iPadのポテンシャル

このところiPadについてあまり書いていなかったのですが、iPadを使っていなかった訳ではありません。それどころか、これまで当たり前だったことがiPadによって当たり前でなくなってしまって、大きく環境が変化する可能性が出てまいりました。

iPad以前の環境は、MacBook Air=モバイル、MacBook Pro 15″=オフィス(メイン)、Loox P70=オフィス(サブ)、VAIO Type P=自宅(サブ)といったところです。

GW昼下がりの音楽とiPad

可能性その①。

以前も書いたのですが、iPadがあればこれまでMacBook Airでやっていたことのうちのかなりのことができてしまいます。日常持ち歩くモバイル機としてiPadとMacBook Airのどちらが私的に適しているのか。現状、毎日鞄に入れて持ち歩いているのはiPadです。軽いしバッテリも持つし、手軽なので。もしこの状態が続くのであれば、MacBook Airを(妻が手ぐすねを引いて待っていた)家で家族が共用するマシンとして位置づける可能性があります。

可能性その②。

iPadがモバイル、Airが家族共用、ということになると、出先で本気モードで作業するマシンが必要になる。

可能性その③。

現状で一番問題なのは、自宅でのメインマシンがないこと。時折Pro 15″を持ち帰り作業をするのですが、この機会に自宅でのメインマシンを導入?

ということで、明らかにiPadをきっかけとした(かつ私の物欲に忠実に沿った)3段論法に従いまして、なんとMacBook Pro 17″を先日アップルは心斎橋ストアにて購入してしまいました(私的な17インチレビューは後日いたします)。そして、②の出先で使えるマシンとして、15インチProを13インチProに化けさせることに決め、現在このプロセスが進行中。

そう。iPadのポテンシャルとは、まさに私自身のIT環境を大きく変化させるポテンシャルのことです。これだけ大規模に、私の情報エコシステムの再編を実現させたものはかつてなかった。しばらく(最低1年は)お小遣いなしだ、どうしてくれるiPad(笑)。

Macと「セレブ」な記憶

今日は神妙な気持ちのzackyです。

ブログをはじめて丸5ヶ月。WordPressに引越してから2ヶ月半。Apple信者宣言してから1ヶ月半。ブログを始めた当初は備忘録の域を超えることを想定していなかった拙ブログですが、WordPressに越してからのPV数が20,000を超えました。

まずは、私のブログの師匠Marrさん、そして当ブログのアップル関連記事をたびたび取り上げていただいておりますApple-Style 所長にお礼と最大限の敬意を示したいと思います。同時に、拙ブログをご覧いただいている皆さまに感謝。WordPressに引越してから、多くの方々にアイデアを共有していただいたということについて、やはり尋常ならぬ思いを私なりに抱いております。

(ここからはいつにもまして個人的な体験記ネタですので、お時間のある方のみお付き合いいただければ幸いです)

あらゆる状況を勘案し、今このような想像だにしなかった事態に至っていることの直接的な理由を考えるならば、私が1997年にPower Macintosh 7600/200を購入したことがそうであるのかな、と思います。Macを買った理由は、当時親しかった職場の同僚(先輩)に勧められたから。私にとってはじめてのパソコンでした。それまではワープロを使っていました。29歳でしたから、パソコンを手にした年齢としては遅い方でしょう。

私のアップルとの関係は、この時点で決していました。当時は知る由もありません。

実は、7600/200は4年ほど使い、知人に譲りました。

その後メインはWindowsになりました。でも、一度Macを使った人間にとって、Macは非常に重要な存在になる。私の最初のパソコンがMacでなければ、今の私はなかったかもしれない。あるいは、これだけ魅力的なマシンとなったMacとの出会いは、過去の経験がなくとも果たせていたかもしれませんが、過去にMacを使った記憶は、今の私にはとても重要なものであることは確かです。

7600/200はよくフリーズしました。使っていたワープロはNisus Writer(懐かしい!)。パソコン初心者の私はWindowsを使う同僚とのファイル互換に悩みました。思えば、ジョブズがアップルに復帰する前のMacです。ジョブズに言わせれば「ちっともそそらない」マシンが私の最初のMac経験だったわけです。

3年ほどで7600/200を手放しましたが、その後中古でColor Classic IIを手に入れたんですよね。実質的にはあまり使いませんでしたが、やはり何らかの形でMacは所有しておきたかったのかもしれない。

2001年にiBook G3を購入。2007年までだましだまし使っていました。でもディスプレイのバックライトがダメになって、自力で交換を試みるもアウト。1年ほどMacの空白期間ができました。

その間、次のMacについていろいろと考えました。身近なMacな人達はみなPowerBookかMacBook/MacBook Proを持っていました。個人的にはモバイラーの道を歩んでいたので、当時すでに12インチモデルが廃止され、13インチ以上+2キロ以上の選択肢しかなかったMacに、正直なところ食指が向かないというのはありました。だからPowerBookの12インチを中古で買うことをかなり真剣に考えていたのですが、ここで逡巡。

そんな私でしたから、2008年1月のMacBook Airの発表には非常に興奮しました。MacWorldの逐次レポートをギズモードで追い、満を持してMacBook Air登場、ジョブズのプレゼンが終わりアップルストアで注文が可能になるやいなや、私の指は知らぬ間に注文ボタンを「ポチ」。ポチッたのはSSDモデル。1時間ほどして、30万円超のマシン>>>>>日々の生活という現実ににわかに焦りをおぼえ、あわててキャンセルしてしまいました。それからは日々悶々としておりましたが、4月になって現実との折り合いがつくようになってから、無難にHDDモデルをついに購入し、晴れてAppleかえりを果たしたわけです。

そして現在は、MacBook Air、MacBook Pro 15″、iPhone 3GSが私の日常のすべてです。

残念なことに、私の7600/200の写真はひとつも残っていないんですよね。でも、あのときのオフィスの記憶、仕事の記憶、生活の記憶が、マシンの佇まいとともに不思議と思い出されてくる。それもすごくポジティブに。

iBook G3のことを思い出すときも、気持ちよい太陽の光とキラキラと川面に反射する光りを同時に浴びながら、当時住んでいた川沿いのマンションの一室で仕事をしていたときの部屋の様子や外の風景が目に浮かびます。別に高級な部屋とかそういうわけではなかったですが、いい部屋だったなあ、と今でも懐かしくなります。やっぱり当時も締切に悩まされていましたが、左を向いた窓の外にゆったりと流れる川を眺めながら、時折瞬間的に見えるアクアなデスクトップに心を落ち着けてもらっていたなー、などと思ったり。未だにアクアなデスクトップピクチャを使い続けてる理由は、たぶんこのときの記憶のせいかな、と今気づいたり。

Macって、別に経済的な意味でセレブな生活をしていなくても、記憶の質感を上質なものにする、不思議なものなのかもしれません。

記憶セレブ。あはは。

十数年後、あるいは何十年後かに、MacBook AirやMacBook Proのことを、どんな記憶とともに思いん出すんだろう。

きっと、今の生活の幸せな場面と密接に結びついた、楽しく美しい、良い記憶とともに思い出すにちがいありません。

HyperMac & MiFi到着←すごいぞ日本郵便!

新年から風邪をひいて家でじっとしているzackyです。

幸先よくないなあー、と思っていたところ玄関のベルが。え、もしや?

なんと元旦早々の朝の9時過ぎに、先頃注文しておりましたHyperMacMiFiが到着しました! すごいぞニッポン郵便! サービスの低下とかいろいろ言われてるけど、お正月元旦からいい仕事してるぢゃないですか。風邪でいやーな気分を相殺してくれました。そんなわけで、早速開封。まずはHyperMacから。

本体を一回り大きくした程度の小さな外箱と付属品。MBP-100以上のHyperMacには「DC Car Charger」がおまけでつきます。単品だと135ドルということです。

本体。暗いな。写真のクオリティを高めていくのが拙ブログの課題です。MacBook Pro 15インチとほぼ同じ厚さ。MBPという製品名からして、基準にしてるのでしょうか。

次にNovatel MiFi 2352。パッケージは黒と共用。本体は白。フィルム貼ったままです。

付属品。左が標準。各国対応のアウトレットアダプタがつきます。給電はUSBからも可能。右は追加で注文したスペアバッテリと充電器。「くるくるコード」はおまけ。

さて、使用レポートはまた後日ですが、まずは使用前の印象。

HyperMacは思ったより軽いし小さい。これならMBP-150でもよかったかな? まあでも実際に持ち運ぶ時には軽さがものを言うのは明らかなので、これぐらいでちょうどでしょう。MiFiについては、アクセスポイントの設定のみ行いました。あっさりつながりました。あとはsimを何にするか。正月三が日かけて検討してみます。はやく風邪なおれー。

MacBook Air「のための」ブリーフケース

現在、MacBook Airは基本的にケースに入れず、そのままブリーフケースに突っ込んでいます。

一時期ケースを探したこともあったのですが、ケースに入れるとMacBook Airの最大の魅力であるせっかくの薄さが生かせない気がして、じかにかばんに入れるようになりました。最近ではiPhone 3GSも裸族ですし。

自転車に乗るときはBelkinのワンショルダースリングバッグ、徒歩や車、その他の交通手段の場合はブリーフケースを使っています。このスタイルでもう1年ぐらいになりますが、Airにはほとんど傷も汚れもありません。確かに、多少扱いには注意していますが、それほど丁寧という感覚もなく、わりと普通に扱ってます。たまに少し高めのところから「ドスッ」とかばんの底に打ち付けてしまって「やばっ」と思ったりもしますが、SSD 換装の恩恵か、今のところ異常は見当たりません。

薄めのブリーフケースにAir と Kindle は必ず入っていて、書類、本3、4 冊(厚めだと2冊程度)でいっぱいになります。荷物が増えるときは、これにトートバッグなどを別に持っていきます。

・・・というか、このブリーフケース自体がMacBook Airのケース、っていうことになるのかな? 考えてみれば、いかにAirを傷めずかつ使いやすい状態で持ち運ぶか、ということのみに絞って買ったものでしたから。

ちなみに15インチMacBook Proもピッタリ入ります。

<本日の1曲:ムラーロ/メシアン『8つの前奏曲』> とくに意味はありません。よっぽど調子のいい時か、疲れきって打ちひしがれているときにしか理解できないのが私にとっての現代音楽ですが、今日は多少琴線に響いた感じでした。たぶん調子はいいほうなのでしょう。まあ、メシアンは現代の作曲家のなかでも私的には受け入れやすいほうですけれども。

今回の比率=Air 5 : Pro 3 : P 2

ずっとひきずっていた仕事がよーやく終わった。

まだ校正とかありますが、ひとまずは終了。

それにしても、やっぱり一番働いてくれたのは、MacBook Airでした。

散々悩んで導入したType Pは、空いた時間のメモ、小トピックごとのアイデアをまとめる、といった作業に向いています。でも今日は出先でもガッツリ書くぜ、というときは、Type Pでは無理です。もちろんわかっていたことですけどね。再確認しました。

結局、今回の仕事(=20,000字程度)は、2週間ほど(うち二日はType Pのセットアップ)かかりましたが、Type Pが2割、Airが5割、Proが3割、といった役割分担で終えました。なんや、結局MacBook Airやん。

何度も言いますが、MacBook Airがベストバランスなんです。私には。

ただ、これからもサブでWin機は必ず使いますが、拡張ディスプレイなどで環境を整えれば、Type Pのような小型機が1台あれば十分事足りるなぁ、と改めて思いました。近いうちにType P以外のWin機は処分することになるかも。LOOX Pを使っていたときは、LOOX PかAirか、みたいな二者択一を自分に迫っていました。私的には、共存させることは難しかったんでしょうね。Type PとAirだから、共存させられる。バランスの問題なのでしょう。現在の組み合わせが私のPC環境史上、最強かもしれません。

さあ、木曜の出張の準備だー・・・。

あ、完全にTimes Literary Supplement リーダーと化しているKindle、早くアップデートの恩恵を味わわねば。でも今日は寝るッス。

MacBook Airの癒し効果

久々にちゃんとしたMacがらみのエントリ。朝暗がりのなかのMacBook Air。

前回のエントリでも書きましたが,今,締め切りに追われて,ひどい精神状態です。忙しい日には,Type Pを常に持ち歩き,少しでも時間があればキーをたたく,という生活です。家に帰ればMacBook Proをデュアルモニタにして,その日書いた分をまとめてまた考えて,という繰り返しです。

今日は少し余裕があります。もう10日ぶりぐらいかな,ひさびさにまともにMacBook Airで仕事をすることができています。

で,思うのは,MacBook Airって癒しの効果があるかも,ということです。考えがうまくまとまったり,うまくいかなかったり,の繰り返しの連続で,なんか気持ちがささくれ立ってるときに,このさらさらとすべすべのちょうど間のような感触と,少し違う次元に私を連れて行ってくれるような,あまりに完成されたフォルムが,私の気持ちを落ち着けてくれます。

壁紙も,長年愛用しているアクア系のものに戻し,視覚からも潤いを吸収しています。

これがMacBook Proだと,やっぱり少し違うんですよね。「お前しっかり仕事しろよ」と言われてるみたいな気が少しして,「あ,はい。」みたいな。

Airは,なんというか,完全に体の一部のように感じられる,というのかな。そんな感じです。他には代えがたい存在。

久々にAirへの愛を感じる朝です。

ところで,前回のMacBreak Weeklyで知ったのですが,たまたま最近エントリに書いたDavid PogueLeo Laporteが2010年2月開催のMacworld Expoに二人ともキープレゼンターとして登場するようです。Appleは今年から不参加を表明していますが,行ってみたいーっ,と思わせてくれる布陣をひいてます。1月下旬に北米出張予定してるんですが,少し長めに滞在して参加するのは・・・無理だろうな。でも生デイヴィッド・ポーグ,生レオ・ラポート,観てみたいなぁ。

MacBook Proにリストラグ

画像初登場のMacBook Pro(右)です。

これまでは実用性優先で傷が入ろうがなんだろうが見た目をあまり気にせずガシガシ端末をもて遊ぶタイプでしたが,長く使いたい,という本気の気持ちのあらわれなのかもしれませんが,リスト ラグを貼りました。特に左手は腕時計をいちいち外したりしてましたが,これをつけてからはあまり気にせず即座に作業に取りかかれて便利です。Airにも貼ろうかしら。

f:id:kzkiszk:20091013164818j:image

和室にも合うMacです。

パワーサポート リストラグセット for MacBook Pro15inch PWR-55

パワーサポート リストラグセット for MacBook Pro15inch PWR-55