MacWorld Expoレポート(1)

テック系の知識は皆無、文系脳なzackyのMacWorldレポートです。レポートを書くのが遅れてしまい、期待していただいていた方にはお詫び申し上げます。

さて、時系列で、今いけるところまでいきます。ムダに長くて半分日記みたいなところもあるので、必要な情報だけ拾い読みしてください。

10日、空港に午前9時過ぎに到着、ともあれタクシーに乗り込み「モスコーニュセンター!」とドライバーに告げると、タクシーは一路、過去に数々の名機が発表されてきたモスコーニュセンターへ。20分位で到着。

実は私はサンフランシスコははじめてで右も左もわかりません。タクシーがセンターに面したハワード通りにはいると「どっちだ?」と聞かれて、そんなもんそもそも選択肢があること自体意識してなかったわけで、どっちだかわかるわけありません。「はじめてだからわかんないよ」と言ったものの、(今だからもうじぶんちの庭(笑)のようにわかりますが)北側のセンターにあの垂れ幕がかかってます。「あ、あっちだね」と言って、正面入口の前に降ろしてもらいましたた。

まだ入っちゃダメ、と信号に言われてるような・・・

さて、メインイベントは明日から。今は入っても当然何もできません。ホテルにも入ってませんから、スーツケースも抱えたままです。どうしよーかなー、とぼーっと周りを見回していると・・・!。

つい先日iPadの発表に使われたYerba Buena Centerが、同じブロックの隣にあるではないですか。本当に隣だったんですね(笑)。当然あのときの化粧はすでに落とされておりました。

イエルバブエナセンターがあったからといって、今置かれている状況に変化があるはずもないので、これはゆっくり落ち着いて考えようと、近くのスタバに入りました。トールアメリカーノを注文すると、名前を聞かれました。バレンタインのサービスで、出来上がりを名前で呼んでくれました。(すみません。普段でも混乱を避けるために名前を聞かれるんですね。以前こちらで長期滞在していたときにはたまたまかもしれませんがこういうケースがなかったので、てっきりサービスかと思っちゃいました) 席を見つけ、早速MacBook Airの登場。ネットにつながないといけません。フリーのWi-Fiスポットも探せばあるのでしょうが、ここはもうAT&Tの2時間のセッションをとりあえず買いました。4ドル弱です。ネットに頼るつもりで地図も何も持って来ず、下準備もしてなかったので、GoogleMapでとりあえず地理を把握します。すると、ホテルとモスコーニュセンターは歩いて10分かからない程度の距離。アップルストアもホテルとセンターの間にあります。うほ。これはセンターに足を運ぶ度に立ち寄れるな、と喜びつつ、ならばまずストア巡礼、ということでスタバを後にし、アップルストアへ。

そういえば27インチiMacをまだきちんと弄ってなかったので、店内に入り弄り倒しました。デカイですね。やっぱり私には21インチで十分な気がしました。

飛行機の旅の疲れもありましたので、とにかくホテルに荷物を預けて一服しようとチェックイン。まだ正午まえでしたがチェックインできました。

さて、ネット環境をどうするか。サンフランシスコで利用したホテルではAT&TのWiFiプランが推奨されていました。3日で36ドル。おまけにホテルでの利用限定。うーん。他のプランを見ると、月額20ドル弱で全世界のAT&T+提携のWiFiが利用できるPremierプランが。

旅の疲れもあったのか、魔がさしました。気がつくとPremierをポチリ! どうせ毎年アメリカかカナダには来ているし、来る度にいろいろと考えないといけないことを考えると年2万円程度の出費、痛くない・・・、と自分に言い聞かせることになってしまいました。でもおかげで、とりあえずスタバに入ればネットが使える、という環境は手に入れられました。日本でもマクドナルドなど、Yahoo BBのAPサービスがカバーされているところで使えるようなので、日本国内にいても無駄にはならないし(ってYahooのAPはすでに使ってるんですけど)。(ちなみに以前、アメリカでのショートステイながらどこでもWiFi環境をつくる可能性を模索しておりましたが結局うまい方法が思いつかず、WiFi利用に方向転換しておりました。期待させてしまった方、すみません)

さて、ベッドに横になりたい誘惑にグッと耐え、また街を散策します。で、さっき来ばかりのアップルストア。

同じです。当然です。ちょっと遠景ですね。

その後、翌日の仕事の準備を済ませて、近所にあるWalgreensに食料を調達しに行き、部屋に戻ってビールを飲みつつ、明日は朝9時からDavid Pogueのこけら落としがあるから、7時に起きて準備してスタバで朝食、8時半頃には並んでおいたほうがいいかな、と考えていると時間は午後9時。いい頃合です。今回は時差ボケを回避できるかも、と思いながらいつの間にか眠っておりました。

目が覚めたら7時半。目覚まし無しにしては上出来の起床時間。身支度をして急いでスタバに寄り、トールアメリカーノと「アップル」ブランマフィンを注文。20分ほどして会場へ。すると、昨日の閑散とした感じとはうって変わって、結構賑わい始めております。

おおー、と思いながら、持参したバーコードを登録所で提示。黒人女性が対応してくれました。私の名前を読み上げて確認すると「オハヨゴザイマス」と挨拶してくれました。

メイン会場は地下。モスコーニュ・ノースの入り口を入るとすぐ右側にエスカレーターがあって降りていけます。エスカレータを降りると左手が見本市会場。

まだ入っちゃダメ、と5人ぐらいのオジサンオバサンがブロックしています。

プレゼンテーション会場は右手をさらに右に折れた部屋。入口には優先権アリの方が20名ぐらい並んでいて、”Expo Only”のパスを持っている私はどこに行けばいいの?と係の方に尋ねると、入り口を入ってメイン会場のとなりの部屋で待てとのこと。入り口をはいると、おお、すでに長い行列が。キャパ何人ぐらいだろ、全部入るのかな、などと思いながら並んで待つことにしました。8時50分を過ぎた頃に列が動き出し、会場へと誘導されました。客席は前と後ろ、右と左4ブロックに分けられていて、とりあえずは左後のブロックの一番前に座りました。

そしていよいよMacWorldのPaul Kentが登場し、前フリの後いよいよポーグの登場なのですが、つかみが強烈。「スティーブ・バルマー!」というポールの紹介とともに、例の雄叫びを上げてポーグが壇上を駆け巡りました。

わかりにくいですが、飛び跳ねております

呆気にとられるスキもなく、とりあえず皆爆笑してしまっていました。で、登場するなり、ポーグのプレゼンのタイトル、 “Late Night with David Pogue” に触れて、たくさんの人が見に来てくれてうれしいけど、実はこれはこれで客を選別するためのジョークだったんだ、だってタイトルを見て僕のプレゼンは夜にあるんだな、と思った人はここにはいないでしょう?などというアメリカンジョークが、ここからガンガン飛び出します。

さて、この後の流としては、彼が去年出版したツイッター関連の本の宣伝を兼ねて、彼が今ツイッターでやっている試みを紹介したり、こんなiPhoneアプリがあれば面白いね的な(実際にあるものもあったようですが)ジョークアプリを畳みかけるように披露したりと、10秒に一回は笑わせる(面白くないのも含めて)ノリノリな展開の前半でした。後半は The Gregory Brothers という、主に政治家の映像と声を加工してミュージックビデオ風にしたてYouTubeに乗せて人気を博している4人組のグループが紹介されて、彼らの作品がいくつか紹介されました。アップルとはあまり関係のない話題が連続してましたが、それなりになんとなく楽しめました。そのあと「こんなジョブズがいたら・・・」というノリで、アップルなんか設立しなければよかったと悩める1998年頃のジョブズを描く「即席の」ミュージカルをしよう、という話になり、The Gregory Brothersのメンバーも含めて配役が決められ、ポーグは「僕はピアノ担当ね」ときたところで肝心のジョブズ役がいない・・・、どうしよう、というところに、新スタートレックでもお馴染みの LeVar Burtonが登場。ジョブズ役にふさわしいかどうかはよくわかりませんでしたが、このミュージカルも小笑いに大笑いを交えて、秀逸なものに仕上がっておりました。それにしてもポーグのピアノの上手なこと。ピアニスト的な上手さではありませんが、自分で脚本も書き、ミュージカルの伴奏ピアノも弾く。こんなテックレビュアー、いるでしょうか?

ミュージカルの後はバートンとお話。アップルと関係ない話がかなり続いたので、テクノロジー関係の話に引き寄せると、僕はギークだよ、と観客向けにサービスしてみたりしていましたが、iPadをどう思う?というポーグの質問に、すっごくいいと思うけど、僕はいらないかな、と答えた瞬間、客席からはどよめきが。ポーグはすかさず、それがiPadに対する大多数の反応だからね、君の印象をちょっと確認してみたかったんだ、とフォローしていました。

というわけでポーグのプレゼンは終了。

アップルがいないMacWorld+私にとってはじめてのMacWorldだったので過去との比較で言えるものではないのですが、こけら落としとしてはなかなかのプレゼンだったと思いまいす。アップルという会社を好意的に見ながら、かつエンターテインメントとして、そしてそこここに知性を感じさせながら「魅せる」ショーにできるのは、ポーグをおいて他にいないわけです。ポール・ケントの慧眼に感服いたしました。

さて、このあとすぐにでも見本市に入りたいところでしたが、まだ “Expo Only” パス所有者には制限がかかっていました。午後はベイエリア南部に用事でいかないといけない、ということで、会場を後にしました。

仕事を済ませ、見本市を見るために会場に戻ってきたのは5時頃。かなりの人が集まって来ていました。日中はもっと多かったんでしょうね。

少し疲れが出てきていたので早くホテルに戻りたかったので、このときはとりあえずどんなものがあるかをスキャンしよう、という感じで30分ほどうろちょろしておりました。で、このときにNobiさんに遭遇したんですよね。さすがNobiさん、取材する目がわたしのような素人とはまるで違うな、という感じでした。

さて、MacWorld1日目はこんな感じで終了しました。

余計なことを書いてえらく長くなってしまったので、2日目のお話と見本市で見かけたおもしろそうな製品のお話は次回以降の記事で。

現在ニューヨーク。ああ、iPadイベント、どんなことが起こったんだろう・・・。やっぱり無念。

『ツィッターの世界』by David Pogue

珍しくツイッターについて。

たびたび拙ブログでも紹介しているアップル系ライターDavid Pogue氏の最近のつぶやきは、彼が昨年の9月に出版した The World According to Twitter を「うまくまとめてくれてる書評」についてのものでした。タイトルがジョン・アーヴィングの『ガープの世界』を連想させますが、どういう本かというと、ツイッターでの「140字以内で言えるダジャレは?」「このリスの写真にキャプションをつけるなら?」「親が子どもにできる最良のアドバイスは?」などといった問いかけに対するフォロワーのリプライのなかから選りすぐったものをまとめたもののようです。私的には、あらま商売上手、と思う反面、面白い試みだとも思います。

ポーグのフォロワーはこの本の出版当時(2009年9月)は20万人でしたが、現在では130万人ちかく。2009年がツイッターにとって大きな飛躍の年になったことが、彼のフォロワー数の推移を見るだけでもわかります。かくいう私も始めたのはごく最近です。

私がツイッターを実質的に始めることになったのは、私のウェブの師匠であるMarrさんとのブログでの出会いがきっかけでした。使い方すらわからず数回つぶやいただけで放置していましたが、Marrさんに促され、やっぱりちゃんと使ってみよう、と思い立ちました。次の日から、ちょっとした隙間時間に iPhone で(このときはTweetDeckを使っていたかな)つぶやいたりつぶやきを見たりしていました。するといきなり松村太郎氏、さとなお氏などからのフォローがいただけるという幸運に恵まれ、俄然やる気になりました。もちろん私のつぶやきをご覧だとは思いませんが、「フォローされている」という事実が、私のような初心者にとっては、ウェブで立ち回る上での凄く強烈な動機付けになるわけです。ツイッターを通じて情報を得るだけではなくて、何か人様の役に立つようなことを自ら発信したい、という、Give & Take な能動的サイクルに、こうしたことがきっかけで入って行けたわけです。

もちろん私が Give できることはまだ極めて限定的です。私のツイッターによる世界はまだ作られ始めたばかりです。でも歩みは遅くともがんばって行こう、というのが、少し遅めですが私の新年の決意になります。

キンドルと “ヌック” の比較 by David Pogue & Gizmode

相変わらず Times Literary Supplement リーダーになっている(でもそれだけでも、結構役立ってますが)Kindleです。毎日持ち歩いてはいます。

Kindle(国際版)発表後、ソニーが電子ブックに再挑戦だとかBarnes & NobleがNookを出すとか、電子ブック界隈がにぎやかですね。カナダの高校ではソニーのeBookをテキスト(を読むデバイス)として採用したとか。

ところで当ブログで何度か言及したNew York TimesのDavid PogueがNook評を行ってます

酷評してます(笑)。

カラーのタッチパネルについてはポーグも言及していて、私も最初にNookのニュースが出た時は「おおっ」と思いましたが、よくよく見ればKindleで言えば下部のキーボードに当たる部分のみ、とのことで、実際かなりまぎらわしい”ふれこみ”が多いようです。他にもタッチパネルのレスポンスがよくない、「100万冊」以上が利用できるとしているがこれは実質的にはKindleでは勘定にすら入れていない著作権切れ、タイポ満載の書籍も含めてのことである、バッテリは着脱可能などメリットもあるけどKindleの3分の1程度の時間しか持たない、など、ポーグらしいおちゃらけて皮肉たっぷりなトーンでバッサリと、ひとつひとつ切り捨てていってます。

かたや、GizmodeはNookを結構高く評価しています。が、”It[Nook] can’t kill Kindle.” って最初に但し書きはつけてるんですよね。私がNookの写真を見てまず思ったのは、かなり厚みがあるな、ということ(画像はGizomode)。まあ、この厚みの差の割には30グラム重いだけ、ということですのでがんばってるのかもしれません。でもずっと片手で持つデバイスであることを考えると30グラムの差は大きいと言えるかもしれませんが。ほか、SDHCカードスロットなど拡張性についてもがんばってはいるみたいです。バーンズ&ノーブルはホリデーシーズンに合わせてかなり攻勢をかけているようですが、売れるのでしょうか。

デヴィッド・ポーグっていう人は、オリジナリティがないのに売れてしまいそうな(あるいは売れてしまっている)製品についてはめちゃくちゃ厳しい批評をする人ですね。なんか、気持ちいいです。

Type PにWindows 7 + 今日の「マカー」度

Type P、手にしてから3週間たちました。

見た目Snow Leopard化を行い、そのあとパフォーマンスが少し落ちた気がしたので、どうせリカバリするなら「七」を入れようと思い立ち、入れてみました。

うーん。たぶん、その気になれば使えます。モッサリ感も、そんなにありません。ただ、XPで非常に効率のよい作業が可能なのに、またXPに最適化(VGN-P50+SSD換装+ERAM)されているのに、わざわざなあ、という気持ちもあり、結局はXPに戻してしまいました。

私にとってのType Pを使いたいと思う条件は

① 移動が多い日の隙間時間にある程度しっかりした文字入力環境がほしい

② 英辞郎、リーダーズ・プラスなどの辞書を、ある程度しっかりと参照したい

③ 仕事の効率より荷物の軽さをどちらかというと優先したい

④ 子供の世話をしながら仕事しなければならない(MacBook Airの身の安全の為)

あたりでしょうか。④以外は「ある程度」とか「どちらかというと」という、妥協点を見極める必要があります。少しでも多く本を鞄に入れたいときなどは、700グラム程度の差は、本にもよりますが、2、3冊ぐらいにはなりますので、本を多く持ち運びたいケースではType Pの軽さは大きな利点です。

心身充実しているときって、MacBook Airプラス本7、8冊とかでも平気なんですよね。Proでもいける。

でも、体調が良い時ばかりじゃないし、そういう時に限って仕事が立て込んでくるのが人生なので、体への負担を減らす選択肢が一つ増えることになったのはいいことです。

それと、Type Pにはモバイルギアのノスタルジアを感じてしまう部分があって、とにかく一度は使ってみたかったっていうのは大きい。それと、Airでさえ持ち出すのがしんどいときでもType Pなら持てる、ということは何度かありました。3週間使った今、おそらく、毎日ではないでしょうけど、ずっと使い続けるような予感です。

しかし、Windows 7。Type Zに 7 を入れていますが、主に職場での限られた状況下での使用を想定しているので、実のところほとんど触れていません。なので私にとってのWindowsは未だにXPのままです。結局。積極的に使いたいという気にはならない。あくまで個人的な感触ですけど。やっぱり結局なんだかVistaのときと同じだなー。

すっかりマカーなんですよ。すでに。改めていうまでもないんですけど。「七」を使う必要性をそもそも感じない。ニューヨーク・タイムズのデイヴィッド・ポーグによる、VistaがOSXの意匠をパクッてることを皮肉った動画は前に紹介しましたが、この動画の指摘がどのくらい当たってるのか私にはわかりませんが、私的に今の(Snow) Leopardのできがよすぎることだけははっきりしてます。アップルのハードとソフトの一元管理による最大で最良の結果が出ている、というのも正しい言い方なのかどうかわかりませんが、とにかくすんばらしい。

そんなわけで。

気になったものを試してみて、「イイ!」と思うものを使いたい、という性分なので、独断と偏見に満ちていますが、私なりの指標を作ってみます。

現状ではすっかりMacに入れ込んでおりますので、この状態を「マカー度」として表わしてみようと(笑)。これこれのガジェットに触れた時間、とかではなく、あくまで私のなかでの「好き」とか「使える」とか「ずっと使いたい!」という思いとか、そういう指標です。もちろんMac & Windows両陣営のサポーターの皆様からいろいろとご意見を賜ることで、「客観性」も担保されてくる(かもしれない)ので、よろしくお願いします。

ということで今日から、「今日のマカー度」インデックスを最後につけてみます。

「今日のマカー度」 93%

MacBook Airの癒し効果

久々にちゃんとしたMacがらみのエントリ。朝暗がりのなかのMacBook Air。

前回のエントリでも書きましたが,今,締め切りに追われて,ひどい精神状態です。忙しい日には,Type Pを常に持ち歩き,少しでも時間があればキーをたたく,という生活です。家に帰ればMacBook Proをデュアルモニタにして,その日書いた分をまとめてまた考えて,という繰り返しです。

今日は少し余裕があります。もう10日ぶりぐらいかな,ひさびさにまともにMacBook Airで仕事をすることができています。

で,思うのは,MacBook Airって癒しの効果があるかも,ということです。考えがうまくまとまったり,うまくいかなかったり,の繰り返しの連続で,なんか気持ちがささくれ立ってるときに,このさらさらとすべすべのちょうど間のような感触と,少し違う次元に私を連れて行ってくれるような,あまりに完成されたフォルムが,私の気持ちを落ち着けてくれます。

壁紙も,長年愛用しているアクア系のものに戻し,視覚からも潤いを吸収しています。

これがMacBook Proだと,やっぱり少し違うんですよね。「お前しっかり仕事しろよ」と言われてるみたいな気が少しして,「あ,はい。」みたいな。

Airは,なんというか,完全に体の一部のように感じられる,というのかな。そんな感じです。他には代えがたい存在。

久々にAirへの愛を感じる朝です。

ところで,前回のMacBreak Weeklyで知ったのですが,たまたま最近エントリに書いたDavid PogueLeo Laporteが2010年2月開催のMacworld Expoに二人ともキープレゼンターとして登場するようです。Appleは今年から不参加を表明していますが,行ってみたいーっ,と思わせてくれる布陣をひいてます。1月下旬に北米出張予定してるんですが,少し長めに滞在して参加するのは・・・無理だろうな。でも生デイヴィッド・ポーグ,生レオ・ラポート,観てみたいなぁ。