Type PにWindows 7 + 今日の「マカー」度

Type P、手にしてから3週間たちました。

見た目Snow Leopard化を行い、そのあとパフォーマンスが少し落ちた気がしたので、どうせリカバリするなら「七」を入れようと思い立ち、入れてみました。

うーん。たぶん、その気になれば使えます。モッサリ感も、そんなにありません。ただ、XPで非常に効率のよい作業が可能なのに、またXPに最適化(VGN-P50+SSD換装+ERAM)されているのに、わざわざなあ、という気持ちもあり、結局はXPに戻してしまいました。

私にとってのType Pを使いたいと思う条件は

① 移動が多い日の隙間時間にある程度しっかりした文字入力環境がほしい

② 英辞郎、リーダーズ・プラスなどの辞書を、ある程度しっかりと参照したい

③ 仕事の効率より荷物の軽さをどちらかというと優先したい

④ 子供の世話をしながら仕事しなければならない(MacBook Airの身の安全の為)

あたりでしょうか。④以外は「ある程度」とか「どちらかというと」という、妥協点を見極める必要があります。少しでも多く本を鞄に入れたいときなどは、700グラム程度の差は、本にもよりますが、2、3冊ぐらいにはなりますので、本を多く持ち運びたいケースではType Pの軽さは大きな利点です。

心身充実しているときって、MacBook Airプラス本7、8冊とかでも平気なんですよね。Proでもいける。

でも、体調が良い時ばかりじゃないし、そういう時に限って仕事が立て込んでくるのが人生なので、体への負担を減らす選択肢が一つ増えることになったのはいいことです。

それと、Type Pにはモバイルギアのノスタルジアを感じてしまう部分があって、とにかく一度は使ってみたかったっていうのは大きい。それと、Airでさえ持ち出すのがしんどいときでもType Pなら持てる、ということは何度かありました。3週間使った今、おそらく、毎日ではないでしょうけど、ずっと使い続けるような予感です。

しかし、Windows 7。Type Zに 7 を入れていますが、主に職場での限られた状況下での使用を想定しているので、実のところほとんど触れていません。なので私にとってのWindowsは未だにXPのままです。結局。積極的に使いたいという気にはならない。あくまで個人的な感触ですけど。やっぱり結局なんだかVistaのときと同じだなー。

すっかりマカーなんですよ。すでに。改めていうまでもないんですけど。「七」を使う必要性をそもそも感じない。ニューヨーク・タイムズのデイヴィッド・ポーグによる、VistaがOSXの意匠をパクッてることを皮肉った動画は前に紹介しましたが、この動画の指摘がどのくらい当たってるのか私にはわかりませんが、私的に今の(Snow) Leopardのできがよすぎることだけははっきりしてます。アップルのハードとソフトの一元管理による最大で最良の結果が出ている、というのも正しい言い方なのかどうかわかりませんが、とにかくすんばらしい。

そんなわけで。

気になったものを試してみて、「イイ!」と思うものを使いたい、という性分なので、独断と偏見に満ちていますが、私なりの指標を作ってみます。

現状ではすっかりMacに入れ込んでおりますので、この状態を「マカー度」として表わしてみようと(笑)。これこれのガジェットに触れた時間、とかではなく、あくまで私のなかでの「好き」とか「使える」とか「ずっと使いたい!」という思いとか、そういう指標です。もちろんMac & Windows両陣営のサポーターの皆様からいろいろとご意見を賜ることで、「客観性」も担保されてくる(かもしれない)ので、よろしくお願いします。

ということで今日から、「今日のマカー度」インデックスを最後につけてみます。

「今日のマカー度」 93%

広告

Mr.ジョブズ。これからもよろしくね。

IMG_0321IMG_0323Fortune誌がアップルのスティーブ・ジョブズ氏をこの10年で最良のビジネスマン 、”CEO of the Decade” に選びました。ティーンが選ぶかっこいビジネスリーダー,みたいなのにも選ばれてましたよね。

なんか,感慨深いものがあります。

つい先日、ずいぶん昔に定期購読していたTIME誌が数十冊まとまって出てきました。その中に携帯で電話をしているスティーブ・ジョブズの写真が表紙になっているものがありました。1997年8月18日号(アジア版)です。 “Bill, thank you. The world’s a better place” という表紙見出しで、ジョブズの電話の相手は当然ビル・ゲイツ。ジョブズがアップルに復帰し、様々な思惑のなか、マイクロソフトとの提携を推し進めたころの写真です。

ほかにも「うわっ,なっっつかしぃー」と思わず叫んでしまう写真がいくつかあって,この頃から黒のタートルにニューバランスだったのね,あ,一時期ナイキに変えたとかいうのもあったなー,などと思い出したりしていました。そのなかに’91年に撮影されたジョブズとビル・ゲイツのツーショット写真がありました。この写真が添えられた記事の小見出しには “Will Bill Gates’ bailout save Apple—or just strengthen Microsoft’s hand in the Web wars?” とあります。12年経った現在の時点では,どういう結果をもたらしたかは明らかです。

私がマックを使い始めたのもちょうどこの頃です。ジョブズが戻ってくる直前,アメリオの頃のマックです。とにかく頻繁にフリーズし、仕事にも少なからずの影響が出ていました。愛着はありつつも,Windowsも使い始めて,メインはWinになりました。以後,仕事の効率性との兼ね合いで,愛機模索の果てしない葛藤が始まるのです。現在,すっかりマカーな私ですが,ビル・ゲイツをこき下ろす気にならないのは,上のような事情があるからです(バルマーはどっちにしろ「生理的に」うけつけません)。だから,ビルに(バルマーにではありません)恩義を感じて(笑),7をマカーな視点からいつになるかわかりませんが評価しようと思ってます。

そうか,’97年頃のマックって,Vistaを積んだWindowsに近いものがあったということなのか。うーん。やっぱりジョブズがいないと不安だなー,という思いがますます強くなります。長生きしてください,と願うとともに,魅力的な後継者が出てくることを切に望みます。