Macにシフトしてから

MacBook AirとLOOX Pの間で悩んだ,ということは以前書きました。

今年のはじめ頃です。Macを選択した理由はわりと単純で,作業により集中できるのがMacだった,ということです。Windowsって,なぜだろう,私の場合,すごく遊んでしまうんです。遊ぶというか,デフラグとかディスクの掃除とか,仮想メモリとかバックアップ関係とか,目の前の作業以外のことにやたらと気をまわしてしまうんです。少しでもスピード上げようとか,そんなことしてるヒマあったら仕事した方がずっと効率がいいのに,機械のポテンシャルを発揮させようとして必死になるんです。Macでも,ある程度同じことをしないではないですが,OnyXでたまーにメンテナンスするぐらいです。それもめったにしません。あとはAirをHDD→SSDに交換した程度です。スクリプトなどをいじることもしません(あ,EMonsterのBluetooth接続で一回やりました)。したくなるような挙動がほとんどない。

それと,PowerMacの頃は,iBookの頃もまだそうでしたが,Windowsユーザとのファイル互換の問題が,Macをメインで使用することの大きな障壁でした。Leopardを使ってみて,この問題が,私が行う作業のレベルではほとんどなくなっていることがわかりました。もちろん事情は人それぞれで,図形などの処理を行う同僚に話を聞くと,Officeファイルなどではレイアウト崩れがあって,Macは使いたいけど諦めた,ということでした。

私の場合,MacBook Proを購入してからは依存度はさらに増し,職場にはDELLのデスクトップがあって出勤すると必ず電源は入れますが,作業はほとんどMacで行います。

自分で入れたアプリは名前順にAppCleaner, coconutBattery, DiDi for Eijiro, Disk for iPhone, Dropbox, Evernote, Firefox, Flip4Mac, Freedom, Google Notifier, iWork, Office for Mac, OnyX, Skim, Virtual Box, VLC, WinKforOSX, WMV Player, Xbench, Xmarks for Safari, XMind, コトノコ, Growl, MacFuse, MultiClutch, Synergy などです。

広告

モバイル遍歴:スマートフォン編5

iPhoneを諦めてから1年。ついにその日はやってきました。

3GSの発表です。705NKもようやく割賦が残り3ヶ月。納得して手放せる状態になりました。今回は予約も受け付けるということです。私が行った販売店では私は5人目だったようですが,当日受け取れるということでした。

で,発売当日,購入しました。

情報はいろいろと仕入れてましたし、iPod Touchでマルチタッチは経験済みでしたので、特別な感慨などないかなと思っていましたが、結構感動しました。やっぱりね、携帯とiPodとウェブブラウジングがひとつのマシンで済ませられるというのは、なんかいいです。

このころの荷物を見てみると,705NK,LOOX-PかMacBook Air,iPod Touch,EMonsterと,なんだかゴチャっとした感じで,少し整理したい気分だったのは確かです。実のところモバイルマシンもLOOX-Pにするか,Macbook Airにするか,一時期真剣に悩みました。後述する(と思う)理由によりMacBook Airをメインで使い始めました。

今はMacBook Air(かMacBook Pro)とiPhone3GSのみです。ちょっとした外出時はもちろんiPhoneのみです。EMonsterは出張等で長時間のテザリングが予想される場合以外は持ち出していません。

私のここ数年のモバイル遍歴を,自分用のメモを兼ねて駆け足でたどりましたが,文系人間(もーええて)のわりにはなんかいろいろやってたな,と思います。

iPhone3GSの満足度は非常に高いです。3GSとMacBook Air + Proというモバイル環境,数年は維持されるのでは,と私的には思っています。

長年(?)の試行錯誤の上の結果ですもの。

あとはですね。テザリングだけです。iPhoneハックの報告はちらほら見かけますが,こういうことはさすがに正式にサポートされない限りは手を出せません。

ただ,3GSの効用か,外出先でテザリングしてPCでブラウジングする必要性をほとんど感じなくなってしまいました。

常にPCでネット接続し,様々に情報を参照しながらバリバリ仕事をするぞ,という気負いを以前は持っていましたが,3GS+Air(or Pro)の組み合わせ以降,外出先では3GSで調べられる情報のみを参照する程度で,基本的には自分の頭脳を最大限活用する,という姿勢の変化が自分の中に見られた気がします。マシンパワーは必要,という考えは同じですけどね。

モバイル遍歴:スマートフォン編4

iPhoneを買い損なった私は,非常に悶々としていました。

データ通信の手段としてはLOOX-Pとb-mobileの組み合わせがありましたが,iPhoneのようなスマートフォン的ガジェットで定額でブラウジングができる,というのは,モバイラーとしてはそばに置いておきたい環境です。でも,その可能性を自ら断ち切ってしまいました。

ただ,iPhoneには欠点があります。テザリングが不可です。

俺は何をしたいのか。少し考えました。本体でブラウジング,かつ定額でテザリングができるスマートフォン。あるじゃないですか。EMonsterが。

お盆休みに奈良の実家に帰省したときにヤマダ電機でほとんど衝動買いしました。

WindowsMobileはZERO3で経験済みでした。EMonsterはZERO3よりは手になじみましたが,結局はテザリング機能以外は今は使っていません。その機能も,後に詳述しますがiPhone 3GSを手にしてからはほとんど使用せず,現在は塩漬けです。海外出張時,SIM入れ替えで使えるという報告がありますので,念のために置いてます。まだ試したことはありませんが。

結局私はWindowsMobileを使いこなせなかった,わけですね。

モバイル遍歴:スマートフォン編3

早々にデジカメ付きケータイと化していた705NKですが,これにはかなり愛着がありました。

愛着はありましたが,デジカメとケータイの機能以外は使わななかったので,Willcomのようにデータ通信ができません。というかできましたが,本体でのブラウジングにもテザリングにもデータ定額が適用されなかったので使いたくても使えなかった,と記憶してます。どうしよう,と考えたとき,(E-Mobileではなく)b-mobileという会社があることを知りました。使用時間150時間か600日経過かどちらかが先にくるまで使えるCFの通信カードがあるというじゃないですか。あくまでデータ通信はおまけ,という考えでしたし,当時LOOX-Pを使用中で,これにはPCカードスロットがあったのでアダプタをつければ使えるやん,ということで即購入。しばらく重宝しました。

705NKとb-mobile (w/ LOOX-P)。結構よかったです。2008年にEMonsterを買うまではこの組み合わせでした。