アップルの秘密

「アップル好き」宣言から、実はまだ4ヶ月と少しなzackyです。

モバイルを中心に様々なガジェットを吟味し、考えぬいた上で、アップルを選んだ私としては、少しでも多くの人にアップルの良さをわかってもらいという思いを持ちながら、今ではブログを綴っております。畢竟、アップルバンザイな感じのエントリが多いのですが、それでも私自身が「良くない」と思うことについては、それを無理やり「良い」ものとして無理強いするつもりはない。

私が一つ反省しないといけないことは、例の新iPhoneギズモード事件のすぐ後に書いたエントリが、アップルによるシナリオ説を肯定する形のものになってしまったことで、もちろんこれは私の100%憶測によるものですので信ぴょう性のかけらもありません。今思うと、アップルも置き忘れた開発中の製品があんな形で晒されるなんてことは全く想定していなかった、というただそれだけのことのようにも思えます。アップルの秘密主義を支えてきたのも、人を信じるけども信じられる人に対する要求水準が極めて高い「性善説」的なスタンスを、社員の全てが理解して実践する、という社風が維持されていたからこそなのかもしれない、と思います。

ただ、この推測もあくまで推測です。いちユーザーとしては、使い易い製品があることだけで十分なですが、社会的影響力が大きくなればジャーナリズムが取り沙汰する機会も増えてくるわけで、こうした秘密主義はジャーナリズムがネタにする格好の材料になることは間違いない。

以前Mark Fioreの風刺イラストアプリをApp Storeがリジェクトし、フィオーレのピューリッツァー賞受賞後に今度はアップルの方からコンタクトがあったことが問題になりましたが、この件についてJohn Gruberが “It’s Not the Control, It’s the Secrecy” というエントリで次のように言っています。

If it is Apple’s policy not to allow any political satire in the App Store, that’s terrible. If that’s not Apple’s policy, and some individual App Store reviewer rejected Fiore’s app mistakenly, that’s terrible. Either way, something terrible is going on. But worse than anything related to this specific case is the bigger picture: we don’t know.(アップルが政治的風刺をApp Storeに認めないというポリシーがあるとすればとんでもないことだ。App Storeの評価者が個人的なミスで却下したとしても、とんでもないことだ。いずれにせよ何かとんでもないことが起こっている。しかしこの件に関して、その前提においてよくないことがひとつある。われわれが何も知らないことだ)

グルーバーの批評はApp Storeに関するものですが、このことは今回の新iPhone事件についても示唆的な部分があるかな、と思います。

アップルの秘密主義は私のような新参アップル信者でもよく知っているほど有名であり、今回のような事件があると、そうした社風が何らかのかたちで関わっているのではと憶測させてしまう傾向がある。上記の部分に続けてグルーバーは “Apple might think they’re coming out ahead by not publishing their actual rules, because the current situation leaves them tremendous case-by-case discretion.”(アップルは実際のルールを公表しないことで優位に立つことができると考えているかもしれない。なぜならとてつもない数の個別の判断に迫られる状況に彼らが現在身をおいているからだ)と言っていて、これはアップルの社風の現状を理解するには示唆的です。

アップル製品に分厚い説明書がついてこないことはアップルユーザーなら誰でも知っています。使い易いインターフェースがあるから、使えるところから使い始めてデバイスに触れながらだんだん慣れていってね、わからなければジーニアスバーもありますよ、という、「説明書がない」こと自体が持つメッセージは、少し時間が経てばなるほどと思える。さっき「人を信じるけども信じられる人に対する要求水準が極めて高い「性善説」的なスタンス」をアップルが社員に取っている、という仮説を示しましたが、ユーザーについても、「人」を「ユーザー」に変換すれば(そして「極めて」を取れば?)同じスタンスでアップルが臨んでいることがわかります。

ただ、既存のアップルユーザーにとってみれば全くもって賢明なこれらの方法も、「不親切」であるとして理解してもらえない場合がある。つまり、今風に言うなら「見える化」されていないことを、欠点だと見なす向きもある、ということ。

App Storeの風刺イラストアプリ採用不採用の一件は、その場その場での判断が仇となったケースだと言えます。iPhoneを落としてしまったG.P.氏の件についても「そんなことは言われなくても自覚しているはずだ」という社風を彼が読みきれていなかっただけなのかもしれない。ただ情報の少なさが引き起こすのは、その後彼が「非情」なジョブズに「解雇された」、いや「解雇されていないと聞いた」(by Steve Wozniak。というか彼でもよくわかってませんし) といったもはやゴシップ合戦のような様相で、ここに至るとさすがにどうでもよくなってくる。だって真相がわからないのですから。

いちアップルユーザーとして仲間が増えることはとてもうれしいことなのですが、仲間が増えれば暗黙知の領域も当然狭まります。App Storeの一件や今回の新iPhone事件があぶりだしているのは、グルーバーにいわせれば「われわれが知らない」ルールについての、潜在的”for the rest of us” な人々も含めた全てのアップルユーザに対する「インターフェース」を、もう少し整備することの必要性なのかもしれない、などと思っております。

広告

本気ならiPadを2台買ってもらいなさい。

John GruberのThe Kids Are All Right(子どもたちは問題ないさ)という記事、興味深いです。詳細はすでにmaclalalaさんが取り上げていらっしゃいますので参考にしていただければと思うのですが、かいつまんで言いますと、iPadのブラックボックス化を批判する作家Cory Doctorowなどに対して、すでにiPadアプリを作った13歳の子どもがいるじゃないか、それにそもそも、昔はパソコンを分解して中を見れたといったって、本当の意味で内部を理解していたわけじゃない、プログラムだってBasicが本体そのものを動かすものではなかったし、としてグルーバーが反論するといった内容の記事です。

Cory Doctorowの言っているブラックボックス化ってなにもiPadに限ったことではないし、今に始まったことでもないですし。個人的にiPadに気に入らないところがあるのか、あるいは、アップルのいわゆる「閉じた」開発環境がお気に召さないのか、とも思ったり。

バラして組立て直すことができる製品が、次世代のギークな子どもを育てる、ということ?

もちろんそういう側面はあるでしょうけれど、本気でそうしたいと思うギークな素質を持っている子どもなら、iPadについて言うならば、iPadを2台買ってもらって一台を分解用にするぐらいのことをするんじゃないでしょうか。昔のパソコンに比べたらiPadは格段に安いですし。それにきょう日iPadだけじゃないでしょう、分解したら終わり、っていう類の製品って。なんだか「真空管時代のテレビはヨカッタ」みたいな主張の繰り返しみたいに思えてきますし、少しズレている気がします。本気のギークな方はすでにiPadをバラしてらっしゃいます

もっと言うなら、世の中はギークな人たちだけで成り立っているわけではないし(真のギークな子どもならさっきも言いましたが分解ぐらいするでしょうし)、そもそもMacBook Airのようなほとんど工業製品の域を逸脱したようなプロダクツに完全に魅了された私のような者にとってはAppleの製品は単なるガジェット以上のモノなのであって、分解するしない、という議論の外側にあるモノという前提で捉えています。

ギークありきな議論もいいんですが、アップルの場合、その他大多数の普通のユーザー(for the rest of usのなかの普通のユーザー)のためのことも考えて製品づくりが行われている、ということを考えるなら、そもそもブラックボックス化されているからダメ云々というのは、極めて些末な、それもいまひとつグッと来ない議論だと思うのですが、いかがでしょう。

グルーバー、アップルのパテント係争を語る

かれこれ10年ほど前、私がまだ30代前半の頃、法律の専門家の友人に「司法試験って今からチャレンジできるかのぉ?」と尋ねたところ「いけるいける、今はパテントが狙い目やでー」とアドバイスされたことを思い出します。当然そんな思いつきの野望は3日も経たずに忘れ去りましたが、パテントって案件が増えて来ているんだろなーと漠然としたイメージを抱いたのを思い出します。

例によって私がまったく知識のない分野についてアップルが看過できない問題を立ち上げてくれたので、無理やり考えることになってしまいました(前置き長すぎ)。ご存知のことと思いますが、アップルがHTCを相手どり、Nexus Oneがアップルの20の特許を侵害しているとして係争を起こしました。相手がNexus One、これは穏やかでないなと気になり始め、でもどの記事を読んでも事の本質がイマイチわからんかったのですが、John Gruberの記事がかなりスッキリさせてくれました。パテントについての私のこれまでの知識不足を、今回の問題が最低限わかる程度には補ってくれたうえで、何が問題なのかを示してくれていて、助かりました。

グルーバーの結論としては、今回の特許係争については、アップルはあんまり深入りしない方がいい、ということ。グルーバーによるとその理由はアメリカにおけるソフトウェア技術に対する特許認定の現状のまずさにあります。

記事の冒頭、Tim Brayのソフトウェアの特許認定に関するエッセイを引用しています。ブレイはここで(アマゾンのものと思いますが)いわゆる「1クリック」と(初期の)PGPのどちらが特許を与えるにふさわしいかを比較し、もちろんPGPがそうであるとして特許が認定されるべき具体的なソフトウェア技術のイメージを示した上で、

I also think that to get a patent, an invention should include innovation both in conception and implementation.(ある発明が特許を得るためには、その発明が発想と実装の両面で革新的であるべきだと私は思う)

という論旨を示しています。グルーバーはこのブレイの論旨に完全に同意するとしているのですが、いくつか問題があって、そのうち特にUSTPO(米国特許商標庁)のソフトウェアの特許認定における機能不全はひどい、と苦言を呈しています。つまりそもそも特許庁の人間がソフトに特許認定することの意味を実際には理解していない、何も新しくはない技術にたいして嬉々として特許を与える、で、そこに絡んでいるのが特許ビジネスのからくりであり、結果としてこのシステムは実質的に企業の法的実務を扱う専門家に寄与している、そしてこうした状況はなかなか変えられるものではない、と。

この流れで今回のアップルが起こした係争を見てみると、もちろんジョブズの怒りはわかる、でも、そもそもこうした特許に関することでアップルが問題を長引かせることによるメリットは少ない、とグルーバーは言います。加えてソフトウェアへの特許付与に関する上記のような問題があることに加えて、次のような意見を示します。

To me, “user interface” patents are hand-in-hand with “business method patents” as examples of things which, no matter how innovative or original, ought not be patentable. They’re idea patents.(私にしてみれば、UIの特許は[1クリックのような]「ビジネスモデル特許」と同じ括りにあるもので、どれだけ革新的でオリジナルなものであっても、特許性のあるものではない)

私は前回のエントリでiPhoneのUIの素晴らしさを記事にしましたが、グルーバーのこの考え方については、私自身はまだ十分理解出来ていないようです。ただ、この理屈の根拠となっている “You can’t (or at least shouldn’t) be able to patent mathematics, and there are good arguments that programming is a branch of mathematics.”(数学に特許を与えることはできない(というか少なくとも与えるべきではない)し、プログラミングは数学の一分野であるという考え方にも十分な根拠はある)という示唆については、まあこれも深くわわからないですが、わかる気はします。

グルーバーは、アップルの特許技術が確かに発想においても実装においても革新的でありオリジナルであることを認めていますし、そうした技術から得られる利益を期待したいというジョブズの気持ちもわかる、なによりそうした技術は世界をよくするんだから、と完全に同意したうえで、それでも、全てを望むことはできないのではないか、もしそれをしてしまったら・・・、という懸念を示します。つまり、Paul Graham が”Apple is inching ever closer to evil, and I worry that there’s no one within the company who can stand up to Jobs and tell him so.”(アップルはかつてなく「イーヴィル」に近づいていて、アップルの社員の誰もがジョブズにそのことを提言することができない)と述べていることに基本的に同意しつつ、アップルが”evil”な存在になってしまうことを心配しています。

いやぁ、アップルにまつわる様々な事どもを通じて、いろいろと勉強させていただいております。

それと、私に「パテントをやれ」と言ってくれた10年前の友人の言葉が今になってリアルに理解できたのが、うれしかったです。Wくん、元気にしてるかなぁ。

MacWorld Expoレポート(2)

さて、二日目です。

午前中は別件があり、自由になったのは11時半を過ぎてから。

今日はLeo LaporteとJohn Gruberのフィーチャー・プレゼンテーションが目当てです。

レオのプレゼンが午後2時から。朝食を取っていなかったので、例のごとくスタバにてトールアメリカーノと「アップル」ブランマフィンの朝食。ここで、メールの処理など雑用をしながら1時間ほど。

12時45分ごろ、レオのプレゼンの前に少し見本市を見ておこうと、モスコーニュ・ノースに行きます。時間まで見本市。あ、 Guy Kawasaki氏。そうえいば午前中のプレゼンは彼だったんですよね。

そして1時半頃にレオのプレゼン会場の前へ。David Pogueに負けないぐらいの人の列。

5分ぐらい前に会場に誘導がはじまります。そして例のごとくPaul Kentの紹介にてLeo Laporte登場。

TWiTのポッドキャストでおなじみの時計を持参してきました。なんかちょっと感無量になりました。やっぱり今回一番見たかったのは彼の生の姿だったような気がします。2005年にTWiTを知ってから、「テックレビューってこんなに面白くできるものなんだな」と、そのエンターテインメントなトーンにたちまち魅了され、彼の番組を今まで聴き続けてきたzackyですので、その御尊顔を生で拝見できて、幸せでした。

以上。

って嘘ですが、実は彼のプレゼンでは4組のゲストが登場してレオと対談するという形式がとられていたので、TWiTのようなギークなショーを少し期待していた私としては少し微妙な感じではありました。ただ、こういう形のほうがMacWorldのようなイベントに合っているのだろうなというのもわかりますし、来ている方を見渡していると私くらいの年代から上(かなりの年配の方も結構いました)の割合が非常に多く、そうした聴衆への配慮もあるのだろうなと推察できました。

レオのぶっ飛びぶりは見れませんでしたが、おかげで

Heather Gold

Roger McGuinn

Adam Savage

Warp 11

といった、今までほとんど知らなかった人たちの事を知ることができました。Heather Gold や Adam Savageの略歴を後で調べましたが、すごく興味深い人たちです。これから注視していこうと思いました。あと、Warp 11の演奏に至ってはレオが

ノリノリでした。

レオがWarp 11を “Sci-Fi Band” と紹介をしていて、なるほど、そういうポップ音楽ジャンルの括りって面白いなと思っていたのですが、音楽はヘビーでアップテンポな、ノリのいい曲ばかりでした。

特に興味深かったのはRoger McGuinnに対しての観客の反応ぶりで、Appleを支えている世代の幅の広さをしみじみと感じることになりました。さすが、イベントの性質を把握してゲストの人選を考え抜いているな、と、またしてもレオのプロデューサー感覚に感心いたしました。

さて、終わったのは3時を大きく過ぎていましたが、グルーバーまでまだ1時間以上あります。正直、強行スケジュールのツケがでてきていてかなりシンドかったのですが、とにかく生グルーバーを見るまでは帰らないぞと思って、最後の力を振り絞り見本市を散策。

途中行列の様子を見に行くとそれほど長くなかったので、まあちょっと日和ってしまい、4時30分ぎりぎりまで見本市会場にいました。そして時間が来て会場に行くと、それでもポーグを見たときと同じ位置に陣取れました。グルーバーの御尊顔。

実は30分ほど経過したところで疲れがピークに来てしまい、途中で出てきてしまいました。”Gruber 10″ということで、アップルが抱える10の問題について述べていた、ちょうど5番目のトピックに触れかけたときでした。

興味深かったのはケントがグルーバーを紹介するときのコメントです。われわれにも “thoughtful thinker” が必要だ、と言ったのですが、これは要するにグルーバーがアップルに対して多少辛辣にも見える意見を陳述するに際し、(私みたいに[まだそれが必要な期間だと思ってるからそうしてます念のため])ヨイショばっかりするひとばかりではダメで、きちんと自浄作用を促してくれるような批評眼を持った人の意見を聞いておくべきだ、というケントなりの予防線があったのだな、という、主催者としての素晴らしいバランス感覚を感じました。恐るべしポール・ケント。ちなみにグルーバーのプレゼンの内容については シローさんがmaclalalaのつい先日の記事で詳しく紹介しておられますので、そちらを是非参考にしてください。

会場を出た後はとりあえずホテルに直行してひと眠りし夜中近くにモソっと起きだして夕食を食べに出かける、という一日でした。(というか、もういっちょこの後重い体を引きずって行った場所があるのですが、それはまた次回以降の報告にて。いや別にたいしたところではないんですけどね)

次回に続く。

iPad は MacBook Air の代わりになるか?(キーボード編)

MacBook Air を愛し続けるzackyです。

そういえば、John Gruber は “The Tablet” はMacBookの代わりになるものであるはずだ、と言っておりました。私もどちらかというと、そういう存在としてのタブレットを期待する部分もありました。

iPadの全貌が明らかになって、さて、iPadがMacBookの代わりになるものかどうか、と改めて考えるならば、そうではない、ということになると思います。そもそもジョブズはプレゼンで、 iPhone  |  iPad  |  MacBook は違うカテゴリーだ、と言っておりました。客観的にみても、やっぱりニッチなプロダクツだったわけです。

iPad は MacBook (Air) の代わりになるものではありません。

以上!

と言ってしまっては面白くないので、MacBook Airへの愛をしっかりとホールドしつつ少しだけ考えます。

完全な代替品にはならないとはいえ、ウェブブラウズ、写真の整理、iWorkを使った文書編集などMacBookでできる作業のいくらかをiPadでできることは確かでしょう。ということは、私が普段Macで行ってる作業のかなりの部分はできてしまいます。つまり、zacky的には、かなりMacBookの代わりになるかもしれない製品です。

ただ何度も拙ブログでも申し上げていることなのですが、私がMacの前に座っている時間の大半は、文書編集のために費やされています。つまり、Macの代わりに使えるという条件で考える場合、キーボードが私にとっての最重要課題なのです。

さて、アップルの公式ホームページによりますと、

とのことで(赤下線 zacky)、Apple Wirelessキーボード対応だと明示されています。

と・い・う・こ・と・は。

サードパーティ製モバイル的Bluetoothキーボードも使える、と判断して、ここはかまわないのでしょうか??

テクノロジーに疎い文系Mac人間としては、このあたり正直よくわかりません。ただ、どっちにしろ、ウェブブラウズ+メールのやり取りだけがパソコンを使う目的の全てである妻用に、16G+WiFiモデル購入(!)を既に心に決めてしまったので、買ったら確かめるつもりデス。(そんなことは当然わかってるよ、とか、そんなの無理にきまってるだろ、とか、自明のことだとおわかりの方いらっしゃいましたら是非ご教示ください)