2009年総括+アップルのタブレットに望むもの

2009年、大晦日です。

2009年、私のブログ&ツイッター元年。そして、アップル信者宣言。

偶然にも、私の人生の転機とかさなることとなりました。これも、ブログやツイッターを通じて出会った方々のチカラによるものかもしれないと思います。2010年もがんばりますっ。

ところで出るのかどうかで話題騒然のアップルのタブレットですが、タブレット機については、MacBook Airに出会う前、ThinkPad X61、LOOX-P、LOOX-Uといくつか試しました。電磁誘導式にしろ感圧式にしろ、ディスプレイをスタイラスなり指なりでタッチできる、というのは確かに便利ではありますが、これが「自然な」ヒューマンインターフェースなのか、と問うときに、疑問符がつきました。

アップルがタブレットをもし出すならばですよ、このあたりの問題を完全にクリアしておいていただきたい。

われわれにはすでにiPhoneがあります。究極の”なめらかな”操作性を、このすばらしいモバイルデバイスはすでに実現しています。タブレットが出るならば、少なくともiPhoneと同等かそれ以上の操作性を備えていることを期待するのは、ユーザーとしては当然のことでしょう。そしてそのような操作性を備えたiPhoneより大きいマシンが登場するなら、これによって何ができるのか、という、誰が見ても納得する提案がされることでしょう。こうした要望に沿わないタブレットなら、要らない。

信者宣言したばっかりの私が偉そうに言っていますが、信者だからこそアップルに対する要求も厳しくなるのかな、と思います。

というわけで今年最後のエントリは、アップルに対する要望を以て締めます。

でも、先日相互リンクいただいたApple-Styleさんがイメージされてるマシンのようなものが実際に出てきたら、即ポチかもしれません。やっぱりフェチかも(笑)

広告

気になるVAIO X,と・・・

今日VAIO Xが正式発表されました。厚さ13.9ミリ、重さ655グラム(最軽量構成時)ということで,元モバイラーとしては少し気になります。

再三書いていますが,私的にはMacBook Airのフルサイズディスプレイ+キーボード仕様が最適です。その意味では,たとえ軽くても11インチのディスプレイ+キーボードには若干の不便さを感じてしまうでしょう。VAIO Pも一時期すごく気になってましたが,LOOX Uでディスプレイの小ささに懲りていたので,結局スルーでした。ただこういう極端なモバイル機に比べると,VAIO Xは例えばLet’s Note Rシリーズよりは面積が大きい上に軽いし,20時間駆動の超大容量バッテリをつけても1キロを少し超える程度です。もし今Windows環境を中心に生活していれば十分アリの選択肢だったことでしょう。

前にも書きましたが,1キロを切ることに拘っていた私の人格は,MacBook Pro 15″の導入によりどこかに吹っ飛びました。1.3キロのAirが今の私には超軽量モバイルと化しています。バッテリーも,私の仕事柄幸いにも最大4時間程度持ってくれれば全く問題ない生活をしています。なのですばらしいVAIO Xも今の私には無用の長物となってしまいます。

実はVAIOよりKindleのほうが気になってたりして。

モバイルとマック

しかしあれです。まだマックです。

10年以上前からMac使ってましたが,別にApple信者というわけではなかったんです。たしかに初めてのパソコンはPowerMac 7600/200 ではありました(それまではワープロ。あとBASICを勉強しようと思って挫折しゲーム専用機となった「ポケコン」PC1350)。でもしょっちゅうフリーズするOSに,寛容に対峙しつつもWindowsと併用し始め,その後メインはWindowsに。iBook G3をサブで使いつつもメインマシンにする気持ちにはなりませんでした。確かにJaguarからPantherに上げたときには,OSXの感触は良くなった印象はありました。それでも2005年にThinkPad X40をモバイルのメインで使い始めてからは,しばらくマックは関心の外でした。このころからモバイル熱が出始めて様々なモバイルWin機を渡り歩きました。そうこうしていると2008年にAir登場です。Leopardがいい,というのは聞いてました。Vistaへの移行に不満があったクチでしたので,Macの軽量ノートを待ちかねていたこともあって,ひとつ試しにと,4月ごろに値が落ち着いたのを見計らって購入。

やられました。

13インチディスプレイとフルサイズのキーボードがモバイルできる。結構気軽に。完全にはまりました。私的に。

重量,キーボード/ディスプレイの大きさ,処理性能,堅牢さ,拡張性。モバイルはこのバランスのどれに重点を置くかで決まるわけです。Libretto50にはじまって,EpsonDirect NT2600(モバイルじゃないし),モバギ+モバギスピンオフ多数,X40,X61タブレット,LOOX-UとかP(Pは間を置いて2回試しました),eeePC901,Dynabook SS,VAIO TypeZ,ポメラ(?)にいたるまでいろいろモバイル機は試しました。みなそれぞれにいいんです。

でもね,なんか言い訳して無理に自分を納得させてたんです。ずっと。手が小さい方だからB5サイズキーボードでも大丈夫,とか,軽量だからキーボードとかディスプレイのたわみが大きくても仕方がない,とか,小さいから処理性能はある程度ショボくてもしゃあない,とか。

MacBook Airはモバイルへのそういうわだかまりを払拭させてくれたわけです。「薄い」ことが強調されていたので強度に対する不安がありましたが,アルミの削り出しの強さはハンパないです。ディスプレイもキーボードも「たわみ」とは無縁です。他製品と比較して拡張性も加味すると1.3キロに問題ありという意見もあるようですが,この筐体の強度と13.3インチで1.3キロはむしろ軽い,とハッキリと言えます。バッテリはね,たしかに少し物足りないです。でも3,4時間不安なく使えます。丸一日本気で使うときはアダプタ持っていきますが,1ヶ月に1度あるかないかです。

筐体の美しさとか所有欲を満たすとかそういう言い方もあるかもしれませんが,実質的に使えるモバイル機なんです。MacBook Airは。見た目のインパクトが強すぎるので,審美的なレビューが多いのも仕方ないと思うのですが,1年半使ってみて思い起こすのは デザインと機能に関するジョブズの哲学です。大切なのは機能なんですよ。

たしかに出先でも何時間もプラグインしないで稼働させる必要があるようなビジネスシーンには向かないでしょうね。それと,アルミでたわまない=可塑的ということになるので,落とすとまずい,というのはあるわけです。(私の場合はずっとモバイル人生してますが,落としたことって一度もないです。この先落とさないともかぎりませんが。)だから落とすことを心配するひとには向かないでしょう。その意味では使う人を選ぶ機種なのかもしれません。私は別に「選ばれた」とは思ってませんが。ていうか選ばれてるのか。いずれにせよ強調したいのは「このOSにしてこの筐体の強度と質感と13.3インチで1.3キロ+実質4時間駆動」という点。

・・・うーん,

ブログタイトル,ザッキーのAppleブログにしたほうがいいかな。