2009年総括+アップルのタブレットに望むもの

2009年、大晦日です。

2009年、私のブログ&ツイッター元年。そして、アップル信者宣言。

偶然にも、私の人生の転機とかさなることとなりました。これも、ブログやツイッターを通じて出会った方々のチカラによるものかもしれないと思います。2010年もがんばりますっ。

ところで出るのかどうかで話題騒然のアップルのタブレットですが、タブレット機については、MacBook Airに出会う前、ThinkPad X61、LOOX-P、LOOX-Uといくつか試しました。電磁誘導式にしろ感圧式にしろ、ディスプレイをスタイラスなり指なりでタッチできる、というのは確かに便利ではありますが、これが「自然な」ヒューマンインターフェースなのか、と問うときに、疑問符がつきました。

アップルがタブレットをもし出すならばですよ、このあたりの問題を完全にクリアしておいていただきたい。

われわれにはすでにiPhoneがあります。究極の”なめらかな”操作性を、このすばらしいモバイルデバイスはすでに実現しています。タブレットが出るならば、少なくともiPhoneと同等かそれ以上の操作性を備えていることを期待するのは、ユーザーとしては当然のことでしょう。そしてそのような操作性を備えたiPhoneより大きいマシンが登場するなら、これによって何ができるのか、という、誰が見ても納得する提案がされることでしょう。こうした要望に沿わないタブレットなら、要らない。

信者宣言したばっかりの私が偉そうに言っていますが、信者だからこそアップルに対する要求も厳しくなるのかな、と思います。

というわけで今年最後のエントリは、アップルに対する要望を以て締めます。

でも、先日相互リンクいただいたApple-Styleさんがイメージされてるマシンのようなものが実際に出てきたら、即ポチかもしれません。やっぱりフェチかも(笑)

今回の比率=Air 5 : Pro 3 : P 2

ずっとひきずっていた仕事がよーやく終わった。

まだ校正とかありますが、ひとまずは終了。

それにしても、やっぱり一番働いてくれたのは、MacBook Airでした。

散々悩んで導入したType Pは、空いた時間のメモ、小トピックごとのアイデアをまとめる、といった作業に向いています。でも今日は出先でもガッツリ書くぜ、というときは、Type Pでは無理です。もちろんわかっていたことですけどね。再確認しました。

結局、今回の仕事(=20,000字程度)は、2週間ほど(うち二日はType Pのセットアップ)かかりましたが、Type Pが2割、Airが5割、Proが3割、といった役割分担で終えました。なんや、結局MacBook Airやん。

何度も言いますが、MacBook Airがベストバランスなんです。私には。

ただ、これからもサブでWin機は必ず使いますが、拡張ディスプレイなどで環境を整えれば、Type Pのような小型機が1台あれば十分事足りるなぁ、と改めて思いました。近いうちにType P以外のWin機は処分することになるかも。LOOX Pを使っていたときは、LOOX PかAirか、みたいな二者択一を自分に迫っていました。私的には、共存させることは難しかったんでしょうね。Type PとAirだから、共存させられる。バランスの問題なのでしょう。現在の組み合わせが私のPC環境史上、最強かもしれません。

さあ、木曜の出張の準備だー・・・。

あ、完全にTimes Literary Supplement リーダーと化しているKindle、早くアップデートの恩恵を味わわねば。でも今日は寝るッス。

Macにシフトしてから

MacBook AirとLOOX Pの間で悩んだ,ということは以前書きました。

今年のはじめ頃です。Macを選択した理由はわりと単純で,作業により集中できるのがMacだった,ということです。Windowsって,なぜだろう,私の場合,すごく遊んでしまうんです。遊ぶというか,デフラグとかディスクの掃除とか,仮想メモリとかバックアップ関係とか,目の前の作業以外のことにやたらと気をまわしてしまうんです。少しでもスピード上げようとか,そんなことしてるヒマあったら仕事した方がずっと効率がいいのに,機械のポテンシャルを発揮させようとして必死になるんです。Macでも,ある程度同じことをしないではないですが,OnyXでたまーにメンテナンスするぐらいです。それもめったにしません。あとはAirをHDD→SSDに交換した程度です。スクリプトなどをいじることもしません(あ,EMonsterのBluetooth接続で一回やりました)。したくなるような挙動がほとんどない。

それと,PowerMacの頃は,iBookの頃もまだそうでしたが,Windowsユーザとのファイル互換の問題が,Macをメインで使用することの大きな障壁でした。Leopardを使ってみて,この問題が,私が行う作業のレベルではほとんどなくなっていることがわかりました。もちろん事情は人それぞれで,図形などの処理を行う同僚に話を聞くと,Officeファイルなどではレイアウト崩れがあって,Macは使いたいけど諦めた,ということでした。

私の場合,MacBook Proを購入してからは依存度はさらに増し,職場にはDELLのデスクトップがあって出勤すると必ず電源は入れますが,作業はほとんどMacで行います。

自分で入れたアプリは名前順にAppCleaner, coconutBattery, DiDi for Eijiro, Disk for iPhone, Dropbox, Evernote, Firefox, Flip4Mac, Freedom, Google Notifier, iWork, Office for Mac, OnyX, Skim, Virtual Box, VLC, WinKforOSX, WMV Player, Xbench, Xmarks for Safari, XMind, コトノコ, Growl, MacFuse, MultiClutch, Synergy などです。

モバイル遍歴:スマートフォン編5

iPhoneを諦めてから1年。ついにその日はやってきました。

3GSの発表です。705NKもようやく割賦が残り3ヶ月。納得して手放せる状態になりました。今回は予約も受け付けるということです。私が行った販売店では私は5人目だったようですが,当日受け取れるということでした。

で,発売当日,購入しました。

情報はいろいろと仕入れてましたし、iPod Touchでマルチタッチは経験済みでしたので、特別な感慨などないかなと思っていましたが、結構感動しました。やっぱりね、携帯とiPodとウェブブラウジングがひとつのマシンで済ませられるというのは、なんかいいです。

このころの荷物を見てみると,705NK,LOOX-PかMacBook Air,iPod Touch,EMonsterと,なんだかゴチャっとした感じで,少し整理したい気分だったのは確かです。実のところモバイルマシンもLOOX-Pにするか,Macbook Airにするか,一時期真剣に悩みました。後述する(と思う)理由によりMacBook Airをメインで使い始めました。

今はMacBook Air(かMacBook Pro)とiPhone3GSのみです。ちょっとした外出時はもちろんiPhoneのみです。EMonsterは出張等で長時間のテザリングが予想される場合以外は持ち出していません。

私のここ数年のモバイル遍歴を,自分用のメモを兼ねて駆け足でたどりましたが,文系人間(もーええて)のわりにはなんかいろいろやってたな,と思います。

iPhone3GSの満足度は非常に高いです。3GSとMacBook Air + Proというモバイル環境,数年は維持されるのでは,と私的には思っています。

長年(?)の試行錯誤の上の結果ですもの。

あとはですね。テザリングだけです。iPhoneハックの報告はちらほら見かけますが,こういうことはさすがに正式にサポートされない限りは手を出せません。

ただ,3GSの効用か,外出先でテザリングしてPCでブラウジングする必要性をほとんど感じなくなってしまいました。

常にPCでネット接続し,様々に情報を参照しながらバリバリ仕事をするぞ,という気負いを以前は持っていましたが,3GS+Air(or Pro)の組み合わせ以降,外出先では3GSで調べられる情報のみを参照する程度で,基本的には自分の頭脳を最大限活用する,という姿勢の変化が自分の中に見られた気がします。マシンパワーは必要,という考えは同じですけどね。

モバイル遍歴:スマートフォン編4

iPhoneを買い損なった私は,非常に悶々としていました。

データ通信の手段としてはLOOX-Pとb-mobileの組み合わせがありましたが,iPhoneのようなスマートフォン的ガジェットで定額でブラウジングができる,というのは,モバイラーとしてはそばに置いておきたい環境です。でも,その可能性を自ら断ち切ってしまいました。

ただ,iPhoneには欠点があります。テザリングが不可です。

俺は何をしたいのか。少し考えました。本体でブラウジング,かつ定額でテザリングができるスマートフォン。あるじゃないですか。EMonsterが。

お盆休みに奈良の実家に帰省したときにヤマダ電機でほとんど衝動買いしました。

WindowsMobileはZERO3で経験済みでした。EMonsterはZERO3よりは手になじみましたが,結局はテザリング機能以外は今は使っていません。その機能も,後に詳述しますがiPhone 3GSを手にしてからはほとんど使用せず,現在は塩漬けです。海外出張時,SIM入れ替えで使えるという報告がありますので,念のために置いてます。まだ試したことはありませんが。

結局私はWindowsMobileを使いこなせなかった,わけですね。

モバイル遍歴:スマートフォン編3

早々にデジカメ付きケータイと化していた705NKですが,これにはかなり愛着がありました。

愛着はありましたが,デジカメとケータイの機能以外は使わななかったので,Willcomのようにデータ通信ができません。というかできましたが,本体でのブラウジングにもテザリングにもデータ定額が適用されなかったので使いたくても使えなかった,と記憶してます。どうしよう,と考えたとき,(E-Mobileではなく)b-mobileという会社があることを知りました。使用時間150時間か600日経過かどちらかが先にくるまで使えるCFの通信カードがあるというじゃないですか。あくまでデータ通信はおまけ,という考えでしたし,当時LOOX-Pを使用中で,これにはPCカードスロットがあったのでアダプタをつければ使えるやん,ということで即購入。しばらく重宝しました。

705NKとb-mobile (w/ LOOX-P)。結構よかったです。2008年にEMonsterを買うまではこの組み合わせでした。

モバイルとマック

しかしあれです。まだマックです。

10年以上前からMac使ってましたが,別にApple信者というわけではなかったんです。たしかに初めてのパソコンはPowerMac 7600/200 ではありました(それまではワープロ。あとBASICを勉強しようと思って挫折しゲーム専用機となった「ポケコン」PC1350)。でもしょっちゅうフリーズするOSに,寛容に対峙しつつもWindowsと併用し始め,その後メインはWindowsに。iBook G3をサブで使いつつもメインマシンにする気持ちにはなりませんでした。確かにJaguarからPantherに上げたときには,OSXの感触は良くなった印象はありました。それでも2005年にThinkPad X40をモバイルのメインで使い始めてからは,しばらくマックは関心の外でした。このころからモバイル熱が出始めて様々なモバイルWin機を渡り歩きました。そうこうしていると2008年にAir登場です。Leopardがいい,というのは聞いてました。Vistaへの移行に不満があったクチでしたので,Macの軽量ノートを待ちかねていたこともあって,ひとつ試しにと,4月ごろに値が落ち着いたのを見計らって購入。

やられました。

13インチディスプレイとフルサイズのキーボードがモバイルできる。結構気軽に。完全にはまりました。私的に。

重量,キーボード/ディスプレイの大きさ,処理性能,堅牢さ,拡張性。モバイルはこのバランスのどれに重点を置くかで決まるわけです。Libretto50にはじまって,EpsonDirect NT2600(モバイルじゃないし),モバギ+モバギスピンオフ多数,X40,X61タブレット,LOOX-UとかP(Pは間を置いて2回試しました),eeePC901,Dynabook SS,VAIO TypeZ,ポメラ(?)にいたるまでいろいろモバイル機は試しました。みなそれぞれにいいんです。

でもね,なんか言い訳して無理に自分を納得させてたんです。ずっと。手が小さい方だからB5サイズキーボードでも大丈夫,とか,軽量だからキーボードとかディスプレイのたわみが大きくても仕方がない,とか,小さいから処理性能はある程度ショボくてもしゃあない,とか。

MacBook Airはモバイルへのそういうわだかまりを払拭させてくれたわけです。「薄い」ことが強調されていたので強度に対する不安がありましたが,アルミの削り出しの強さはハンパないです。ディスプレイもキーボードも「たわみ」とは無縁です。他製品と比較して拡張性も加味すると1.3キロに問題ありという意見もあるようですが,この筐体の強度と13.3インチで1.3キロはむしろ軽い,とハッキリと言えます。バッテリはね,たしかに少し物足りないです。でも3,4時間不安なく使えます。丸一日本気で使うときはアダプタ持っていきますが,1ヶ月に1度あるかないかです。

筐体の美しさとか所有欲を満たすとかそういう言い方もあるかもしれませんが,実質的に使えるモバイル機なんです。MacBook Airは。見た目のインパクトが強すぎるので,審美的なレビューが多いのも仕方ないと思うのですが,1年半使ってみて思い起こすのは デザインと機能に関するジョブズの哲学です。大切なのは機能なんですよ。

たしかに出先でも何時間もプラグインしないで稼働させる必要があるようなビジネスシーンには向かないでしょうね。それと,アルミでたわまない=可塑的ということになるので,落とすとまずい,というのはあるわけです。(私の場合はずっとモバイル人生してますが,落としたことって一度もないです。この先落とさないともかぎりませんが。)だから落とすことを心配するひとには向かないでしょう。その意味では使う人を選ぶ機種なのかもしれません。私は別に「選ばれた」とは思ってませんが。ていうか選ばれてるのか。いずれにせよ強調したいのは「このOSにしてこの筐体の強度と質感と13.3インチで1.3キロ+実質4時間駆動」という点。

・・・うーん,

ブログタイトル,ザッキーのAppleブログにしたほうがいいかな。