Kindleひさびさに登場、で Kindle for iPhone 試しました

Kindleを購入してから早2ヶ月が経とうとしています。久々に登場 my Kindleです。

実は、恥ずかしながら、あまりKindleでの読書ができておりません。というのもKindleを購入してからというもの、本物の本を読まないといけない機会があまりに多く、なかなかKindleを使いこなすところまで気が回りませんでした。これからはちょくちょく使える余裕ができそうな予感(?)。

ところで、つい最近 Kindle for iPhone が日本でもダウンロードできるようになったということで、さきほどダウンロードして、早速見てみました。

起動時の絵は、Kindleの電源を最初に入れた時の絵と同じだった気がします。

Amazon.comのIDとパスワードを入れると “Archived Items” として、購入した書籍がリストされ、読みたいものをタップすると、”Home” にダウンロードされ、読むための準備ができる、という手順です。テキスト自体は他の eReader 系アプリと印象はあまり変わらない感じです。機能が絞られている分、私には扱い易い感じです。

文字の大きさは5段階から選べ、デフォルトではちょうど真ん中の大きさです。画面対文字数の比率では、2番目に小さい大きさあたりが、バランスがいいかな。3番目だと、ちと文字数が少なすぎて、フリップする手間がかなり多くなります。その意味では2番目でも文字数が少ない感じですが、これ以上文字を小さくすると読みにくくなる。最小文字では私の目には結構きついです。一番大きくすると、もはや読書という感じではなくなってしまいます。

Kindle に慣れてしまうと、iPhoneの小さな画面で一度に表示できる文字情報の量に、かなり不満を感じてしまうことに気がつきました。iPhone で新聞などのウェブサイトをスキムするときは、情報量と画面のアンバランスさって気にならない(小さな字を、ある程度は仕方ない、と思って読める?)のですが、本の場合、これから何百ページかを、そこに示されている状態で、ずーっと読まないといけないわけで、最初のページで落ち着かなさを感じてしまうと、読書がはかどらないのではないか、という気がします。

加えて、Kindle for iPhone では、新聞や雑誌が読めません。これが痛い。

新聞や雑誌など、ある程度ページ数が限られている、という条件であれば読んでもいいかな、と思えるインターフェースなのに、むしろそっちができない。非常に残念です。

iPhone をeReaderにする、という発想自体はもちろん私も支持するのですが、「読書」をするためのインターフェースとしてのバランスの問題や、一定の時間が経過すると画面が暗くなるのがイヤなら省電力設定を変える必要があるという問題、それとも関連しますが、他の作業をしながら何十分か場合によっては何時間かを読書のために使う、という場合のバッテリーの持ちの問題、など、iPhone で「読書」をする場合、私にとってはかなりいろんな問題が見えてきました。

Kindleというデバイス自体は非常に軽いので、MacBook Airと同じ鞄に入れて、毎日持ち歩いています。今のところ、あまり活用出来ていないにも関わらず、ほとんど毎日一緒に行動だけは共にしています。奇妙ではありますが、Kindleって、いつもそばに置いていたくなるデバイスのような気がします。Kindleは全体的にマットな感じで、落ち着きがあります(Nookは写真でしか見ていないので実際のところは不明ですがツルピカの感じ)。ディスプレイは白黒ですが、逆にその白黒がいい。電子インクの視認性が、目に優しい感じで極めていいんです。多少文字を大きくしても、ディスプレイが大きい(特別大きいわけではありませんが必要十分という感じ)おかげで、ある程度の情報量はいちどきに確保できる。

軽い読書程度ならKindle for iPhone も確かに使える、と思います。でも、ガッツリ読書、ということならば、Kindle、(まだおすすめできるほど使いこなせてませんが)非常におすすめですよ。

<本日の一曲:Ensemble Organum「Laeta Devote」> Ensemble Organum、仕事終りで徒歩で帰宅途中、自然と手が行ってしまう。なんなんでしょう、雑事に煩わされた心を清めたいのでしょうか(笑)

キンドルと “ヌック” の比較 by David Pogue & Gizmode

相変わらず Times Literary Supplement リーダーになっている(でもそれだけでも、結構役立ってますが)Kindleです。毎日持ち歩いてはいます。

Kindle(国際版)発表後、ソニーが電子ブックに再挑戦だとかBarnes & NobleがNookを出すとか、電子ブック界隈がにぎやかですね。カナダの高校ではソニーのeBookをテキスト(を読むデバイス)として採用したとか。

ところで当ブログで何度か言及したNew York TimesのDavid PogueがNook評を行ってます

酷評してます(笑)。

カラーのタッチパネルについてはポーグも言及していて、私も最初にNookのニュースが出た時は「おおっ」と思いましたが、よくよく見ればKindleで言えば下部のキーボードに当たる部分のみ、とのことで、実際かなりまぎらわしい”ふれこみ”が多いようです。他にもタッチパネルのレスポンスがよくない、「100万冊」以上が利用できるとしているがこれは実質的にはKindleでは勘定にすら入れていない著作権切れ、タイポ満載の書籍も含めてのことである、バッテリは着脱可能などメリットもあるけどKindleの3分の1程度の時間しか持たない、など、ポーグらしいおちゃらけて皮肉たっぷりなトーンでバッサリと、ひとつひとつ切り捨てていってます。

かたや、GizmodeはNookを結構高く評価しています。が、”It[Nook] can’t kill Kindle.” って最初に但し書きはつけてるんですよね。私がNookの写真を見てまず思ったのは、かなり厚みがあるな、ということ(画像はGizomode)。まあ、この厚みの差の割には30グラム重いだけ、ということですのでがんばってるのかもしれません。でもずっと片手で持つデバイスであることを考えると30グラムの差は大きいと言えるかもしれませんが。ほか、SDHCカードスロットなど拡張性についてもがんばってはいるみたいです。バーンズ&ノーブルはホリデーシーズンに合わせてかなり攻勢をかけているようですが、売れるのでしょうか。

デヴィッド・ポーグっていう人は、オリジナリティがないのに売れてしまいそうな(あるいは売れてしまっている)製品についてはめちゃくちゃ厳しい批評をする人ですね。なんか、気持ちいいです。

And you too, Barnes & Noble? Kindle? Nah, ”Nook”!

Kindleにうつつをぬかしているうちに,Barnes & Nobleが次の一手に打って出ようとしているのを見逃すところでした。

日本ではやっとKindle 2 というeリーダーがお目見えしたばかりですが,eリーダー先進国アメリカでは早くも次の展開がめまぐるしい。Amazonは早くも北米でのKindle 3のリリース情報を出していますし,書籍セールス2番手につけているBarnes & Nobleまでもが “Nook” という,見た目かなりKindleライクなeリーダーを11月末から売り出す,としています。

f:id:kzkiszk:20091102163130j:image

(画像はGizmodeの記事から頂いています)

“Nook”の売りはなんと言ってもタッチパネル装備。Kindle 3も同じくタッチパネルがついてきそうです。調べたい単語があったときに直ちに任意の場所を選択できるなど,タッチだとかなり便利そう。

(追記:TechCrunchによるとメインディスプレイはタッチパネルではないようです。Kindleで言えばキーボードがある下部にカラーのタッチディスプレイが入るようです。うーん,これでは消費電力が上がるだろうし,カラー化によるメリット自体には現時点では特に魅力を感じないので,私的には微妙な仕様です。[Nov. 3rd])

TechCrunchによる,Kindle版書籍のAmazonの書籍売り上げに対する割合が35パーセントを占めている,という記事は記憶に新しいです(その後この数字には修正が加えられているようですが,おおまかなところでは主旨は維持されているようです)が,Barnes & Nobleも,売り上げが昨年度は落ちていていることもあり,電子ブックジャンルに対する対策を打たざるをえなくなった,ということでしょう。

都会にいれば,優雅に本に囲まれながら1日中でも過ごしたいと思わせてくれるBarnes & Nobleのような書店の存在は非常にありがたい。地方にいると,即時に情報が手元に落ちてくる電子的デバイスの存在が情報のギャップを埋めてくれる点で,非常にありがたい。でも欲を言うと,地方にいてもBarnes & Nobleみたいな本屋で本に埋もれてみたいんですけど,ね。そういう意味で言うと,Nookもある程度しっかり売れてもらって,経営基盤を固めてもらって,地方展開もしてグローバル展開もして,日本にも浸透するような営業モデルを提示して・・・(以下夢想は続く)