次のAndroidはFlashサポート、そしてiPadを買ったルービン

今年の初め、Nexus One発表の折に、TechCrunchのMichael Arringtonが、ジョブズの後継者として(冗談半分に)グーグルのAndy Rubinの名前を上げていた記事を読んで以来、ルービンが気になっているzackyです。

そのルービンがAndroidの次のバージョンFroyo(=frozen yogurt) について、FlashをサポートすることをNew York Timesのインタビューで確約したそうです。以前は「必ずしもそうではない」と言っていたようですので、方針の変更したんですね。このあたりの機微はよくわかりませんが。

理由について “Sometimes being open ‘means not being militant about the things consumer are actually enjoying'”(開かれていることが「実際に楽しめるものについて消費者に対して攻撃的ではないことを意味する」こともある)とルービンは言っています。またAndroidフォンがいずれiPhoneやBlackberryを抜くか?という質問に対しても “I don’t know when its might be, but I’m confident it will happen. Open usually wins.”(いつになるかわからないが、いずれそうなる自信はある。「オープン」はいつも勝つんだ)とやっぱりオープン/クローズなアティチュードのポジショニングを意識的にしながら、アップルを「北」に例えたりと、結構言いたい放題です。

でも、このあたりがルービンの「オープン」なところなのでしょうか。妻のためにiPadを買った、と。敵情視察の事実についても隠し立てしておりません。iPadについては “a certain demographic that consumes more than produces”(特定の、生産より消費傾向が高い層)への牽引力があるだろうとして、新しいマーケットを創り出すというよりはラップトップマーケットに食い込んでいく形になるだろう、と予想しています。

でも、iPadを買う層を「生産より消費傾向が高い」と言ってしまうあたり、やはりジョブズとは全く異なるセンスの持ち主だな、と私のような文系人間は思います。ルービンはテクノロジーがテクノロジーを生み出す「生産」性をこの場合は明らかに意識していると思われます。でも、私のような人間からしてみれば、iPadが生産性に大きく貢献することは明らかです。私のように情報を取り入れ(=消費し)て、その情報を元に新たな情報を生産する人間にしてみれば、iPadは生産性に大きく関わります。ブログを始める前の私ならいざ知らず、ブログをはじめてからの私の生産性といったら、自分でも驚いているぐらいです。その生産性に寄与しているのが何を隠そうMacBook Airをはじめとしたアップル製品なんです。

最近のTWiTだかMacBreak Weeklyで、Leo Laporteが、たぶん誰かの意見にメンションして「オープンネスにこだわるのはギークだけだ」と言っていて、なるほどと思ったのですが、業界の「オープン」 vs. 「クローズ」対決、一体どうなるのでしょうか。

広告

MacWorld Expoレポート(2)

さて、二日目です。

午前中は別件があり、自由になったのは11時半を過ぎてから。

今日はLeo LaporteとJohn Gruberのフィーチャー・プレゼンテーションが目当てです。

レオのプレゼンが午後2時から。朝食を取っていなかったので、例のごとくスタバにてトールアメリカーノと「アップル」ブランマフィンの朝食。ここで、メールの処理など雑用をしながら1時間ほど。

12時45分ごろ、レオのプレゼンの前に少し見本市を見ておこうと、モスコーニュ・ノースに行きます。時間まで見本市。あ、 Guy Kawasaki氏。そうえいば午前中のプレゼンは彼だったんですよね。

そして1時半頃にレオのプレゼン会場の前へ。David Pogueに負けないぐらいの人の列。

5分ぐらい前に会場に誘導がはじまります。そして例のごとくPaul Kentの紹介にてLeo Laporte登場。

TWiTのポッドキャストでおなじみの時計を持参してきました。なんかちょっと感無量になりました。やっぱり今回一番見たかったのは彼の生の姿だったような気がします。2005年にTWiTを知ってから、「テックレビューってこんなに面白くできるものなんだな」と、そのエンターテインメントなトーンにたちまち魅了され、彼の番組を今まで聴き続けてきたzackyですので、その御尊顔を生で拝見できて、幸せでした。

以上。

って嘘ですが、実は彼のプレゼンでは4組のゲストが登場してレオと対談するという形式がとられていたので、TWiTのようなギークなショーを少し期待していた私としては少し微妙な感じではありました。ただ、こういう形のほうがMacWorldのようなイベントに合っているのだろうなというのもわかりますし、来ている方を見渡していると私くらいの年代から上(かなりの年配の方も結構いました)の割合が非常に多く、そうした聴衆への配慮もあるのだろうなと推察できました。

レオのぶっ飛びぶりは見れませんでしたが、おかげで

Heather Gold

Roger McGuinn

Adam Savage

Warp 11

といった、今までほとんど知らなかった人たちの事を知ることができました。Heather Gold や Adam Savageの略歴を後で調べましたが、すごく興味深い人たちです。これから注視していこうと思いました。あと、Warp 11の演奏に至ってはレオが

ノリノリでした。

レオがWarp 11を “Sci-Fi Band” と紹介をしていて、なるほど、そういうポップ音楽ジャンルの括りって面白いなと思っていたのですが、音楽はヘビーでアップテンポな、ノリのいい曲ばかりでした。

特に興味深かったのはRoger McGuinnに対しての観客の反応ぶりで、Appleを支えている世代の幅の広さをしみじみと感じることになりました。さすが、イベントの性質を把握してゲストの人選を考え抜いているな、と、またしてもレオのプロデューサー感覚に感心いたしました。

さて、終わったのは3時を大きく過ぎていましたが、グルーバーまでまだ1時間以上あります。正直、強行スケジュールのツケがでてきていてかなりシンドかったのですが、とにかく生グルーバーを見るまでは帰らないぞと思って、最後の力を振り絞り見本市を散策。

途中行列の様子を見に行くとそれほど長くなかったので、まあちょっと日和ってしまい、4時30分ぎりぎりまで見本市会場にいました。そして時間が来て会場に行くと、それでもポーグを見たときと同じ位置に陣取れました。グルーバーの御尊顔。

実は30分ほど経過したところで疲れがピークに来てしまい、途中で出てきてしまいました。”Gruber 10″ということで、アップルが抱える10の問題について述べていた、ちょうど5番目のトピックに触れかけたときでした。

興味深かったのはケントがグルーバーを紹介するときのコメントです。われわれにも “thoughtful thinker” が必要だ、と言ったのですが、これは要するにグルーバーがアップルに対して多少辛辣にも見える意見を陳述するに際し、(私みたいに[まだそれが必要な期間だと思ってるからそうしてます念のため])ヨイショばっかりするひとばかりではダメで、きちんと自浄作用を促してくれるような批評眼を持った人の意見を聞いておくべきだ、というケントなりの予防線があったのだな、という、主催者としての素晴らしいバランス感覚を感じました。恐るべしポール・ケント。ちなみにグルーバーのプレゼンの内容については シローさんがmaclalalaのつい先日の記事で詳しく紹介しておられますので、そちらを是非参考にしてください。

会場を出た後はとりあえずホテルに直行してひと眠りし夜中近くにモソっと起きだして夕食を食べに出かける、という一日でした。(というか、もういっちょこの後重い体を引きずって行った場所があるのですが、それはまた次回以降の報告にて。いや別にたいしたところではないんですけどね)

次回に続く。

iPad見送りを考えている方、注意です(Kindleユーザーも)

iPhone, MacBook Air, Kindleを持っております私としましては、かつ日々の生活も抱えている者といたしましては、実のところ今回は見送りを考えていました。でも。

私と同じように見送りをお考えの方々に注意。

今週のMacBreak Weeklyは当然iPadがテーマでしたが、ホストのLeo Laporteによると

「アップルストアに行けば、買うつもりがなくても思わず買ってしまいそうになる」

ほどの美しさだそうです。強化版iPhoneっていうのは当たってるけど、今までに経験したことがない製品だと思えてしまう、とも言っております。

さらにKindleユーザーに警告。

レオ自身はKindle支持者だと但した上で、iPadを見るとKindleが「1920年代の製品」に見えてしまう、とのことです(笑)。私もKindleユーザーですが、あまりにもコンセプトが違うので、iPadが出て来てもKindleの立場は揺るがない、というスタンスは崩さないつもりなんですが、こうまで言われてしまうと、非常に困ります(笑)。まあ、発売まではまだ時間がありますのでじっくり考え(=貯金し)ます。

怪しすぎ。

MacBook Airの癒し効果

久々にちゃんとしたMacがらみのエントリ。朝暗がりのなかのMacBook Air。

前回のエントリでも書きましたが,今,締め切りに追われて,ひどい精神状態です。忙しい日には,Type Pを常に持ち歩き,少しでも時間があればキーをたたく,という生活です。家に帰ればMacBook Proをデュアルモニタにして,その日書いた分をまとめてまた考えて,という繰り返しです。

今日は少し余裕があります。もう10日ぶりぐらいかな,ひさびさにまともにMacBook Airで仕事をすることができています。

で,思うのは,MacBook Airって癒しの効果があるかも,ということです。考えがうまくまとまったり,うまくいかなかったり,の繰り返しの連続で,なんか気持ちがささくれ立ってるときに,このさらさらとすべすべのちょうど間のような感触と,少し違う次元に私を連れて行ってくれるような,あまりに完成されたフォルムが,私の気持ちを落ち着けてくれます。

壁紙も,長年愛用しているアクア系のものに戻し,視覚からも潤いを吸収しています。

これがMacBook Proだと,やっぱり少し違うんですよね。「お前しっかり仕事しろよ」と言われてるみたいな気が少しして,「あ,はい。」みたいな。

Airは,なんというか,完全に体の一部のように感じられる,というのかな。そんな感じです。他には代えがたい存在。

久々にAirへの愛を感じる朝です。

ところで,前回のMacBreak Weeklyで知ったのですが,たまたま最近エントリに書いたDavid PogueLeo Laporteが2010年2月開催のMacworld Expoに二人ともキープレゼンターとして登場するようです。Appleは今年から不参加を表明していますが,行ってみたいーっ,と思わせてくれる布陣をひいてます。1月下旬に北米出張予定してるんですが,少し長めに滞在して参加するのは・・・無理だろうな。でも生デイヴィッド・ポーグ,生レオ・ラポート,観てみたいなぁ。