「クレイジーな人たちがいる」で泣く。

くどいですが、アップル信者歴まだ1ヶ月と10日ぐらいのzackyです。

タブレット(もしくはそれに類する)であろうと思われるアップルの新製品について “muse” する気分を前回のエントリでとりあげた記事ですっかりそがれてしまったのですが、なんだかなー、という気分で少しウェブブラウズしていたとき、なつかしい “Think Different” CMにたどり着きました。

「クレイジー」っていうコトバをCMにのっけるって、やはりハンパではないな、と今になって思います。

このCMを見て思い出したのが、マーシャル・マクルーハン。

マクルーハンは「挑戦と崩壊—創造性のネメシス」というエッセイで、「芸術家は未来の歴史を詳細に書くことに常に関わっている、なぜなら芸術家だけが現在というものの性質に気づいているからだ」というウィンダム・ルイスの言葉を引用して、人類が生きのびるためには、新しいテクノロジーの意地の悪い一撃をかわし、完全に自覚した上でそうした暴力から回避することができる芸術家の能力が必要である、と述べています。

今思うと、私が最終的にMacを選んだことの理由のひとつが、Macを最初に起動させてはじめに目にするディスプレイ上の画面に広告用のアイコンがひとつも並んでいないことです。Windows OSを積んだパソコンの殆どはいろいろなしがらみに塗れていて、私の場合、かつてWindows PCを使いはじめるときにはまずはそのしがらみを削ぎ落とすことから始めていました。

「テクノロジーの意地の悪い一撃」の比喩のひとつが、そういう業界のしがらみ、っていうのは言い過ぎでしょうか。そういう業界のしがらみで生計を立てている方々にはおそらくこの比喩は許しがたいものになるかもしれません。でも、世の中の流れに取り残されまいと、必死の思いでパソコンを買おうと量販店に出向いてどのパソコンが良いのかを店員に聞き、勧められて買ったパソコンを家に持ち帰ると、わけのわからないアイコンがディスプレイの上に並んでいる。削除していいかどうかもわからず這々の体でサポートに電話し、結局はそういった特定の方々への利益誘導サービスに対してさらに幾許かのお金を支払う。

これは、意地悪なことでは、ないですか?

少なくとも今のアップル製品は、そうしたこととは無縁だと、私は思っています。PCとは同じ土俵上に存在するプロダクツですが、ビジネスのあり方としては、明らかに隔絶した何かがある、と思っています。それってアップルの独占?という意見もあると思いますが、これについてはかなり難しい議論になります。今はこの問題は開かない。

アップルが完全にクリーンだなんて、これっぽっちも思っていません。でも、自分が支払う対価としてふさわしいものを、アップルの製品からは受け取っていると思っています。私はサポートを利用したことはほどんどありませんが、Genius Barは、そうした理念の現れだと思います。どうせお金を使うなら消費者のためにこういう使い方をしてほしい。ここでまたGenius Barなんてダメだ、という意見も出てくると思いますが、コンシューマ向け製品を作る企業の態度としては、至極当然のことであるはずだ、と思っています。

なーるほど。私はクレイジーなんでしょう。「世間の常識」からすれば。

でも、そういう世界ならば、私はクレイジーであり続けたい。というか、クレイジーな人が生み出すものを、敢えて愛でてみたい(泣)。悲しいんじゃないです。そういう必然で、出会うべくして僕はMacに出会ったと。運命を感じた涙です。うっ・・・。

1月27日、クレイジーなもの、待ってますよ。ジョブズさん。

2009年総括+アップルのタブレットに望むもの

2009年、大晦日です。

2009年、私のブログ&ツイッター元年。そして、アップル信者宣言。

偶然にも、私の人生の転機とかさなることとなりました。これも、ブログやツイッターを通じて出会った方々のチカラによるものかもしれないと思います。2010年もがんばりますっ。

ところで出るのかどうかで話題騒然のアップルのタブレットですが、タブレット機については、MacBook Airに出会う前、ThinkPad X61、LOOX-P、LOOX-Uといくつか試しました。電磁誘導式にしろ感圧式にしろ、ディスプレイをスタイラスなり指なりでタッチできる、というのは確かに便利ではありますが、これが「自然な」ヒューマンインターフェースなのか、と問うときに、疑問符がつきました。

アップルがタブレットをもし出すならばですよ、このあたりの問題を完全にクリアしておいていただきたい。

われわれにはすでにiPhoneがあります。究極の”なめらかな”操作性を、このすばらしいモバイルデバイスはすでに実現しています。タブレットが出るならば、少なくともiPhoneと同等かそれ以上の操作性を備えていることを期待するのは、ユーザーとしては当然のことでしょう。そしてそのような操作性を備えたiPhoneより大きいマシンが登場するなら、これによって何ができるのか、という、誰が見ても納得する提案がされることでしょう。こうした要望に沿わないタブレットなら、要らない。

信者宣言したばっかりの私が偉そうに言っていますが、信者だからこそアップルに対する要求も厳しくなるのかな、と思います。

というわけで今年最後のエントリは、アップルに対する要望を以て締めます。

でも、先日相互リンクいただいたApple-Styleさんがイメージされてるマシンのようなものが実際に出てきたら、即ポチかもしれません。やっぱりフェチかも(笑)

MacWorld Expo 2010、行きたい!

来年の2月に、ニューヨークでとあるミュージシャンにインタビューすることになりました。

で、できることなら東から西へ飛び(あるいはその逆)MacWorld ExpoでのDavid Pogue(11日)とLeo Laporte(12日)によるメイン講演を聴きたい、と思っていて、スケジュール調整中です。

今年からMacWolrd ExpoにはAppleは参加しませんが、それでもエキサイティングなイベントであることには間違いないわけで、先日アップル信者宣言をした(この形容、いいかげんクドイのでこれで最後にしますが)私としては、行けるかどうかが最初の試練みたいに勝手に思ってます。

(注:いきなりハードルを最上段まで上げてみてます。スケジュール上、行けない可能性97%です。でも、がんばってみます。結果をお楽しみに。)

<本日のマカー度>やめます

つい最近、<本日のマカー度>を日々、記していく、と言ったばかりですが、早々にアップル信者宣言を高らかにしてしまいましたので、<マカー度>という指標を示すことに意味が無くなりました。ので、本日からは<本日の1曲>だけを記すことにします。

あとブログの副題も気づかれないうちに変えております。

今後とも、よろしくお願いします。

もちろん信者になったからと言って、Windowsをまったく使わないということはないので、特にアップルがらみで気になることがあるときなどは書いていきます。

<本日の一曲:ヴェラー+ロイヤルフィルハーモニー/ブラームス『ハンガリー舞曲集』> たまたま手に取りました。テンションあがります。

あらためて、Mac、好きです(本気)

1ヶ月ほど前にVAIO Type Pを購入しました。

私のWindowsのモバイルテキスト入力マシンの探究は、このType Pによって決する、と最初から踏んでいました。私にとってのいわば最後の砦でした。ところが、ここ数日使っていません。数台持っていて一台を数日使わない、ということは珍しくないです。ただ今回については、私のType Pに対する気持ちに、ひとつの区切りがついてしまったようです。

仕事柄、とにかく文字入力することが多い身としては、いかに効率的に作業が出来るか、ということが最も重要なわけです。確かにType Pは、「どこに行く時にでも持ち出すことをためらわないマシン」ではあります。ただ、持ち出した先で、本当に効率的に仕事が進められる機種なのか、といえば、やはり残念ながらそうではありません。

Type Pは間違いなく素晴らしマシンです。ただ、私のこだわる用途にには合わないだけだ、ということは念のため申しておきます。

私の理想のモバイルマシン探しの旅もそろそろ終わりなのかもしれません。

結局のところ、MacBook Airなんです。

重量がほぼ同程度のVAIO Type Zは、私がWindows使いであり続けていたならば、間違いなくメインのモバイルとして使っていたことでしょう。しかし、私がType Zと出会ったのは、MacBook Airの魅力にとりつかれてしまったあとでした。

最後の最後まで、一生懸命、私なりに考えました。

今宣言いたします。

ジョブズについていきます。

世のアップル信者の方々は、結局こういう経緯で信者になられたのかな、と、今になって想像したりします。

ただ、これも出会いなのだ、と。

アップルを信奉することに批判的な目を向ける方も多いかとは思います。

でも、ほぼ2年をかけて、私がたどり着いた結論です。迷いは御座いません。

世のアップル信者の方々、以後よろしくお願いします。これまでの私のブログを読んでいただければわかると思いますが、気持ちの整理はほぼついていました。ただなにぶん気が多いものですから、ついフラっと血迷うこともあるかもしれないのですが、なにかあったときは、どうか手を差し伸べてください。

Macbook Pro

実質最初のエントリということで、私的にまだ新鮮なことから。

MacBook Airを昨年春に導入してからいよいよMac帰りが本格化し,ユニボディMacBook Pro (2009Mid) 買いました。15インチです。文句無しでいいです。

2.5キロは確かにモバイルとしては激重でしょう。でもこのパワーは軽量モバイルにはなかなか望めないものじゃないでしょうか。

Air→Pro 15″って,気がついたら林信行氏と同じパターンでした。Proがいかにすごいかをnobitaro podcastで氏が滔々と述べてましたが,使ってみてわかりました。ほんと,Finderひとつ開くアクションが違う。このスピードの積み重ねが作業効率をいかに上げることか。

しばらくAppleねたが続く予感・・・。