ジョブズのFlashについての公式見解(抄訳)

ジョブズがFlashについての見解 (“Thoughts on Flash”)をアップルの公式サイト上で発表しました。

アップルがアドビにとっては最初の大口の顧客であったことなど馴れ初めから語り始めつつ、すぐさま本題に入り、Flash不採用の理由がApp Storeを守るためだと言われるが本当は技術的な理由によるものである、として、アップルが「閉じて」いてFlashが「開いて」いると言われるが、実は逆だ、と主張し、6つの理由と結論を順に述べていきます。

以下、主旨を損なわない程度の抄訳です。文系アップル系ブロガーを自認していますが、なんとなくよくわかった気がします。最後はアドビにアドバイスまでしちゃって。貫禄ですね。自習目的ですので、誤りがありましたらご指摘いただければ幸いです。

__________

1 「オープン」であること

Flashはアドビの専売品である。アドビが全てをコントロールできる点でFlashは閉じたシステムである。アップルも独自のOSなど専売品をたくさんかかえるが、OSとは違ってウェブ関連のスタンダードについてはオープンであるべきだと強く信じている。FlashではなくHTML5、CSS、JavaScriptを採用しているのはこのためだ。アップルが完全にオープンなHTML5のレンダリングエンジンであるWebKitをつくったのもこのためで、Andoroid、Palm、Nokiaがすでに使っているし、RIMも採用予定である。

2 「フルウェブ」であること

アドビによると、アップルのモバイルデバイスはウェブ上の75%の動画はフラッシュによるものなので「フルウェブ」にアクセスできない、ということだが、これらの動画はH.264でも利用でき、iPhone、iPod、iPadでも見ることができる。ウェブ上の動画の40%を占めるとされるYouTubeも全てのアップル製品で見ることができるし、iPadはYouTubeを見るには最高のデバイスになるだろう。Vimeo、Netfix、Facebook、ABC、CBS(他多数)などのビデオも当然見ることができる。見られないものは多くはないはずだ。Flashのゲームは確かにできない。しかし現在App Storeには50,000タイトル以上のゲームが揃っていて、その多くは無料だ。

3 信頼性、セキュリティ、パフォーマンス

シマンテックによれば、Flashは2009年の最悪のセキュリティ記録をもつ。われわれの知るところではMacのクラッシュの最大の原因がFlashだ。対応を求めて協議したが近年は平行線。信頼性や安全性を落とすわけにはいかない。さらに、Flashはモバイルでのパフォーマンスがよくない。これも対応を求め、アドビはよくなる、と言っているが、いっこうによくならない。そのうち出るかもしれないが、もう待てない。

4 バッテリの持ち

ソフトウェアで動画をデコードするには多くの電力が必要だ。一方現在多くのチップが搭載しているH.264デコーダはブルーレイに使われている規格でもあり、アップル、グーグル(YouTube)、Vimeo、Netflixも採用している。Flashはこの規格を最近サポートしたが、Flashを使うサイトは旧世代のデコーダが必要で、モバイル機には実装されておらずソフトウェアで対応する必要がある。再生時間はソフトウェアで5時間、H.264では10時間。H.264でエンコードできるサイトだとSafariやChromeなどのブラウザでも見ることができる。当然iPhone、iPod、iPadでも。

5 タッチ

<これについては拙ブログ記事 iPadにFlashが乗らない本当の理由の内容とかぶっているようですのでそちらを参考にされてください>

6 最も重要な理由

プラットフォームとデベロパーの間にサードパーティのレイヤーが入ることの弊害をわれわれは身にしみて経験している。プラットフォームの強化と進化が妨げられるのだ。サードパーティが共通プラットフォームの開発ツールを供給しだすと自体はさらに悪くなる。そのサードパーティは、あるプラットフォームの機能強化を、ほかのプラットフォームで利用できないことを理由に受け付けない。畢竟デベロパーは公分母の部分しか利用できないことになる。Flashは共通プラットフォームであり、その目的はiPhone、iPod、iPadのアプリケーションをデベロパーに書かせることではない。彼らの目的は、彼らのプラットフォームで書かせることだ。アップルの機能強化への対応がどれほど遅かったかは、OS Xが出てから10年が経とうとしているのに本当の意味で彼らが対応したのはCS5を出荷したほんの2週間前であることを見れば明らかだ。アドビがメジャーなところではOS Xに対応した最後のサードパーティデベロバーだ。われわれがやりたいことはシンプルだ。最新の、革新的なプラットフォームをデベロパーに提供し、直接利用してもらい、最良のアプリを作ってもらいたい。

結論

FlashはPC時代のものだ。PCとマウスの時代の。Flashはビジネスとしては成功した。PCを超えてそれを使わせたいこともわかる。しかし、モバイルの時代は低電力、タッチインターフェース、オープンウェブ規格の時代であり、Flashでは役不足なのだ。すでに200,000のアプリケーションがApp Storeにあることが証明しているのは、ゲームを含むグラフィックに優れたアプリを作るために多くのデベロパーにとって Flashがもはや必要ではない、ということだ。

新しいモバイル時代におけるHTML5のようなオープンな規格がモバイルにおいて(PCにおいても)勝利するだろう。アドビも、アップルを批判するより素晴らしいHTML5のためのツールをつくることに以降は専念した方がいい、と思う。

(終)

アップルがもたらすウェブの福音

いつまでたっても文系ガジェット批評のスタンスは崩さない(というか当然崩せない崩しようがない笑)zackyです。

Steven Johnsonというライターさんの “Rethinking a Gospel of the Web” という記事が少し前のニューヨーク・タイムズにあったのですが、ここでジョンソンさんは、多くの人がオープンなプラットフォームのほうがより “generative”(生成的、生殖的)だという前提でこれまでやってきたけど、実際のところいくつかの重要な点においてはアップルの閉じた設計思想のほうがプラットフォームの “generativity” に貢献している、という主旨の論を展開しています。

この記事では一言も言及されていませんが、Googleとの一連の係争においても中心的な話題となっていた、「開かれた」ほうがいいのか「閉じた」ほうがいいのか、という議論のまとめのようにも読める記事で、私のような文系人間にも非常にわかりやすかったです。

単なるまとめにも見える記事ですが、この記事で私が興味深いと思うのは、革新性と多様性は開かれたプラットフォームによってもたらされる、というひとつアイデアが、アイデアの域を超えて gospel(教義)になってしまっていた、というか、「開かれた開発環境」というアイデアが福音である、と思わせるような状況が当時においては在った、ということを暗に指摘している点です。

このあたりの私見については、アップルとHTC(事実上はGoogle)が争っているさなか、Tim BrayがGoogleに雇われた件について書いた拙記事にもありますので参照いただければと思うのですが、ジョンソンさんの記事を読んでやっぱり考えてしまうのは、「開かれた」=「民主的」あるいは「自由」=「善」という、一見明解な3段論法が、果たして「真」なのか、ということ。

実は私もかつて「開かれ」のゴスペルに魅力を感じてLinuxを使おうと努力したことがありました。ところがやはり学んでいる時間がなかった。その世界に通じている人には理想的な環境なのかもしれないけれど、ある特定の目的のために電子機器を使いたいと思う人達のための思想ではないのだな、ということを使い始めて2日目ぐらいで早くも感じてしまいました。「開かれている」こととはつまり、原則として全てを一から学ばないといけないことを意味するのではないか、と。無理なんです。

プログラムのプの字も知らない私なので見当違いのことを言っていたら申し訳ないのですが、iPhoneやiPadにFlashが乗るかどうかということについてこれだけ議論喧しいのも、この問題が基本的にはこういった優先的プラットフォームの選択の問題に関わっているからだと私的には理解しています。

iPhoneやiPadが全てなんてことはありえない。電子機器業界全体として見れば極めて少数派です。ジョンソンさんはアップルの設計思想を “a gospel” としていますが、”a” がついているあたり、それが全てではない、というニュアンスもあるのかな、と思います。ただ、現在においてアップルが提供する開発環境が、往時のLinuxや今のAndroidなどの「福音」に対抗するものであると認識しうる状況は十分にあります。そしてもしそれが「福音」であるならば、それをロールモデルとする実践が今後普及していくことも十分予想されるところです。特にiPadはこれからのタブレット型デバイスの分野を牽引していく存在に間違いなくなっていくであろうと予想されるような状況でもありますし。

アップルが提供している開発環境を “walled garden”(壁に囲まれた庭)と比喩(揶揄)する向きもありますが、ジョンソンさんは、この環境がうまく運用されるならば、壁に囲まれた庭は、ウェブという “ecosystem”(生態系)における “rainforest”(熱帯雨林)になりうる、と締めくくっています。

私はすでに、Mac/iPhone/iPadがないと生きられない体になっているんですけど(笑)。

iPadにFlashが乗らない本当の理由

iPad/iPhoneのFlash問題につきましては、個人的にはFlashが例えばiPhoneに乗っていないことで不都合を感じたことが(たぶん一度も)ないzackyです。でも、Flashがあるかないかが死活問題になるようなデベロパーの方々には、私のような一般ユーザーがのほほんと呑気に構えている姿に忸怩たる思いも抱かれているかもしれない、などと思うと、恐縮したりもします。

ただ、重要な問題だとは知りつつまあ正直よくわかっていないので今までこのことについてはあまり何も言っていなかった、というのが本当のところだったりするんですが、実はとにかく無理なんだ、と言われた日には、え、そうなの?という反応を私のような在野のものでも示してしまいたくなります。

Flash開発者のMorgan Adamsが、この問題がよく言われるモバイル機の性能とかバッテリの持ちとかにかかわるもの ではなく、”the hover or mouseover problem”(空中をうろつく[ポインタ]、あるいはマウスオーバーの問題)だと発言していることをCult of MacのLonnie Lazarが取り上げています

Many (if not most) current Flash games, menus, and even video players require a visible mouse pointer. They are coded to rely on the difference between hovering over something (mouseover) vs. actually clicking. This distinction is not rare. It’s pervasive, fundamental to interactive design, and vital to the basic use of Flash content. New Flash content designed just for touchscreens can be done, but people want existing Flash sites to work. All of them—not just some here and there—and in a usable manner. That’s impossible no matter what.

(Flashに依るゲームやメニュー、ビデオプレーヤーにしてもそうだが、これら多くが可視的なマウスポインタを必要とする。プログラム自体がマウスオーバーと実際のクリック動作との差異に依存している。この差異依存は何も珍しくはない。これはインタラクティブデザインにとっては根本的なことであり、Flashコンテンツを利用するときに不可欠なものだ。タッチスクリーン向けに新しいコンテンツをつくることは可能だが、多くの人は既存のFlashを動かしたいと思っている。それも、これかあれかができればいいじゃなくて、すべてを「使える」ものとして使いたいんだ。でもこれは不可能だ。)

Adamsはさらに、Flashじゃないとできないと多くの人が誤解しているが、例えばビデオコンテンツを作れる代替的なプログラムは事実Flash以外にあって、Flash開発者の彼自身がそうした代替的なプログラムでiPhone用のコンテンツを作っている、と述べて、彼自身のおそらく忸怩たる心境を語っています。

でもひとつ、そうなの? とも思ったのが「タッチスクリーン向けに新しいFlashコンテンツをつくることは可能」という部分。ふーん。実はここまで読んでもこの記事が暗示することが100%わかっているわけではないのですが、やはりこれまでのAdobeと業界のしがらみというのは、私のような素人が想像するよりはるかに複雑なものであることが伺われる記事でした。