Kindleひさびさに登場、で Kindle for iPhone 試しました

Kindleを購入してから早2ヶ月が経とうとしています。久々に登場 my Kindleです。

実は、恥ずかしながら、あまりKindleでの読書ができておりません。というのもKindleを購入してからというもの、本物の本を読まないといけない機会があまりに多く、なかなかKindleを使いこなすところまで気が回りませんでした。これからはちょくちょく使える余裕ができそうな予感(?)。

ところで、つい最近 Kindle for iPhone が日本でもダウンロードできるようになったということで、さきほどダウンロードして、早速見てみました。

起動時の絵は、Kindleの電源を最初に入れた時の絵と同じだった気がします。

Amazon.comのIDとパスワードを入れると “Archived Items” として、購入した書籍がリストされ、読みたいものをタップすると、”Home” にダウンロードされ、読むための準備ができる、という手順です。テキスト自体は他の eReader 系アプリと印象はあまり変わらない感じです。機能が絞られている分、私には扱い易い感じです。

文字の大きさは5段階から選べ、デフォルトではちょうど真ん中の大きさです。画面対文字数の比率では、2番目に小さい大きさあたりが、バランスがいいかな。3番目だと、ちと文字数が少なすぎて、フリップする手間がかなり多くなります。その意味では2番目でも文字数が少ない感じですが、これ以上文字を小さくすると読みにくくなる。最小文字では私の目には結構きついです。一番大きくすると、もはや読書という感じではなくなってしまいます。

Kindle に慣れてしまうと、iPhoneの小さな画面で一度に表示できる文字情報の量に、かなり不満を感じてしまうことに気がつきました。iPhone で新聞などのウェブサイトをスキムするときは、情報量と画面のアンバランスさって気にならない(小さな字を、ある程度は仕方ない、と思って読める?)のですが、本の場合、これから何百ページかを、そこに示されている状態で、ずーっと読まないといけないわけで、最初のページで落ち着かなさを感じてしまうと、読書がはかどらないのではないか、という気がします。

加えて、Kindle for iPhone では、新聞や雑誌が読めません。これが痛い。

新聞や雑誌など、ある程度ページ数が限られている、という条件であれば読んでもいいかな、と思えるインターフェースなのに、むしろそっちができない。非常に残念です。

iPhone をeReaderにする、という発想自体はもちろん私も支持するのですが、「読書」をするためのインターフェースとしてのバランスの問題や、一定の時間が経過すると画面が暗くなるのがイヤなら省電力設定を変える必要があるという問題、それとも関連しますが、他の作業をしながら何十分か場合によっては何時間かを読書のために使う、という場合のバッテリーの持ちの問題、など、iPhone で「読書」をする場合、私にとってはかなりいろんな問題が見えてきました。

Kindleというデバイス自体は非常に軽いので、MacBook Airと同じ鞄に入れて、毎日持ち歩いています。今のところ、あまり活用出来ていないにも関わらず、ほとんど毎日一緒に行動だけは共にしています。奇妙ではありますが、Kindleって、いつもそばに置いていたくなるデバイスのような気がします。Kindleは全体的にマットな感じで、落ち着きがあります(Nookは写真でしか見ていないので実際のところは不明ですがツルピカの感じ)。ディスプレイは白黒ですが、逆にその白黒がいい。電子インクの視認性が、目に優しい感じで極めていいんです。多少文字を大きくしても、ディスプレイが大きい(特別大きいわけではありませんが必要十分という感じ)おかげで、ある程度の情報量はいちどきに確保できる。

軽い読書程度ならKindle for iPhone も確かに使える、と思います。でも、ガッツリ読書、ということならば、Kindle、(まだおすすめできるほど使いこなせてませんが)非常におすすめですよ。

<本日の一曲:Ensemble Organum「Laeta Devote」> Ensemble Organum、仕事終りで徒歩で帰宅途中、自然と手が行ってしまう。なんなんでしょう、雑事に煩わされた心を清めたいのでしょうか(笑)

広告

古楽

先日Ensemble Organumが気になる,と言いましたが,Wikipediaで少しだけ調べました。

マルセル・ペレスというフランスの音楽学者の方によって組織されたグループだそうです。ペレスさんはコンセルヴァトワールでオルガンと作曲を学ばれたあと,英国の王立教会音楽学校と英国教会で教会音楽を学び,その後カナダで仕事をされた後またフランスに戻って中世音楽などを学ばれ,1982年にEnsemble Organumを立ち上げています。このグループはグレゴリオ聖歌とそれ以前の音楽を専門にするそうで,私が買った”Notre-Dame School (Mass for the Nativity of the Virgin)”にも確かにグレゴリオ聖歌がいくつか入っています。それと,この時代のキリスト教教会音楽の発声法ってイスラム音楽の発声法なんかとかなり似ているのだな(近代以前の民族音楽の発声法って,世界のどの地域でもかなり共通しているのかな,というイメージがあるのですが,どうなんでしょう。詳しい方ご教示いただければ幸いです)と思わせる曲がいくつかあって,非常に興味深かったです。時間があったら音楽史とか勉強したいです。日本のアマゾンだと扱っている商品が限られているようですが,いくつか紹介しておきます。

Ecole Notre Dame / Mass for Christmas Day

Ecole Notre Dame / Mass for Christmas Day

Missa Gotica: Avignon, Toulouse, Apt, Barcelona

Missa Gotica: Avignon, Toulouse, Apt, Barcelona

Ensemble Organum

先日,録画していた『爆笑問題のニッポンの教養』の坂本龍一氏出演分を見ました。

実はYMO時代からの教授ファンです。

歌詞が「音としてしかきこえてこない」という教授ですが,少しわかる気がします。私は今は言葉を職業とする身なのですが,若いときは音楽を志していたことがありました。「言葉なんて」っていう意識がどっかにあった気がします。太田光風に言えば,大人になりきれない赤ちゃんプレイ,だったのかもしれません。

ところで教授のMacBook (Pro?)に入っていたライブラリのなかにEnsemble Organumというグループのものがありました。数秒流れただけでしたが結構インパクトがあったので思わず買ってしまいました。

リサーチの瞬発力が最近ないので何も調べてませんが,近代楽以前の音楽だというのはわかります。

近代以前の作法で作られている音楽の新鮮さに最近改めて驚かされることが多いので,これをきっかけにいろいろ調べて聴いてみようかな。どなたかご教示いただければありがたいです。