アップルがもたらすウェブの福音

いつまでたっても文系ガジェット批評のスタンスは崩さない(というか当然崩せない崩しようがない笑)zackyです。

Steven Johnsonというライターさんの “Rethinking a Gospel of the Web” という記事が少し前のニューヨーク・タイムズにあったのですが、ここでジョンソンさんは、多くの人がオープンなプラットフォームのほうがより “generative”(生成的、生殖的)だという前提でこれまでやってきたけど、実際のところいくつかの重要な点においてはアップルの閉じた設計思想のほうがプラットフォームの “generativity” に貢献している、という主旨の論を展開しています。

この記事では一言も言及されていませんが、Googleとの一連の係争においても中心的な話題となっていた、「開かれた」ほうがいいのか「閉じた」ほうがいいのか、という議論のまとめのようにも読める記事で、私のような文系人間にも非常にわかりやすかったです。

単なるまとめにも見える記事ですが、この記事で私が興味深いと思うのは、革新性と多様性は開かれたプラットフォームによってもたらされる、というひとつアイデアが、アイデアの域を超えて gospel(教義)になってしまっていた、というか、「開かれた開発環境」というアイデアが福音である、と思わせるような状況が当時においては在った、ということを暗に指摘している点です。

このあたりの私見については、アップルとHTC(事実上はGoogle)が争っているさなか、Tim BrayがGoogleに雇われた件について書いた拙記事にもありますので参照いただければと思うのですが、ジョンソンさんの記事を読んでやっぱり考えてしまうのは、「開かれた」=「民主的」あるいは「自由」=「善」という、一見明解な3段論法が、果たして「真」なのか、ということ。

実は私もかつて「開かれ」のゴスペルに魅力を感じてLinuxを使おうと努力したことがありました。ところがやはり学んでいる時間がなかった。その世界に通じている人には理想的な環境なのかもしれないけれど、ある特定の目的のために電子機器を使いたいと思う人達のための思想ではないのだな、ということを使い始めて2日目ぐらいで早くも感じてしまいました。「開かれている」こととはつまり、原則として全てを一から学ばないといけないことを意味するのではないか、と。無理なんです。

プログラムのプの字も知らない私なので見当違いのことを言っていたら申し訳ないのですが、iPhoneやiPadにFlashが乗るかどうかということについてこれだけ議論喧しいのも、この問題が基本的にはこういった優先的プラットフォームの選択の問題に関わっているからだと私的には理解しています。

iPhoneやiPadが全てなんてことはありえない。電子機器業界全体として見れば極めて少数派です。ジョンソンさんはアップルの設計思想を “a gospel” としていますが、”a” がついているあたり、それが全てではない、というニュアンスもあるのかな、と思います。ただ、現在においてアップルが提供する開発環境が、往時のLinuxや今のAndroidなどの「福音」に対抗するものであると認識しうる状況は十分にあります。そしてもしそれが「福音」であるならば、それをロールモデルとする実践が今後普及していくことも十分予想されるところです。特にiPadはこれからのタブレット型デバイスの分野を牽引していく存在に間違いなくなっていくであろうと予想されるような状況でもありますし。

アップルが提供している開発環境を “walled garden”(壁に囲まれた庭)と比喩(揶揄)する向きもありますが、ジョンソンさんは、この環境がうまく運用されるならば、壁に囲まれた庭は、ウェブという “ecosystem”(生態系)における “rainforest”(熱帯雨林)になりうる、と締めくくっています。

私はすでに、Mac/iPhone/iPadがないと生きられない体になっているんですけど(笑)。

ブレイさん。本音が出てしまってます。

追記:前タイトル、ハシャギすぎていたので、変えました。

___________

Tim BrayがiPhoneに三行半をたたきつけた件があちこちで取り上げられております。

ブレイのことを知ったのは、先日アップルがHTCを提訴した件についてのJohn Gruberの記事を扱ったときでした。ソフトウェアに関するパテントのあり方についてグルーバーがブレイのエッセイを引用していたのですが、彼もまた重要人物だったのですね。

最近になってGoogleがブレイを雇った、ということなのですが、その理由のひとつが彼の業界内での影響力にある。 Information Week が次のように今回のいきさつを要約しています。

Wasting no time, Google’s latest hire embraced his new role as Android developer advocate by declaring that he hates Apple’s iPhone, even though its hardware and software are “great.”(グーグルに雇われるやいなや、アンドロイド陣営を擁護するという彼の新たな任務を遂行した。彼は、どんなにハードウェアやソフトウェアが「すばらしい」ものであったとしても iPhone が大っきらいだ、と宣言した)

自身のブログで、グーグルに所属したその朝、この件についての記事をブレイが書いています。タイトルは “Now No Evil-Zone“。Information Week など各ソースが引用しているのがこの記事からの以下の部分です。

The iPhone vision of the mobile Internet’s future omits controversy, sex, and freedom, but includes strict limits on who can know what and who can say what.  It’s a sterile Disney-fied walled garden surrounded by sharp-toothed lawyers. The people who create the apps serve at the landlord’s pleasure and fear his anger.(iPhoneが示す未来のモバイルビジョンは論争やセックスや自由を欠いている。そのかわりに、知るべきことを知っていて言うべきことを言える人たちに厳しい制限を課す。鋭い歯で待ち構える弁護士という壁に囲まれた「ディズニー化」されたつまらない庭のようなものだ。アプリケーションを作り出すのは、主人の楽しみのために仕え、彼の怒りを恐れる人たちなのだ)

オープンな開発環境を擁護するという意味でこれに勝るものはないような、随分がんばった表現ですね。そして重要なのはこのブレイのコメントはGoogleの(準)公式な見解になることです。

ブレイの記事では当然私のような素人には難解な専門的な記述が見られますが、上記のような、私のような素人にもわかりやすい比喩も用いてくれていてわかりやすいです。こうしたわかりやすい表現を用いるということは、メディアにもこの部分は取り上げられるであろうという確信めいたものがあったはずです。

そういう意味で言うならば、やはりディズニーという比喩(と受け取られてもここは仕方がないと思います)を用いたことは、ディズニーの価値を過小評価している彼の考え方が反映されているように思えてなりません。

ディズニーが秀逸なのは、全てを管理した上で、完璧な娯楽の世界を作り上げる点です。こう言うことで、アップルがまさにそうしたディズニーのようなものづくりのありかたを目指している、とブレイは暗に示していることになりますが、ブレイがうまくないと私が思うのは、ディズニーに魅了されてる人々の、そして、ディズニーに価値を見出している人の「良心」をこの記事によって否定してしまっていることです。

オープンな開発環境が非常に重要であることはわかります。業界内でのそれぞれの陣営内あるいは対陣営間の魑魅魍魎な人々による駆け引きも想像は出来ます。

一方で、オープンで大人な世界が全てだ、とも言えない。もちろんクローズドなアップルな環境が全てだ、とも言えない。それぞれ役割があるはずです。

App Storeが性的な表現を排除するという方向性を示した、というならば、その趣旨に伸るか反るか、で、ダメなんでしょうか。それとも今回のブレイの発言も、なんというか、売られた喧嘩(どっちが最初に喧嘩をしかけたのかもわかったものではありませんが)は、というノリだからこうなったんでしょうか。

一企業の判断です。それによって一個人の表現の自由が奪われるはずがありません。

奪われるのは iPhone(近日中には iPad) における表現の自由だけです。

現在、規制をかけ始めたアップルにたいして辛辣な見解を示している人たちが(図らずも?)表わしてしまっているのは他ならぬ iPhone(iPad)もしくはアップルに対する「愛情」なんじゃないんでしょうか。素晴らしいがゆえに、そのプラットフォームでの開発を何らかの理由で諦めざるをえない人たちの、アップル製品に対する愛情。

うーん。ちょっと自己完結的ですかね?

でも、私自身、子どもを持つまでディズニーなんて分からないタイプの人間でした。子どもが生まれてから、子どもが健全に育って欲しい、そのためにはある程度、様々なものごとを親として選別し、子どもに与える必要がある。すくなくとも一定の期間は、こういう配慮は必要であり、そうした時期にディズニーはやはりうってつけの素材として既に存在しています。

私にとってのアップルを使う理由も、現在の私のニーズにあったものをアップルが与えてくれるからです。昔はオープンな開発環境のメリットや「理念」をど素人なりに素晴らしいと思って活用しようと思いましたが、そういう環境に精通していない者にとっては、そうした環境を使うことはすなわち時間の浪費以外のなにものでもないわけです。Mac をメインで使いはじめてからどれほど生産性が上がったことか。

ブレイの発言も業界内の人ならば「なるほど」と思うレトリックを使ったものなのかもしれませんが、影響力のある人ならば、業界外の人も読むことを前提として発言したほうが賢明だと私は思います。私のようにいちエンドユーザとして、いろんなことをいろんな方向から考えている人もいる、ということは頭に入れておいた方がいいのではないかと。まあ、それほど憎い、もしくは可愛さ余って・・・ということなのかもしれませんが。

何かを必要とする人と、そうでない人がいるのです。世の中には。

私が上に示したのは隙だらけの論ですが、私のブログは、Macの製品を使いはじめたことで生産性がアップしたことの証明です。私にとってこれにまさるポジティブな事実はありません。そして、そうした環境を享受している人たちの価値観を否定する権利など誰にもないはずだと、私は思います。

グルーバー、アップルのパテント係争を語る

かれこれ10年ほど前、私がまだ30代前半の頃、法律の専門家の友人に「司法試験って今からチャレンジできるかのぉ?」と尋ねたところ「いけるいける、今はパテントが狙い目やでー」とアドバイスされたことを思い出します。当然そんな思いつきの野望は3日も経たずに忘れ去りましたが、パテントって案件が増えて来ているんだろなーと漠然としたイメージを抱いたのを思い出します。

例によって私がまったく知識のない分野についてアップルが看過できない問題を立ち上げてくれたので、無理やり考えることになってしまいました(前置き長すぎ)。ご存知のことと思いますが、アップルがHTCを相手どり、Nexus Oneがアップルの20の特許を侵害しているとして係争を起こしました。相手がNexus One、これは穏やかでないなと気になり始め、でもどの記事を読んでも事の本質がイマイチわからんかったのですが、John Gruberの記事がかなりスッキリさせてくれました。パテントについての私のこれまでの知識不足を、今回の問題が最低限わかる程度には補ってくれたうえで、何が問題なのかを示してくれていて、助かりました。

グルーバーの結論としては、今回の特許係争については、アップルはあんまり深入りしない方がいい、ということ。グルーバーによるとその理由はアメリカにおけるソフトウェア技術に対する特許認定の現状のまずさにあります。

記事の冒頭、Tim Brayのソフトウェアの特許認定に関するエッセイを引用しています。ブレイはここで(アマゾンのものと思いますが)いわゆる「1クリック」と(初期の)PGPのどちらが特許を与えるにふさわしいかを比較し、もちろんPGPがそうであるとして特許が認定されるべき具体的なソフトウェア技術のイメージを示した上で、

I also think that to get a patent, an invention should include innovation both in conception and implementation.(ある発明が特許を得るためには、その発明が発想と実装の両面で革新的であるべきだと私は思う)

という論旨を示しています。グルーバーはこのブレイの論旨に完全に同意するとしているのですが、いくつか問題があって、そのうち特にUSTPO(米国特許商標庁)のソフトウェアの特許認定における機能不全はひどい、と苦言を呈しています。つまりそもそも特許庁の人間がソフトに特許認定することの意味を実際には理解していない、何も新しくはない技術にたいして嬉々として特許を与える、で、そこに絡んでいるのが特許ビジネスのからくりであり、結果としてこのシステムは実質的に企業の法的実務を扱う専門家に寄与している、そしてこうした状況はなかなか変えられるものではない、と。

この流れで今回のアップルが起こした係争を見てみると、もちろんジョブズの怒りはわかる、でも、そもそもこうした特許に関することでアップルが問題を長引かせることによるメリットは少ない、とグルーバーは言います。加えてソフトウェアへの特許付与に関する上記のような問題があることに加えて、次のような意見を示します。

To me, “user interface” patents are hand-in-hand with “business method patents” as examples of things which, no matter how innovative or original, ought not be patentable. They’re idea patents.(私にしてみれば、UIの特許は[1クリックのような]「ビジネスモデル特許」と同じ括りにあるもので、どれだけ革新的でオリジナルなものであっても、特許性のあるものではない)

私は前回のエントリでiPhoneのUIの素晴らしさを記事にしましたが、グルーバーのこの考え方については、私自身はまだ十分理解出来ていないようです。ただ、この理屈の根拠となっている “You can’t (or at least shouldn’t) be able to patent mathematics, and there are good arguments that programming is a branch of mathematics.”(数学に特許を与えることはできない(というか少なくとも与えるべきではない)し、プログラミングは数学の一分野であるという考え方にも十分な根拠はある)という示唆については、まあこれも深くわわからないですが、わかる気はします。

グルーバーは、アップルの特許技術が確かに発想においても実装においても革新的でありオリジナルであることを認めていますし、そうした技術から得られる利益を期待したいというジョブズの気持ちもわかる、なによりそうした技術は世界をよくするんだから、と完全に同意したうえで、それでも、全てを望むことはできないのではないか、もしそれをしてしまったら・・・、という懸念を示します。つまり、Paul Graham が”Apple is inching ever closer to evil, and I worry that there’s no one within the company who can stand up to Jobs and tell him so.”(アップルはかつてなく「イーヴィル」に近づいていて、アップルの社員の誰もがジョブズにそのことを提言することができない)と述べていることに基本的に同意しつつ、アップルが”evil”な存在になってしまうことを心配しています。

いやぁ、アップルにまつわる様々な事どもを通じて、いろいろと勉強させていただいております。

それと、私に「パテントをやれ」と言ってくれた10年前の友人の言葉が今になってリアルに理解できたのが、うれしかったです。Wくん、元気にしてるかなぁ。