。なのでどんな料理だか全然解りません。最初の2週間は同僚と「メニューの上から順に」違うものを注文して実物確認しました。iPad の 外観写真や解説付きメニューが使えるとこんな苦労はしなかったのですが。当時も Palm IIIxe を使っっていましたが、使い方を知らなかっただけかも知れませんが、矢張り力不足だったようです。

    • zacky1016 より:

      Josefさん、いつもコメントありがとうございます。
      レストランでiPadのような端末でインタラクティブに情報にアクセスできると、メニュ=言葉の理解にかかわらず料理をより楽しむことができるでしょうね。記事を書いた後調べてみたら、日本でもすでに同様のサービスをしているところもありますね。
      それにしても、10年前はといえば私はLibrettoを買ってモバイルに足を踏み入れた頃です。PalmなどのPDA(そういえばこの用語自体が懐かしい)を使っている方がカッコよすぎてすごく眩しく見えていました。

  2. 武重志明 より:

    これはいいですね。
    ワインに限らず、日本酒なんかでもいいかも。
    ボトルの写真とちょっとしたマメ知識があると面白いですよね。

    しかも、雑誌などと連動し、雑誌の批評などが随時アップデートされて、いくたびに
    批評が違ったりすると凄く面白い。

    • zacky1016 より:

      武重さま、コメントありがとうございます。
      そうですよね。インタラクティブなコンテンツはiPadの強みですよね。お店で導入するケースが増えてきそうな予感。

  3. より:

    (連続投稿スミマセン)
    日本でもこんな記事がありますよ。
    http://ascii.jp/elem/000/000/577/577906/

    • zacky1016 より:

      記事のようなサービスもあれば、店独自で開発もできる。
      そういえばもうかれこれ10年以上前、前の勤務地で何度か訪れたワインバーのマスターがFileMakerでワインのデータベースをつくっていたのを思い出しました。ワインと最新のテクノロジーって、結構むすびつくのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。