「5パーセント」ふたたび

前回のAVATARに関するエントリについてのつづき。

ああ、また「オリジナリティ」なんていうロマンティシズムにとらわれてしまっていました。

以前、これに関連したことを書いていたのを忘れていました。坂本龍一氏の「5パーセント」論です。主旨は、世の中の音楽の95パーセントは伝統に基づいていて、本当にオリジナルなものはせいぜい5パーセントくらい、自分(教授)はその5パーセントのほうに興味がある、ということだと思います。ポピュラリティがあればあるほど、過去の伝統に依存する度合いが高くなるのは当然のことだし、「売る」ためには過去の成功例を積極的に取り込むのは、商売人としてはあったりまえのことです。こうした議論において微妙な線上にある表象を映画内に持ち込んでいるキャメロンのやり方というのは、私のように騒ぐ奴がいればいるほど成功と言える戦略なわけで、私はみごとに「釣られた」わけです。

やっぱり、お金を儲けられるかどうかって、メンタリティに負うところがおおきいのかな、と思う今この時間なわけです。

<本日の一曲:ゲルギエフ+キーロフ+ロッテルダム/ショスタコーヴィッチ『交響曲第7番 レニングラード』> 前回は体調不良で音楽を聴く余裕がありませんでした。本日もイマイチです。でもこういう、ちょっとささくれ立っている気分のときには第一楽章の「いつまで続くの?」スネアドラムとその顛末がむしろ安定剤のように作用することに気づきました。

広告

5パーセント

疲れていて何も考えたくないときがたまにあります。対処法はいくつかあります。音楽を聴いたりただテレビをつけてボーッとしたり。お笑い番組も見たりします。過去に録画していたビデオを見たりもします。

今日,仕事から帰ったらそういう状態だったので,いくつかビデオを見ました。たまたま行き当たったのが『情熱大陸』の「20世紀最後の坂本龍一」の回です。ブログを始めたばっかりですが,Marrさんという良き先達と出会うことができたのは,教授の音楽をめぐるMarrさんの芸術観に私が共鳴したからでした。「共感」というエントリでこのことは少し触れましたが,今日ビデオを見ていて再び思い出しました。

教授は[世の中の音楽の]95パーセントは伝統に基づいていて,本当にオリジナルなものはせいぜい5パーセントくらいで,自分はその5パーセントのほうに興味がある,と言っていました。2000年末ごろ,『ウラBTTB』がヒット(オリコン1位だったんですよね,そういえば)した後あたりの取材のようでした。この後,オリジナルアルバムに関しては『COMICA』,『CHASM』など,かなり実験色が濃くなっています。他にもアプトプットのチャンネルをいくつか用意して95パーセント部分の追求も怠りませんが,やはり彼の音楽表現の最も先鋭的なところはオリジナルアルバムに表れています。それまでにも『Esperanto』などの実験的な作品はありましたが,『COMICA』以降はさらに実験性が前面に出ている印象が私にはあります。

実のところ,当時リアルタイムで聞いていたときは,どうにも理解できなかったんです。Marrさんがブログで提起されていたのは,本当の芸術家が「自分の表現したい物を突き詰めていくと、誰にも理解できないもの(自分にしか理解できない表現)しか出てこなくなるんじゃないか」という問題でしたが,当時の私はこの頃の教授の音楽に対して,Marrさんのこの言葉に非常に近い印象を持っていた,と思います。

ただ不思議なのは,直近の『Out Of Noise』は,実験性は衰えていないにもかかわらず,比較的すんなりと入れたことです。感情移入,とまでは言えないかもしれませんが,なんとなくシンクロした感覚はありました。たぶん年齢によるものでしょう。

そうそう,すごく疲れているときにシェーンベルクのピアノ曲をたまたま聴いてみたとき,普段まったく理解できない音楽が少し理解できる気がする,という瞬間が以前ありました。年齢だけでなく,その時の精神状態にもよるのかもしれません。「たまたま」と言いましたが,ひょっとすると,シェーンベルクの曲には「疲れたときに聴きたくなる」という(シェーンベルクの作品を知っている人間に対する)アフォーダンスがあるのかもしれない,と今ふっと思ったりもしました。作り手の理屈を極限までつきつめるとケージの無音の音楽のようなものに行き着くのでしょうが,受け手にとってみれば,コンセプトとしては「なるほどねー」ですがはもはや音楽としてはとてもついていけない。でも時折,シェーンベルクの音楽が,単なるSEとしてだけではなく,琴線に触れる音楽として成立する可能性もある。・・・よくわからないなぁ。やはり「共感」の問題は,難しいです。

いずれにせよ,商業ベースにこうした実験を乗せられるアーティストはそうはいないことを考えると,教授,すごいな,とは思います。95パーセントの(中身もすこしばかりすくいあげつつその)端っこから,ケージのような極限の音楽の間の5パーセントのせまいすきまのなかで,創作を楽しむ(?)教授がいて,小学6年でYMOに出会った私は未だに,教授の音楽に馴化され続けているのかもしれません。

こうやって実験性に徐々に馴化して,いずれ『4’33″』とか『0’00″』に癒される・・・なんてことは100パーセントないでしょうね。

Ensemble Organum

先日,録画していた『爆笑問題のニッポンの教養』の坂本龍一氏出演分を見ました。

実はYMO時代からの教授ファンです。

歌詞が「音としてしかきこえてこない」という教授ですが,少しわかる気がします。私は今は言葉を職業とする身なのですが,若いときは音楽を志していたことがありました。「言葉なんて」っていう意識がどっかにあった気がします。太田光風に言えば,大人になりきれない赤ちゃんプレイ,だったのかもしれません。

ところで教授のMacBook (Pro?)に入っていたライブラリのなかにEnsemble Organumというグループのものがありました。数秒流れただけでしたが結構インパクトがあったので思わず買ってしまいました。

リサーチの瞬発力が最近ないので何も調べてませんが,近代楽以前の音楽だというのはわかります。

近代以前の作法で作られている音楽の新鮮さに最近改めて驚かされることが多いので,これをきっかけにいろいろ調べて聴いてみようかな。どなたかご教示いただければありがたいです。