2010年だからiPad

先日、iPadをいじりながら地上波テレビ局で放送されていたマイケル・ジャクソンの This Is It を見ていたとき、リハーサルに励むマイケルの声がなぜか『2001年宇宙の旅』のHALの声に聞こえてしまって、今年はじめに本ブログで書いた、『2001年』がらみの記事を思い出しました。コレとかコレです。

すると、その日の朝に読んでいたNew York TimesのNick Biltonによる Year of the Tablet, or the Year of the iPad? という記事も思い出し、私的には、どう考えても “The Year of the iPad” だろう、と思いました。Walt Mossbergも2010年のベスト製品にiPadをピックアップしています

最近ではタグもつけずに書きっぱなし、ということが多かったので、マイケルの声は以前書いたものを読み直すいいきっかけになりました。アーサー・C・クラークやらマーシャル・マクルーハンやら、すごい名前が出てきてるなぁと思いつつ、書いた内容を読み返しました。手前味噌ですが、引用します。

以前「クレイジーな人たち」のことをブログで取り上げたとき、マーシャル・マクルーハンの「挑戦と崩壊—創造性のネメシス」というエッセイについて少し書いたのですが、このエッセイでマクルーハンは上のウィンダム・ルイスの言葉を引用し、人類が生きのびるためには、新しいテクノロジーの意地の悪い一撃をかわし、完全に自覚した上でそうした暴力から回避することができる芸術家の能力が必要である、と主張しています。

考えてみれば、映画の原作者であるアーサー・C・クラークは、「アポロ計画が推進できたのはあなたのおかげだ」と国からお礼を言われているくらいの人ですし。ある芸術家の未来的ビジョンがテクノロジー発展の駆動力になるということは、普遍的なことなのかもしれません。ただこの場合、偉大な芸術家が描いた未来の歴史に従って「テクノロジー」が作られている、ということになるわけです。で、そのテクノロジーは「意地が悪い」(笑)のか、と。(略)

マクルーハン→クラーク→ジョブズというラインを意識しながらiPadを使うとき、iPadは決して「意地の悪い」テクノロジーにはならない。どんなに言われようと、一定の方向性が読み取れる潜在性を与えるというのは、作り手としての「責任」で、ジョブズはそれを自覚し全うしている。と、私は考えています。

iPadが登場し、「クレイジー」になったのは(私自身はその筆頭ですが)世間のほうだよなぁ、などと、いまや「タブレット戦争」なんて言われるような様相を呈している家電業界のありさまをながめながら考えたりしています。iPadの功績は特に、これまでニッチもニッチ、ほとんど無理だとされてきたタブレットデバイスの市場を、存在すら知られていなかった巨大油田を掘り当てたかのごとく開拓したという点でも、非常に大きいわけです。

ただ、エポックメイキングなものが登場すると、当初はその「モノ」に込められていたイメージとか比喩は、その後登場するあまたあるコピーによって当然薄められてくるわけです。私もすでに忘れかけていました。iPadは未来を具現化したものである、そしてiPadを通して見ることのできる未来がわれわれにはある、ということを。

スティーブ・ジョブズが『1984』にMacintoshを、『2001』年にiPodを、そして『2010年』にiPadを登場させたことに、意味がないはずがない。『1984』や『2001年』、『2010年』の宇宙の旅で見た未来を、ジョブズは現実のものにしたんです。そして、それらのものを通して、われわれが見る未来をも、彼はわれわれに与えている。

もちろん、日本人の体格にはGalaxy Tabのほうが合っているとか、いろいろあると思いますし、ジョブズの「出さない」にもかかわらず早晩アップルも7インチを出してくる可能性も大ですし、多様なタブレットが出てくることで選択肢が増える事自体はいいことだと本気で思っています。ただ、今思えば技術的にはもっと早い時期に出せたのではないかと思われるiPadが2010年に登場し、世界を変えてしまったことの「意味」は忘れてはならないんじゃないかな、と思います。

6 Responses to 2010年だからiPad

  1. ピンバック: Tweets that mention 2010年だからiPad: -- Topsy.com

  2. ピンバック: 2010 年に iPad を登場させたことに 意味がないはずがない « maclalala:link

  3. ピンバック: 2010 年に iPad を登場させたことに意味がないはずがない « maclalala:link

  4. ピンバック: Top Posts — WordPress.com

  5. Josef より:

    私も一時期、Palm や CLIE に嵌っていましたが、今から思うと PDA のジャンルは Newton (Message Pad) から始まっていて、Newtonの失敗(?) を学んで、Palm や CLIE が現れた様です。iPad は、Newton – Palm – CLIE の流れから、改めてそれらの足りないものを埋めて、Jobs 氏が満を持して再登場させた様に思えてなりません。その意味では、Newtonの現れた 1993 年も記憶すべき年なのかも知れません。

    追伸:数多くの有益な記事を読ませて頂き有り難うございました。Happy New Year !

    • zacky1016 より:

      Josefさん、コメントありがとうございます。
      機が熟すのを待つ、というのは、大切なんですね。ジョブズ氏の手法には大きな感銘を受けています。ふつうの人が真似をできるものではないのでしょうけれど。中身のない私には、とにかく中身を出し切るだけで精一杯で、熟すまで待つなんてとんでもない(笑) 
      励ましのお言葉をいただき、ありがとうございます。来年も、有益な記事が書けるように、がんばってみます。良いお年をお迎えください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。